大戦略88
今となってはもはや見る影もありませんが、その昔、シミュレーションゲームと言えば”大戦略”という時代がありました。20年以上前でしょうか。システムソフトの大戦略、または光栄の「信長の野望」と「三國志」が覇を競っていた時代があったのです。信長と三國志は未だにメジャータイトルとして存続していますが、実は大戦略の方も今でも新作が出ているにもかかわらず、たぶんほとんどの人に知られずに販売されています。

ともかくその昔に私が最もプレイした大戦略と言えば、PC-8801用に発売された大戦略88とスーパー大戦略のふたつです。特に大戦略88は私のお気に入りで、実は未だに息抜きにプレイしているので、ほとんど生涯を共にしているゲームと言えるでしょう。

↓こちらが大戦略88のプレイ動画。


大戦略88は、当時、まだ高級ビジネス機だったPC-9801用に発売された初代「現代大戦略」を8bitパソコンであるPC-8801に移植したものです。4ヶ国参加だったものが、2ヶ国に減り、マップのサイズも縮小、というわけであまり評価の高いゲームではありませんでした。何より、その後に発売されたスーパー大戦略が同じ8bit機用だったにもかかわらず、PC-9801版を遥かに凌駕する傑作だった為に忘れ去られてしまったという側面もあります。

しかし、私は後に初代現代大戦略をプレイしてみたものの、これは実はメインプログラムがBASICで組まれていたというのもありますが、なんとなく非常に手作り感に溢れたものでした。PC-9801の方はなんと、大戦略IIIの代までBASICで組まれていたそうです。それと比べると8bitパソコンの大戦略は、パソコンの処理速度の限界からか、初めからフルマシン語でなければならなかったのでしょう。マニュアルの開発記などを読んでみると、当時のシステムソフトの精鋭ともいえるメンバーが8bit機での実現に向けて協力している様子が覗えます。私としては、大戦略88の時点で、初代の現代大戦略よりはイケてるんじゃないかと思うのですが・・・まぁ、参加陣営とユニット数が大幅に減らされれば、シミュレーションゲームとしての評価は下がるかもしれませんが、しかし、忙しい現代人にとっては、これはむしろメリットと言えるのでは無いでしょうか。大戦略IIあたりなどは、とても息抜きにプレイできるものではありませんが、この大戦略88は、大人には実に丁度いい。特にエ○ュで処理速度を8倍くらいにしてプレイすればごにょごにょ。

| ゲーム | 11:32 PM | comments (0) | trackback (0) |
私が作ったパズルゲーム
パソコンの性能が非常に低かった時代の花形ジャンルのひとつがパズルゲームでした。私も3作ほど作っています。発表媒体はいずれもマイコンBASICマガジン。

木こりのムムリックは星をあつめてでんき羊の夢をみるか!?

ツルハシで廃屋を壊しながら星を集めるゲームです。グラフィックが綺麗なこと以外は、これと言って目立つ特徴がありません。グラフィックの元ネタはバベルの塔とムーミンシリーズで、タイトルはフィリップ・K・ディックから、BGMはサティをもじったものとなっております。ムムリックはスナフキンの原語版の名前だったような気がします。家のパーツはムーミン屋敷を意識しています。動画収録の為に、十数年ぶりにプレイしたのですが、解き方などは半ば忘れた状態でやってみたら、意外と面白かったです。

PAZZ

3種類のパズルゲームを1本のプログラムにまとめた作品です。一筆書きで星を集める、ブロックを押しながら星を集める、上下左右違うマスで移動するキャラを操って星集める、という具合で、ゲーム自体はどこでも見るような定番のルールで特に目新しいことはありませんが、3種類のゲームでメインルーチンを共有している為、短いプログラムに仕上がっているのが工夫したところです。こちらの動画収録の為に、久方ぶりにプレイしたのですが、けっこう手強かったです。クリアできないほどではなかったですけど。

苔の惑星

モンスターをブロックで押し潰しながら進むという、比較的アクション性の高いパズルゲームです。ゲームタイトルはフランク・ハーバートの「砂の惑星」から。正直言って、自分ではいまひとつの出来映えでした。

| ゲーム | 12:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
三浦九段復帰戦を観ました。
ここ数年、ニコ生で将棋の中継を見るのが楽しみで、何か気がかりなことがあっても、とりあえず将棋の対局が面白いと、それを眺めているだけで気が紛れたものです。しかし、件のスマホカンニング事件の後は逆に不愉快な気分になってしまうので、タイトル戦の中継すら見なくなっていました。この事件は第三者委員会の調査の結果、ほとんど何の根拠もない状態で処分していたことが明らかになり、処分を下した将棋連盟の会長辞任という結末になりました。最初から最後まで常識では考えられない対応の連続であり、これが大の大人が集まってやることなのだろうかと不思議に思うこと頻りでした。将棋界という独特の狭い世界で起こりえた不祥事のようにネットで意見されているのを多々見かけますが、でも、このような理不尽な争いは一般社会でも常日頃から行なわれているもので、私の人生においても、そういうのを度々見てきました。他人事ではなくて、このようなことの被害者に、あるいは加害者になる可能性といつでも隣り合わせであると考えて行動しなければなりません。

というわけで、三浦九段の復帰戦がニコ生で中継されるというので、中盤あたりから観戦しておりました。最後までどちらが勝つかわからない好勝負で、久々に面白かったです。


↓ニコ生のタイムシフトでしらばらくは見られるようです。
【三浦九段復帰戦】第30期竜王戦 1組ランキング戦 羽生善治三冠 vs 三浦弘行九段
http://live.nicovideo.jp/watch/lv288125158


| ゲーム | 10:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
昔作ったゲーム
私が昔作ったゲームから傑作3本を紹介したいと思います。発表媒体は今は亡きマイコンBASICマガジン(通称ベーマガ)。雑誌にプログラムリストを掲載し、読者はそれを打ち込んで実行するという今では考えられないスタイルですが、きっとプログラムの勉強にはなったんだろうと思います。

WelCome To GreeNWooD

スライムみたいな主人公を操作して、アイテム等を集めつつ、謎を解きつつ、敵を倒す。
グラフィックの解像度を制限してデータ量を減らす努力をしつつも、全体としては綺麗な画面を作れているかと思います。

Super Lv825

世界設定とグラフィックに凝ってみました。

ReturN to GreeNWooD

WelCome To GreeNWooDの続編です。なんとマップの広さが100画面にもなっており、私が作った中で最大規模です。プログラムリストもベーマガに掲載してもらえる限界のサイズだと思います。

| ゲーム | 07:32 PM | comments (0) | trackback (0) |
ファミコンミニ
ファミコンミニが話題になっているようですが、30本のゲームが収録されているものの、収録タイトルが微妙だったので、私なりに、もしタイトルを選べるとしたらどんなラインナップがいいのか考えてみました。30本考えるのは大変なので、8本だけ選んでみましたが、これらが収録さていれば、一生これだけでも不満はないだろうと思います。動画も拾ってみたのでよかったらご覧ください。

■ロードランナー

これはファミコンの存在を知った頃に初めて目撃したゲームのひとつですが、かなりの衝撃を受けた憶えがあります。今になって考えると本来のロードランナーとはちょっとゲーム性が異なりますが、先の見えない洞窟感や、独特のBGMなど、わくわくする要素が詰まっていて逆に良かったと思います。

■マッピー

ゲームシステムから、キャラクタグラフィック、音楽まで、どこを取っても名作過ぎて、もはや芸術作品と言っても過言ではないでしょう。

■スペランカー

私は子供の頃、洞窟を探検するゲームがとても好きでした。そんな私がこのゲームを見たとき受けた衝撃はただ事ではなかった。洞窟探検系のゲームの中でも、いろんな意味で最高の知名度を誇るのは本作ということで異論はないと思います。タイトル画面の寂しげなBGMが好きでした。

■グーニーズ

昔、グーニーズという洞窟探検系映画があったのですが、それはそれは楽しい映画でした。最後の海賊船のシーンも美しかった。シンディ・ローパーの主題歌も良かったです。

■ファミコンウォーズ

現代兵器を使用したターン制ウォー・シミュレーションゲーム。私は今も昔もこの手のゲームが大好きなのだけれども、ファミコンではこれが最高傑作。これがあれば一生遊べると言っても過言ではありません。

■コズミックウォーズ

こちらは宇宙を舞台にしたウォー・シミュレーションゲーム。宇宙艦隊を配置して宇宙戦争するという、ゲームでしか味わえないような魅力的なジャンルですが、ファミコンに限れば、最高峰は本作でしょう。ファミコン期にしては超大作の部類に入ると思いますが、あまり話題ならないの残念です。

■上海II

同じ絵柄の麻雀パイを取るだけというシンプルなパズルゲーム。家庭用ゲーム機に移植された数ある上海の中でも良く出来ている部類だと思います。これ一本あれば延々と遊べそう。

■ゼルダの伝説

これはファミコンミニにも収録されていましたが、やはり外せません。最初にタイトル画面の音楽を聴いたときはシビれたものです。その後、SFCや64のゼルダもちょっとはやってみたのですが、最後までプレイしたのは本作だけです。ボリューム的にはこのくらいが丁度いいです。

| ゲーム | 12:52 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: