メタセコイアから樹液を採集する
自宅にメタセコイアを植えているのですが、そんなに大きくなったわけではないですけれども、そろそろ樹液ぐらいは採れそうだと思って試みているところです。何しろ、琥珀になる可能性のあるタイプの樹脂を出す木として、メタセコイアが上げられていますので、そのタイプの樹脂ならば、画用コーパルとして現在売られているタイプの樹脂を同じような性質を持つかもしれないという可能性がありまして。コーパルとはいったい何なのか、という疑問のちょっとしたヒントになってくれるかもしれないのであります。

で、2年前は以下のように樹皮を剥いて、傷を彫って樹液を集めようとしたのですが、失敗しております。
メタセコイア
マツやキハダはこれでじわじわと樹液がわき出して、流れるように落ちてくるのですがメタセコイアではさっぱりでした。

他には、数センチほど穴を開けてストローを指しておく、これはカエデの木から樹液を取るときによく見る方法ですが、
メタセコイア
こちらも何も出てこないのです。カエデなどは辺材のところを道管があって、水が流れていたりするのでありましょうが、メタセコイアはどうなんですが。どっちにしろ、辺材はあたりは水みたいなものが流れるところで、樹皮を保護するような樹液が噴き出すようなところではないのかもしれません。

それで私はいろいろ調べてはみたのですが、樹脂的な樹液が出てくるのは、師部(内樹皮)といういう、外樹皮のすぐ下の層らしい、というけっこう基本的な事柄に気がつきました。調べてみたとは言っても、難しい専門書は読んでおらず、農文協の絵本シリーズをひたすら読んでいたんですが、もちろんメタセコイアの本はありませんが、様々の樹種の本を見て、広く浅くいろいろ知識が付いたような気はするのですが。

というわけで、外樹皮だけを剥がして、内樹皮層と思われるところに包丁で切り込みを入れてみたところ、10日ほど経ったところで、このように樹液が出てきておりました。
メタセコイア
他の木のようにすぐに出てくる感じではありません。数日経って、ふとのぞき込むと出ていることもある、という程度です。はじめはかなりねっとりしておりまして、数日経つと固く脆くなります。大木ならいざしらず、現状では爪で引っ掻いて取るくらいの大きさの樹液塊が得られるくらいです。東南アジアの樹脂採取の動画を見ると、けっこうがっつり彫って樹脂を出してたりしますが、それはダンマルの木みたいな樹脂大量放出樹のことであって、メタセコイアの場合は、本当にこの外側だけなのかもしれません。もっと大木になるとまた量が違ってきたりするのかもしれませんが。それにしても樹木というものは、幹の大半は死んだ細胞から構成されており、活発に生命活動しているのは、非常に薄い表面の部分だけなのですな。

そして、このように浅い傷をたくさん付けまして、せっせと樹液集めをしているところです。
メタセコイア
9月いっぱいせっせと集めてみようかと思ってます。

| 絵画材料 | 10:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
4手ピアノによるブルックナー:交響曲全集
通勤が往復2時間なのでその間に聴くCD、できればボックスにたくさん入ってるCDを常に買い求めているのですが、低価格でめぼしいものはだいたい買ってしまってネタ切れ感が漂ってきたというか、一頃のクラシック激安CDラッシュも、どうやら配信等がメジャーになってくると終焉に近いのか、という感もしておるところですが、でもなんだかんだでいろいろ出てきてますよね。今回は4手ピアノによるブルックナー:交響曲全集 CD10枚組というのを買ってみました。奏者二人によるピアノ連弾です。ブルックナーほどの壮大な交響曲をピアノ版で聴くとはどうなのか、もしかしたら今まで気付かなかった箇所の魅力に気がつくかもしれない、というくらいの期待で買ったのですが、再生してみたところ非常に美しい響きであり、あっという間に全曲聴き通してしまいました。急遽ネットで評判を調べてみたのですが、やはり「美しい」という言葉で絶賛されておりました。

交響曲のピアノ編曲はオーケストラの響きを再現しようとするあまり無理してる感じになったり、演奏家も合わせて頑張ってしまって騒々しくなりがちですが、この演奏は編曲も演奏も実に自然体であり、ピアノの音の良さが生きているように思えます。ブルックナーは静かになったり大音量になったりというのが、実演ではともかくCD視聴では無理があり巷で嫌われてしまう理由でもありますが、このCDはそういうところも非常に少なく安心して再生できます。ピアノ化したアダージョ楽章が美しいのは想定内ですが、第1章も素晴らしく、そしてスケルツォ楽章でさえも自然に演奏されています。ブルックナーのスケルツォ、中間のトリオの部分は軽く聞き流してしまいがちですが、本CDはこのトリオがとても美しい。フィナーレ楽章もやはり流れるようなピアノ曲と化しており、どこを聴いても聴き所となっております。もしかしたら、ブルックナーを知らずとも単にピアノ曲だと思って買っても楽しめるCDかもしれず、もしかしたらブルックナー入門としてもいけるやもしれません。

とはいえ、各曲で編曲者も異なるので、たまには少々、そこは如何なものであろうかと、思ったりすることもないかといえば、ちょっとくらいはそれは感じることもあるわけですが、総じて言えば、HMVの寸評でも初期の交響曲が特によいみたいに書かれていましたが、確かに初期作品の演奏が傑出しています。あるいは中後期は原曲が壮大過ぎる故かもしれません。ちなみに私が特に気に入ったのは第2番です。ブルックナーの交響曲は第1番ですら、既に基本的な形式はできあがっており、ファンにとっては初期も聴き所満載なわけですが、2番だけはどうもまとまりに欠けるといいますか、私ごときにはまだ理解が及ばないところがあったのですが、このピアノ編曲版を聴いてついにこの曲について理解できたような気分になったのでした。本編曲はピアノ曲としても非常によくできており、まるで4楽章構成の大作ピアノソナタのようであります。あと、意外にも第0番もピアノ名曲的な風格があったので、とばさずに聴いて欲しいところです。

| 音楽 | 11:34 PM | comments (0) | trackback (0) |
搾油機を購入、リンシードオイルを搾油してみました。
Amazonにて、とても安い搾油機を購入しました。
OilPressMachine 搾油機 卓上油搾り機 フルセット 手動式 ステンレス製...
搾油機
このような手回し式の簡易搾油機はずいぶん前から買ってみようかどうか迷っていたのですが、商品の選定にはけっこう迷うものです。ちゃんと動くか怪しげなものが多いですから。同様の手回し式の搾油機で、もうちょっと立派そうな赤い搾油機も気になったのですが、あちらは鉄製らしく、手入れをさぼると錆びそうな心配があったので、こちらのステンレス製のものを注文。届いてすぐ中身をチェックしました。部品は欠品等も内容でした。カビか指紋ようなものがついていてアルコールウェットティッシュで拭きました。ゴムバンドが加水分解して崩壊しておりましたので、梱包したからそれなりの年数が経っていたかと思われますが、本体には影響はなさそうです。

さっそく亜麻仁を搾りたいと思いまして、フラックスシード 1㎏も購入。
搾油機
よく見ると、ラベルに「※食品ではありません」と表記されているのだけれども、ではいったい何の為の商品なのでありましょう。食用の種子は大抵は加熱処理されて発芽しないようになっているのですが、これはどうなんでしょう。加熱処理されていても、実際にたくさん蒔くとちょっとは芽が出てくることもあるようですが。ポピーと違って植えても違法ということはないと思うので、試しに一部をプランターに蒔いてみたいと思いますが、それはともかくとして、実際にリンシードオイルを得てみました。
搾油機
慣れないもので、種子など盛大に散らかしながらの作業となりましたが、一応搾油はできましたので、私の感想を交えつつ、本製品の使用方法についても解説したいと思います。

説明書はA4のペラ1枚だけであり、英語と中国語のみになります。要点を和訳しつつ、私のコメントも差し挟んでおきながら、以下に手順を解説したいと思います。まずは何はともあれ組み立てでありますが、マニュアルには各部の名称が載っている小さな図があるだけで、どちらかというとパッケージに使われている製品写真の方が大きいので、組み立ての際はこの写真を参考に行いました。ハンドルが上手く回せるような場所(テーブルなど)に設置します。かなりしっかりした場所に設置しないといけません。大まかに組み立てたら、圧搾ケージに圧搾ケージキャップを回し込み、それからさらにターミナルアジャストメントキャップを回して締めます。アルコールランプの綿芯(15cmくらい)を、付属のワッシャー(円形で中央に穴が空いている金具)に通し、外側に0.5cm出して、長い方は燃料ボトルの中へ。あまり燃えすぎてもよくないので、ちょっとだけ芯を外にだせば充分であろうと思います。燃料ボトルには燃料(ケロシンまたはアルコール)を入れます。※ケロシンはおそらく灯油のことかと思います。私は常備しているエタノールを使用。普通はメタノールでしょうか。そしたら圧搾ケージを約7分ほど加熱します。オイルを確実に出させる為で、これがないとまずほとんどの種子は人力で搾油するのは困難かと思います。圧搾ケージが50℃~70℃に達したら、材料をプレス機の注入口に入れることができると説明にありますが、アルコールランプで熱するれば当然あっという間にかなり高温になるわけですが、圧搾ケージ全体が温まるにはやはり7分くらいはかかるのかと思います。抽出中も加熱は継続しておくのだと思いますが、火加減はけっこう難しいです。ちなみに搾油の際に種子等を炒めてから行うことがあるけれども、この器具の場合は加熱しつつ行うので炒める必要ないようです。圧搾ケージが充分熱せられたら、注入口から材料を投入します。圧搾の開始時、ターミナルアジャストメントボルト(圧搾ケージの先についている回せるパーツ)はノーマル位置がよい。もし放出される塊が固すぎたり、ハンドルを回すときの抵抗力が強すぎるときは緩める。逆に放出物にオイルがまだ残っているような場合は締める、というふうに指示されておりますが、放出される種子残渣が固いと、詰まってしまってどうしようもなくなることがあるので、そこそこオイリーで緩めな状態で良しとした方がいいんじゃないかな、という印象を受けました。種子を入れてクランプを回して圧搾するのですが、先端のキャップの小さな穴から残渣がニョキニョキと出てきます。そして油が圧搾ケージの根元の細い穴から出てきます。こんなふうに上手くいったら、休まずに搾り続けた方がいいかと思います。手を止めると、種子が焼けてくるし、残渣が固くなって詰まって動かなくなったりします。

圧搾した油はゴミや不純物が混ざって汚く見えるかもしれません。
搾油機

しかし数時間置くことによって、沈殿して綺麗になります。
搾油機
というわけで、リンシードオイルが得られました。いずれ顔料を混ぜて乾燥試験をしたいと思います。なお、食用として使う場合は早めに消費した方がよろしいでしょう。

注意事項等ですが、搾油ケージ付近は熱くなるので、やけどしないように気を付けましょう。ターミナルアジャストメントボルトを回すときも、素手で触らず、耐熱手袋などしてやりましょう。ターミナルはレンチで回しますが、圧搾ケージやキャップを触らなければならない機会は多いので、耐熱手袋はあった方がいいかと思います。けっこう汚れるので、百均で売っているパン焼き用の綿製手袋みたいなものを使うといいかと思います。搾油後は器具類を速やかに清掃しなれけばなりません。種子残渣が固まってしまうとやっかいです。あと熱しながら搾油するということもあって、種子の臭いが周囲に広がると思います。手も亜麻仁油臭くて、洗っても当分は匂っていました。

というわけで、私もまだまだ使い慣れていないといいますが、1回試しただけなので、修練不足ではありますが、気がついたことをまとめてみました。ちなみに自分で搾った方がいいリンシードオイルが得られるとか、溶剤抽出よりも圧搾抽出のオイルの方が優れているとか、そのようなことは考えておりません。あくまで絵画材料の理解の為にやっております。

| 絵画材料 | 09:12 PM | comments (0) | trackback (0) |
出口治明著『哲学と宗教全史』読了
ミルチア・エリアーデの『世界宗教史』を読みはじめたのですが、現行の文庫版ではなくてハードカバーの方の第2巻を中古で買いました。文庫の3、4巻にあたると思いますが、初期仏教とキリスト教が含まれいるので1冊としてはなかなかのボリュームでありましょうか。非常に評判の良い本でAmazonのレビューでさえ高評価なのであるけれども、私はちょっと記述があまり親切ではないなというふうに思いまして。人名や単語がどんどん列記されていって、その説明はそれほどされていないか、あるいは中途半端に内容を匂わす程度であり、この辺を読者はどう処理しているのでありましょうかと心配になるところもあります。私自身は仏陀に関する本、キリストの生涯に関する本などここ数年でずいぶん読んでいたので理解できるものの、数年前の自分だったら何を言っているのかほぼわからないよな、と思いまして。しかも知っていたらこれのまとめ文章を読む必要もないのではないか、という気もします。もしかしたら仏陀のところが良くないのかもしれません。キリストのところはけっこうフムフムなるほどという感じで読みましたし、もうちょっと読んでみると意見も変わるかもしれません。しかしとりあえずそちらは保留にし、出口治明著『哲学と宗教全史』を読みました。こちらは、読者に説明しようという気概に満ちており、その辺は現代的であります。もっともある程度知っていないとこれも読めないとは思いますが、敷居はかなり低いのではないかと思います。ページ数の多い分厚い本ではありますが、あっという間に読めてしまったので非常に読みやすい文章なのだと思います。しかしAmazonのレビューは酷評ばなりなので、たぶんこの手の本を読む方々の好むタイプのものではないでありましょう。確かに重厚さみたいなのはないのですが、あえてそういうのをすっぱり排除しているところがよいのだと思うのですが。扱う範囲が広いので、各テーマの詳細までは書かれてはいませんが、各章の最後はさらに勉強したい人の為の書籍が紹介されています。お薦めされている書籍はだいたい書物誕生シリーズなのですが、これは私もどれも気に入っていてお薦めの本であります。他には県図書館の子供用図書室からモーリーン・サワ他『本と図書館の歴史 ラクダの移動図書館から電子書籍まで』というのを借りてきましたが、これは絵本なのですが、けっこう充実した内容でした。子供がこんなの読むわけなかろうという気もするのですが。農文協の絵本など、実は大人対象なのではないかと思われる本も、絵本だと子供用図書室に置いてしまうのはどうかと思いますが、売る方もその売り上げを見込んでの絵本形態なのかもしれません。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:48 PM | comments (0) | trackback (0) |
鉛白づくり近況
鉛白づくりですが、イーストの交換を忘れてしまったり、さらに夏後半の天候不順により予想より気温が低かったなどの理由により、さほど進行せずに過ぎてしまいした。実はコチニールをいじっていたら、すっかり忘れてしまっていたというのもあるのですが、まめにイーストを交換するというのは、簡単そうでなかなか難しいものです。
鉛白

鉛板を入れているプラ容器を多少揺すると、鉛白が落ちます。
鉛白
鉛板を吊しておくという、ドイツ製法であれば、鉛白はどんどん下に落ちていくのかもしれません。次回は縦方向に高さのあるコンテナにして、吊してやってみるというのもよいかもしれません。

鉛板も再びむき出しになってここからまた反応を継続させていくよう努めたいと思います。
鉛白
ワインビネガーを一度捨てて、コンテナを洗って、再び材料類を投入しておきました。

今のところ集まった鉛白は以下の量です。
鉛白
ちなみに鉛板があまり減っていないように見える割に、鉛白はそれなりに取れるので、炭素を取り込んだりした分、体積が増えるのかもしれないというふうに思ってしまったりもしますが、おそらくは空洞が多いだけで、油で練ったりすると、顔料の見た目よりも体積が減って、大した量の絵具はできなかったりします。昔Narural Pigmentsから購入した、けっこうな価格のするスタック法鉛白も、苦労して練ったら油絵具としてはとても少なかったりして、しょんぼりしたものです。鉛白を生成したりするのは、それほど手間ではなく楽しい工程ですが、ここから油絵具にするというのは、けっこう困難でときに力業になるかもしれませんので、その辺の対策を考えているところであります。

| 絵画材料 | 08:39 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: