フリートーク掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ内には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
居住地    イメージ  [イメージ参照]
コメント

   削除キー (英数字で8文字以内)
クッキーを記憶

[1811] 膠文化研究会 予定 「なぜ膠なのか」 投稿者:Bamboo [関東] 投稿日:2015/11/19(Thu) 00:32
膠文化研究会 Nikawa Labs
http://nikawalabs.main.jp/index/?page_id=651

上記サイトより以下を引用します。

「なぜ膠なのか」
明治期の近代化や戦後美術の洗礼を受けながらも日本画の絵画材料、文化財の修理材料として使われ続けた膠。今後も膠は継承されてゆくのでしょうか。日本画材料を扱う画材店を営みながら材料研究に取り組む上田邦介氏、膠製造の危機に文化財研究者として行動を起こした山内章氏、美術史の視点から東京藝術大学大学美術館の古田亮氏にお話いただきます。

日程 2015年12月5日(土)
会場 東京藝術大学美術学部中央棟第1講義室
東京都台東区上野公園12−8
定員 100名(先着)

主 催:膠文化研究会
後 援:文化財保存修復学会、国宝修理装潢師連盟

<プログラム>
1.「膠&煮皮」
上田 邦介 絵具屋三吉・ウエマツ社長

2.「研究会『膠って何?』から9年過ぎて」
山内 章 天野山文化遺産研究所代表理事

3.「近代日本画における表現と膠」
古田 亮 東京藝術大学大学美術館准教授


[1806] 無題 投稿者:まつかわ [東北] 投稿日:2015/05/10(Sun) 11:55
Bambook 様

いつも情報ありがとうございます。

文化財保存修復学会第37回大会の参加はスケジュール上難しいところなので、出席できないかと思います。

膠文化研究会は参加できれば行きたいと思います。
前回は皮革産業の話など今までに触れたことのない内容が多くて勉強になりました。
今回は基礎的な内容になりそうですね。しかしまだまだ知らないこともたくさんあるので、参考にしたいところです。
参加する場合も、今回は懇親会は申し込まないでおこうかと思います。

ところで、前から試してみたいと思っていた、鹿の角から膠を作る、というのをやってみました。
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=1217

[1805] 膠文化研究会 予定 「膠入門」 投稿者:Bambook [関東] 投稿日:2015/04/26(Sun) 07:33
膠文化研究会 Nikawa Labs
http://nikawalabs.com/index/

上記サイトより以下を引用します。
特に「三千本膠製造の記録」は、管理人様や私のような者には貴重な発表題目かと思います。

「膠入門」
主催:科学研究費基盤研究B「「絵画表現における風土と技術 -膠を中心とする伝統的材料の持続性に関する調査研究-」
共催:膠文化研究会

日 程 6月13日(土)午後1時より
会 場 東京藝術大学 美術学部第1講義室
参加費:無料
定 員:先着100名
受 付:5月中旬より予定

プログラム:
1.「三千本膠製造の記録」
森田 恒之 東京藝術大学客員教授・国立民族学博物館名誉教授
2.「接着剤としての膠」
早川 典子 東京文化財研究所保存修復科学センター主任研究員
3.「膠の基礎知識」
宇高 健太郎 東京文化財研究所保存修復科学センター 日本学術振興会特別研究員
4.「膠と日本画」
荒井 経 東京藝術大学大学院美術研究科准教授
5.質疑応答

懇親会(懇親会費は別途徴収します)

講演タイトルは予定です。プログラムは変更になる場合があります。


[1802] 6月27・28日文化財保存修復学会第37回大会 投稿者:Bambook [関東] 投稿日:2015/04/09(Thu) 23:13
6月27・28日は京都に行きます。京都工芸繊維大学が会場でもあるので名作アニメの「けいおん!」の聖地でもある修学院の近くです。

文化財保存修復学会第37回大会
https://jsccp.or.jp/taikai37/index.html

[1796] 2014年12月13日(土) 投稿者:Bambook [関東] 投稿日:2014/12/07(Sun) 21:58
高橋亮馬先生 管理人様

大会及び懇親会にては、よろしくお願いいたします。

20年以上魔には、都内の皮革関連企業に勤務していたこともあり、現在の状況などにも興味を持っております。

[1795] 無題 投稿者:松川宜弘 [東北] 投稿日:2014/11/27(Thu) 19:49

膠文化研究会、懇親会も含めて申込みました。
送金も済ませましたので、何か不測の事態がない限り、出席します。

bambook様も高橋様も当日よろしくお願い致します。

[1794] Bambook様へ 投稿者: [関東] 投稿日:2014/11/25(Tue) 22:30  Home
Bambook様

いつもお世話になっております。
芸大の膠講座のご案内ありがとうございました。
参加させて頂きたいと思っています。
松川様と共にお会いできたら嬉しいです。

[1793] ありがとうございます 投稿者: [関東] 投稿日:2014/11/25(Tue) 22:27  Home
松川様

書き込みさせて頂いたきりで、ご無沙汰してしまいました。ご無礼をお許しください。

先日、鳥越先生の展覧会に行ってきました。
その時のインタビューを前編・後編(今月末公開予定)で公開しています。基底材・支持面・素描・下絵・本制作・ニス・額装・・の順にインタビューしています。

http://www.youtube.com/watch?v=l-OyyKAjyO8

[1791] 参加申し込みしようと思います。 投稿者:松川宜弘 [東北] 投稿日:2014/11/09(Sun) 08:31
ご無沙汰しております。

情報ありがとうございます。さっそくWebサイトで膠文化研究会主催第6回公開研究会の内容を確認しましたが、たいへん興味深いといいますか、むしろ見逃せない内容と思われますので、参加申込しようと思います。

無事、受理されたら、またこの掲示板で連絡致します。

楽しみです。

[1790] 記念講演会「日本画の技法−古典と現在」 投稿者:Bambook [関東] 投稿日:2014/11/09(Sun) 07:19

膠文化研究会の運営委員でもある荒井 経 京藝術大学大学院美術研究科准教授の展覧会です。
特に講演会・講座などに興味深いものを感じます。

『模写そして創造へ 荒井経の仕事』
会期:平成26年11月15日〜12月23日
会場:さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-
模写そして創造へ 荒井経の仕事 さくら市ホームページ
http://www.city.tochigi-sakura.lg.jp/…/sak…/exhibition3.html

| 1| 2| 3| 4| 5| 6|
No 削除キー

- G-LIGHT - Modified by isso