自製鉛白を油で練ってみました。
鉛白づくりですが、前回は出来た顔料を水で洗ったところでまで進みましたが、その後、さらにもう一回水で洗って、その後乾燥するのを待っておりました。そして↓のような感じなっております。

前にも書きましたが、この鉛白は微妙に赤みがかった色の顔料が生成されてくる鉛テープから作られた分であり、水で洗った時点で赤みの色は消えたものの、それは屈折率の都合でそう見えるだけで、乾燥したら元に戻るのではないかと心配していましたが、パッと見てちゃんと白いような気がします。いや、じっと眺めていると赤みがかっているような気がしてくるのですが、気のせいかもしれないし、そうでないかもしれないし。でも、当初ははっきりと色がわかったくらいなので、それよりはずっと改善しており、やはり水で洗うことで、変な色が消えたりするという海外サイトの情報は合っていたのであろうか。

まぁ、ともかくとして、油で練ってみたいと思います。今回は油の色が影響を与えないように、ポピーオイルを使用します。その他の助剤は一切入れずにポピーオイルオンリーで練ります。

とりあえず、このくらい練ってみましょう。水に浸けてから乾燥すると、こんなブロック形状になりますが、こういうのを細かくするのはいつも難儀な工程です。手練りなので、欲張ってたくさん練ろうとしてはいけません。

少し油で湿らせてから、練り棒で塊を砕いてゆきます。

乳鉢乳棒でやるのが筋かもしれませんが、なんか乳鉢洗うのも面倒なので、これでよろしいでしょう。この時点で既に油で湿らせておいたのは、鉛白が飛散したりしなくていいかなと考えまして。

いよいよ本格的に練りはじめたところですが、このような感じであります。


ごく少量をとりわけて、それを菊練りみたいに円を描くように広げてゆき薄い膜にするようにしてすり込んでダマを解消してゆきます。

やがて艶のあるペースト状になるので、それを脇に寄せて、さらに次の分を練るというのを繰り返します。

1時間かけてこのくらい練ることができました。

このあとさらに2時間近く、計3時間ほど練りましたが、途中に休憩を挟まないと身体を痛めると思います。スタック法鉛白を練るのはけっこう難儀するものでしたが、慣れてくればいずれ上手くなっていきそうな手応えもあります。実はまだ若干粒状のものが混ざっております。このままもう一巡練ればそれも解消されるとは思いますが、体力的に限界であったのでこのままチューブに詰めました。チューブに入れて2~3週間油と馴染ませたあとにもう1度練ると、むしろその方が完成度が高まるであろうかと思います。何かアドバイスがありましたらコメント欄にお願いします。

| 絵画材料 | 09:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
ウェルド顔料を亜麻仁油で練る
昨年入手しました、ウェルド顔料(天然植物由来のレーキ顔料)、炭酸カルシウムをボディとしたものと、ミョウバンを使ったものと2種ありましたが、まずは、ウェルド(炭酸カルシウム)の方を亜麻仁油で練ってみました。

なんとなく、こちらの方が油絵具との相性は良さそうな気がします。炭酸カルシウムがボディなのでけっこうダマがあり、手練りでは少量でも30分はかかりそう。いろも自然な感じのイエローです。赤い絵具はいいものが多数あるので、赤い布ばかり描いておりましたが、これで黄色い布もいけるかもしれません。あとは耐光性がどうか観察したいところです。写本制作の場合はウェルド顔料+水性媒材で全く問題なさそうです。しかし油彩タブロー画ではどうでしょうか。

こちらは炭酸カルシウムではない方のウェルド顔料を亜麻仁油で練ったもの。

屈折率の都合でペーストは暗い色に見えますが、薄く塗布すれば自然な感じの黄色になります。試し塗りしたところでは、結果としては炭酸カルシウム版と差はない色になりました。練るのは炭酸カルシウム版よりだいぶ早く済みます。

試し塗りした結果ですが、数年前に頂いた顔料と比較すると格段に黄色みが増しております。

同じ染料でも製法の研究開発によってこれほど違ってくるわけですね。薬品の投入量とかペーパー等で違ってくるわけでしょうか。

最近私もレーキ顔料づくりに取り組んでいるのですが、どうしても参考にしたい点がありまして、顔料を水に入れ撹拌し、顔料が沈んだあとの上澄みに万能リトマス紙を付けてみましたが、極端なペーハーは示さず、しっかりと中性付近でありました。

それにしてもこの万能リトマス紙では中性付近が不鮮明なので、やはりデジタルペーハー計測器が欲しいところです。ちなみに、上澄みの水の色も透明です。写真ではちょっと濁ってますが、そのまま2時間くらい待つと綺麗な透明になります。やはりプロが作ったものは違います。というわけでいろいろ勉強になりました。私もレーキ顔料作りの経験を積みたいと思います。

| 絵画材料 | 09:33 PM | comments (0) | trackback (0) |
1/48ヘッツァー及びヤークトパンター制作
今日は何をやってもうまくゆかず、しょんぼりして戦車プラモデルの迷彩塗装をやっておりました。

昨年からタミヤの1/48ヘッツァー及びヤークトパンサーを作っているのですが、戦車のプラモデル作るなんて、小学生以来のような気もしますが、昔は1/35の製品が定番でしたが、最近は1/48も品揃えがいいということで、1/48をコレクションしてゆきたいかと考えています。値段はそんなに変わらないというか、最新モデルが多いせいでむしろ高いくらいですが、サイズが小さい方が置き場所に困らないので。

まずは下地にオキサイドレッド色のサーフェイサーを吹きまます。

私としては油彩画を描くときもバーントシェンナの下地を多様するので、なんか親近感があります。

その後、全体にダークイエローをエアブラシで吹きつけました。

このままでいいような気がしないでもないのですが、一応迷彩塗装もやってみたかったので、とりあえずは、レッドブラウンを吹いてみました。

戦車に迷彩塗装をするのははじめてなので、エアブラシがうまく使えるか心配しましたが、無事にあちこち失敗しました。

ラッカー系塗料を使っているので、すぐに乾燥します。続いてダークグリーンを。

色の選択は説明書の指示通りにやってみましたが、結果的にちょっと色が濃くて、そのせいで戦車の形態がわかりづらくなってしまったような気がします。まさにそこが迷彩の効果なのでしょうけれども、戦車の形態を見て楽しみたい気もするので、次の機会は調色してちょっと控えめになるように取り組みたいと思います。また、モノクロの説明書を見てやったので、迷彩の模様は適当になってしまいましたが、後で気付いたのですがパッケージの側面にカラーの図があった。次の機会はこっちらを参照しよう。

さて、細かいパーツはこれから付けます。そして、最後にウェザリングをするわけですが、油絵具でのウェザリングに挑戦してみたいと思います。

| その他 | 11:17 PM | comments (0) | trackback (0) |
The Art of Barylli Quartet バリリ四重奏団の芸術(CD 22枚組)聴了
我が自家用車は後期型ラクティスですが、発売から10年過ぎており、既に10万キロに達した所有者も多くなって買い換えている方も多くなってきて、私もそろそろ次の車を考えなければならぬ時期にきております。何しろ昨年の大雪による、たぶん融雪剤の影響による錆びも酷いもので。しかし現在は新車の納期も遙か先であり、中古車も高騰中なので、多少の修理費をかけてもしばらく乗りたい。できればあと2年半ほど乗りたい。たぶん、部品が手に入るかどうかによるのだけれども。そんなことはともかくとして、車で移動中にCD再生しているわけですけれども、ここ最近はThe Art of Barylli Quartet バリリ四重奏団の芸術(CD 22枚組)を聴き終えました。CD22枚組を¥4,720で購入したものですが、モーツァルト、ベートーヴェンなどの弦楽四重奏曲、希にその他の室内楽が含まれておりますが、いずれもたいへん味わい深い演奏ばかりでした。1950年代くらいのちょっと古めの録音なのですが、弦楽器の音というのはすこし古さを感じる音源がなかなかよろしいのです。バリリ四重奏団の演奏では、実はこのセットの中のベートーヴェンは既に所有しておりまして、私の最も愛聴する弦楽四重奏曲全集なのでありますが、モーツァルトなど他の作曲家のも手に入れていた思って、結局これを買った方が総合的にお買い得であったので、買ったわけですけれども。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は様々の録音のものを普段からよく聴いているのですが、モーツァルトのものはそんな聴いてこなかったので、今回はその点でけっこう刺激になりました。モーツァルトのカルテット、すごくいいですな。ベートーヴェンはけっこう聴き込んでわかってくるようなものが多いわけですが、それに比べると初見でいい気分になれたりするところがありますし、もちろん繰り返し聴いても素晴らしいです。ちょっと枯れたような感じの音質でありますが、全体的にじっくりと音符をじっくり拾ってゆく感じの演奏であり、モーツァルトは初見でも聴きやすく、またベートーヴェンは聴き始めは多少理解できないこともあるかもしれませんが、じっくり聴けばいずれもが名作名演であり、弦楽四重奏CDの最もお薦めのセットであると言えましょう。

先日触れましたカルキディウスによるプラトン『ティマイオス』註解(西洋古典叢書)は既に到着して、まずは解説を読みましたが、非常に興味深い内容でありましたが、実は付属の月報の解説の方がむしろ重大な感じが私にはしたのですが、購入された方は月報も読んだ方がよろしかろうかと思います。『カルキディウスとその時代』も届いておりますが、今の私には少々難易度が高かったのですが、1年後には読みたいと思います。この方面はまだまだ初学者なので吸収してゆく速度も速いような気がして、1年後には読めるんじゃないかという感じがあります。そして本日は宮城県図書館にゆきまして、L.D.レイノルズ,N.G.ウィルソン他『古典の継承者たち―ギリシア・ラテン語テクストの伝承にみる文化史』を借りてきましたが、これは中古価格も高騰してちょっと購入するのに勇気がいることろですが、パラッとみたなかなか素晴らしい内容です。なんとか入手したいところですが、もう手元に置いておかなければということは断念して、借りたものを読んでしっかり記憶に焼き付けてしまうという訓練も必要なのかなと思ったりしているところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
鉛白を水で洗う
夏から作っていた鉛白、だいぶ集まりましたが、ここから絵具にするまでが大変です。最終的にはリンシードオイルで練って、油絵具にするわけですが、そこまでのノウハウはまだあまり解決していないような気がします。

ある鉛テープから作り出した鉛白がピンクがっかっており、これは特定の鉛テープにしか発生したなかったので、原料の方に問題があるのだとは思いますが、こちらを使って、いろいろ試してみたいと思います。


まずは、水で洗浄してみます。水での洗浄というのは必要な工程であろうかと思います。まず、水に溶けるような不純物を取り除けます。変な色がついているときは、水洗いだけで消えることがあるようです。

というわけで、700mlほどの水に入れて撹拌し、顔料が沈むのを待ちました。

なんか、綺麗な純白色になっているように見えます。気のせいかもしれないし、屈折率の影響で見えなくなっただけかもれませんが。

それから強い酸性の蒸気の中で生成された鉛白ですから、酸性の傾向を示すのではないかという心配もあります。水を万能リトマス紙で確認しました。

中性に近いと思われます。実はこの万能リトマス紙、ph5~8あたりの色が似ていて、いまいち判定しずらいのですが、水道水に浸したときと同じ色をしているので、たぶん中性に近いか、あるいはわずかに酸性よりかもしれませんが、少なくとも水道水基準値内くらいではあろうと思われます。700mlの水で1回洗えばphの問題はクリアできるのではないかと考えています。鉛を洗うわけですから、廃液は少ない方がよろしいですし。

他には、塩基性炭酸鉛になりきれていない酢酸鉛も水に溶けやすいという情報もあるので、酢酸鉛除去にもなるのかもしれません。

さて、水を移してすくい上げた鉛白ですが、たいへん被覆力に富んだ立派な鉛白になったように思います。

白さ、明るさも立派なもので透明感みたいな感じはありません。かなり薄く塗布しても白さが強いので、むしろ体質顔料等で割りたいくらいに見えます。

しかし現時点でもなんとなくほんのりとビネガー臭がするのです。数種類の酢を取り扱いましたが、ふつうの市販の穀物酢に比べるとワインビネーが酢の臭いがけっこう強烈です。まぁ、古来染料でもなんでも臭い物ほど性能が良いものなのですが。もう一度水と取り替えて洗浄することにしました。鉛白は重い顔料ですから、すぐに水の底に沈みます。面倒くさがらずにときどき撹拌するのがよいと考えます。

さて、上記の鉛白の写真を見ると、若干粒状感的なものを感じるかと思います。ちょっと大きめの粒的なものがあって、以前他社製スタック方鉛白を練ったときは、なめらかな絵具にするまで少量でも数時間かかったということもありまして、この辺がどうなるか気になるのです。これに関しては手練りでいこうと思います。それでダメならポットミルで延々摺ってからというパターンと試そうと思います。鉛を含むので工程は手短な方が助かるのですが。※この記事を参考にする場合は、毒性があること及び環境への配慮を留意ください。

| 絵画材料 | 09:01 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: