童友社「小田原城 1/350」制作
童友社のお城シリーズを買ってみました。小田原城、松本城、安土城、岐阜城の4つです。
童友社「小田原城 1/350」
機会があれば、他のお城モデルも買ってみたいとは思いますが、ざっくりと大きさの比較もできるように、スケールは1/350前後で統一して買い求めていこうかと思います。というわけで、試しに一個作ってみる的な感じで、小田原城からはじめてみようと思います。

箱を開けてみると、現代のプラモデルとはまた違った雰囲気のオーラが感じられます。古い金型を駆使しつつも継続して販売してくれてることはありがたいことなので、パーツの精度などに文句を言ってはなりませんが、しかし樹木のパーツは、ちょっとさすがに使用を躊躇せずにおれません。
童友社「小田原城 1/350」
youtubeでベテランモデラーの姫路城制作動画を参照したら、うまく加工して利用しておりましたので、手間を惜しまなければ化けるとは思うのですが、強度的に丈夫なものは作れそうにないですし、今回は木は付けないという方針でいきたいと思います。

というわけで、木を取り付ける筈だった箇所の穴を、エポキシパテで塞ぎ、ヤスリをかけました。
童友社「小田原城 1/350」
妙な形状ですが、現在の小田原城天守の西側は土が盛ってあり土手みたいになっていますが、それを再現したパーツでありましょう。

ちょうど、タミヤの情景テクスチャーペイント[草 グリーン]が届いたところなので、全体に草が生えてる感じにしてみようと思います。
童友社「小田原城 1/350」
塗ってみたら、色がけっこう派手と言いますか、人工染料的な色合いで驚きました。

これはダメだなと思ったのですが、乾燥したら艶が引いて、いかにも牧草みたいな草らしい感じになっております。
童友社「小田原城 1/350」
さすがに1/350スケールには不自然な大きさの草ですね。1/35なら自然なサイズの繊維かと思います。それと、うまく草を立てる方法もあるようです。さらに、まるで牧草地のように全面に塗るというよりは、土とか石などのテクスチャーと混在させることによって、より自然な感じになるかと思います。

石垣ですが、クレオスのMr.ウェザリングカラーという商品が届いたので、それを試してみることに。
童友社「小田原城 1/350」パーツのモールドが浅くて、うまく拭き取るという感じにはいかなかったのですが、とりあえずはこんなものですかね。何しろプラモ初心者ですから、あまり深く考え過ぎずにとりあえず試してみるというくらいに考えてやっております。

というわけで、こんなふうになりました。
童友社「小田原城 1/350」
建物部分はパーツの噛み合わせも良好で、城モデル初心者にはちょうどいいキットだったのかもしれません。強いて言えば、たくさん開いている窓から、向こう側の窓からの光が見えて、いかにも中が空洞なのがわかってしまうのが難点ですが、たぶん城モデル全般の問題なのでしょう。窓は塗装前にプラ板でも貼って塞いで置いた方が良さそうです。瓦屋根をウェザリングとかドライブブラシとかやりたかったのですが、この窓ではリアルさは追求できぬと思って、モチベーションも下がったので、本模型はここで終わりにしたいかと思います。城模型の練習、プラモデル用の特殊な塗料を試してみるという目的は達したので、よろしいとしましょう。特にウェザリングのテクニックは、既に制作した仏教建築模型に施したいところなので、上手くなりたいところです。

さて、現在の小田原城は鉄筋コンクリート造りであり、プラモデルの方もそちらを再現しておりますので、天守に上って展望するためのフェンスも付いております。今の価値観であれば、天守再建も、模型の方も、往時の姿を再現したくなるところなのですが。しかし、そもそも我々が戦国の城としてイメージする平城の天守というのは、安土城以降と考えると、戦国末期から江戸時代に入ってからのものであるわけで、意外と新しいものです。この小田原城も秀吉が攻めた小田原城とは全く違う姿であったことかと思います。その辺を読んだりしながら作ると面白いでしょうなぁ。

| 史跡・古墳・名所等 | 07:21 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型「平等院鳳凰堂1/150」制作記2(組み立て終了)
瓦葺きの屋根ですが、缶スプレーにていつもより明るめにベースの色を塗りました。
平等院鳳凰堂
この塗装の上に、エナメル塗料を希釈して流し込むように暗い色を重ねていこうという計画です。

そんなわけで、瓦屋根に使えそうなエナメル色を数種類購入していたのですが。。。
平等院鳳凰堂
とりあえずは、フラットブラックを中心にブラウンを少量混ぜたりしながら、流し込んでみたのですが、まぁ、初心者ですから、なかなか上手くはゆきません。色や溶剤を調合する際に、調色スプーンやスポイトが必要であると知って、それらを注文しました。毎回いろいろ手法を変えながらやってみるということは大事だと思います。

せっせと組み立てます。
平等院鳳凰堂
1/150モデルだと肘木のパーツもこのくらい簡略化さてくるのですな。

朱壁を明るく塗りたいと思っていたのですが、成形色がダークブラウンである為か、明るめのスプレー缶をいくら吹いても、なかなか明るい色に到達してくれず、無駄にスプレー缶のゴミを発生させてしまっている気がします。このような場合、事前にサーフェイサーというものを吹かないといけないということを知り、ホワイトおよびライトグレーのサーフェイサーを注文しました。

一応、組み上がりました(頂上部の鳳凰は後日、瞬間接着剤を入手してから取り付けたいと思います)。
平等院鳳凰堂
う~ん。どうも全体の色味が気に入らないように思います。木材部分はもうすこし朱色っぽくしたい。瓦屋根はドライブブラシ技法などを使ってもうちょっと本物らしくしたい。全体的にウェザリングを施したい。という考えはあるのですが、材料がまだ揃ってないし、ここまででも充分楽しかったと言えるでしょう。色を考えるだけでも、資料を参照してみたりするわけで、美術史的な知識が勢いよく増強されていく感じがするわけで、それが特に充足感となっているような気がします。さらにもうすこし時代や様式のことなる模型に挑戦してみたいところです。

| 史跡・古墳・名所等 | 09:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型「平等院鳳凰堂1/150」制作記1
以前購入していたフジミ模型「平等院鳳凰堂1/150」
平等院鳳凰堂
こちらはパーツ数がけっこう多そうで少々気後れしておりましたが、制作に踏み切ってみました。
ちなみにわたくしは京都に4年半住んでいたにもかかわらず、平等院鳳凰堂を訪れたことがありませんので、ネットで画像検索した情報を元に制作することになります。

というわけで、まずはこちら、南翼廊の基壇パーツです。
平等院鳳凰堂
鳳凰堂の独特の矩形の基壇はなかなかかっこいいと初めは思っていたのですけれど、よく見ると基壇の構造が近代的する感じがすごくして、だんだんと違和感を感じてきます。写真をいくつも見たけれども、これは近代コンクリートの基礎に見えます。創建当時、翼廊には基壇がなく池に突出しいたという調査結果もあるようです。湿気から建造物を守るような、かなりしっかりしたコンクリート基礎が近代以降施工されたのであると思われますが、その経緯は後日調べるとして、いずれにしてもプラスチック感を是正するために、タミヤの情景テクスチャ「路面 ライトグレイ」を軽く塗っておくことにしました。さらにラッカースプレーのライトグレーを吹きましたが、エナメル塗料などで汚しを入れるべきか、ちょっと迷いました。よく聞くように西方極楽浄土の世界が鳳凰堂のイメージであるとしたら、下手に汚しを入れずに明るい塗装で仕上げるのがふさわしいのではないか。とも考えましたが、少し調べてみると、そもそも浄土世界の再現であるかどうかも簡単には言い切れぬ様子なので、あまりそれに拘りすぎるのもどうかと思います。この辺は後でじっくり専門書を読んだりするのが楽しみであります。

というわけで、エナメル塗料のブラックとブラウンで汚しを入れることに。汚しと言いますか、基壇の敷石のところが、石が目立たなかったので、敷石のモールドにエナメル塗料を流し入れて、目立つようにしたかったのですが、上手くいかなくて、結局全体を汚してごまかしてしまいました。私がプラモデルを盛んに作っていたのは小学生の頃でありまして、その頃はかなり作っておりましたが、何しろ小学生の技術でありますから、実はほぼ初心者なのであります。ちなみに小学生時のプラモデル制作はラジコンのブームによって上書きされて、いつしか遠ざかってしまった感じでありました。
平等院鳳凰堂
一層部分を組み上げてみましたが、朱壁はいつもより明るめに塗装したつもりですが、なかなかふさわしい缶スプレー色がなくて、ブライトレッドのベースにオレンジを吹きかけるという具合にしました。もっと明るくすることも可能ですが、元の成形色とあまりに差が大きいと、ゲート跡の処理が面倒になるので、作業効率など総合的に考えてこの色です。堂内にご本尊である阿弥陀如来もあります。

平等院鳳凰堂
以前入手したガチャガチャの阿弥陀如来像、同じ様式の阿弥陀如来像がたいへん多く、いずれの阿弥陀如来像なのか、特定できかねておりましたが、平等院鳳凰堂の如来像であるような気がしてきました。

もっと詳しく読みたいので、原色日本の美術全巻(古書が格安)を揃えたい気もするのですが、置く場所がないので悩ましいところ。

| 史跡・古墳・名所等 | 11:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」制作記 2(完成)
最近は、今日働いたらその分の収入で、日々の生活費を差し引いた上で、フジミの建築シリーズの何か1個と塗料くらいは買えるなぁ、と考えながら生きております。まぁ実際には模型以外に欲しいものもたくさんあるので、毎日買える訳ではありませんが、週に3~4個の頻度で買っているので、押し入れに模型の箱が積まれていっております。とにかくこれは凄く勉強になるのです。何か日本美術の講義を受講するよりも、はるかに勉強になり、そして記憶に刻み込まれる感じがするのです。屋根部分が瓦だったりするとだいたいどんな色を塗ったらいいか想定できますが、檜皮葺の屋根だとどんな色がふさわしいのだろうかと考えて、そして檜皮葺の屋根の質感はどんなものかとどこか手近にある実例を見に行きたくなったりして、きっとそういう体験がいいのだろうと思います。そもそもかなり有名な建築物でも、その屋根が瓦なのか、檜皮葺なのか、板葺きなのか、そういうのを意識して見ていたり、ましてや覚えていたりはしないものですが、今は図録で見るときも、そのようなところが気になって見てしまうわけです。

というわけで、法隆寺金堂の続きですが、朱壁と漆喰の配色は、今回はこのような感じであります。
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」
現在のと比べると、法隆寺感は感じられないかもしれません。難しいところです。

建築模型ではピンセットが重要であることに気がつき、高いのとか安いのとか買ってみたのですが、ミネシマF-110B先曲ピンセットというのが、組み物の接着に大変都合がよくて、すっかり気に入りました。安かったです。
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」

着々と組み上げてゆきます。
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」

竜の柱を接着しましたが、これから上層を接着するわけですが、尾垂木にちょうど接するようになる、というはなかなか難易度が高いと言えるでしょう。
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」

完成図
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」
各所に隙間があったり、竜の柱が組み物に接していないなどの問題が見受けられますが、私が悪いわけではないんですけど、うまく加工するのが模型制作の醍醐味とは言えるわけですが、私の目的としてはここに長く留まってはいられないので次の模型に移行せねばなりません。しかし、フジミ模型の建築シリーズにおいて、何か手を加えるとしたら、瓦屋根に瓦が重なっているというモールドがないという点と、軒先の軒丸瓦のようなモールドが一切ない、という二つをどうにかするのが最初の課題ではなかろうかと思われます。軒丸瓦は何か丸いパーツを付けてゆけば改善されそうな気もしますが。それにしても、フジミ模型の法隆寺五重塔を是非ともこの隣に置きたいのであるけれども、現在販売終了となっており、再販されるのか、されないのか、されるとしたらいつのことなのか気になるところです。

| 史跡・古墳・名所等 | 11:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」制作記 1(塗装)
フジミ模型 1/150 法隆寺金堂を組んでみることにしました。
法隆寺金堂

最近、歴史的建築物のプラモデル作りをしておるところですが、あまり懲りすぎると先に進まないという自分の性格を考慮して、できるだけ効率のよい制作手順を探っているところでありまして、今現在の手順を紹介していきたいと思います。まずは塗装に関してですが、特に大きなパーツ以外は基本的にランナーに付いた状態のまま、スプレーで塗装しています。ただし、ちょっと前処理をしておかねばなりません。まずはゲートカットしたところにも塗料が塗られるように、可能な範囲でゲートをカットしておきます。このとき、組み立て時に接着面になるところゲートは残しておきます(塗料が塗られてない方が接着しやすいので)。同時にバリも事前にカッター等で刮いでおきます。写真では緑の丸で囲った部分を処理しておくわけです。
法隆寺金堂
フジミ模型の建物シリーズは、金型の古くなっているキットが多いのか、バリがけっこう凄かったりしますが、再販してくれるだけでもありがたいということで、バリに苦言を言ってはならんと考えております。まあ、組み立て時に処理していないバリを発見したときは、組み立てに支障がない場合は無視して進めるという心の切替も大事かと思います。

前処理が終わったら塗装ですが、缶スプレーばかり使っております。
缶スプレー
今のところ、仏教建築と神社くらいしか買ってないので、色の範囲は限られております。朱壁の赤をどのような色合いにしたらいいかが、けっこう悩ましいところなので、オレンジから赤、茶などが何種類も買ってあります。

だいたい全部塗ったところです。塗装はベランダでやってます。
法隆寺金堂
色は創建当時風に塗ろうとか、劣化色にしようとか、その中間くらいにしておこうとか、いろいろ考えるわけですが、それについて調べたりするのが、私にとっては重要なことで、美術の勉強を兼ねておるわけなのですが、そういう堅苦しいことはともかくとして、元々の成形色にプラスαくらいの色で塗っておくと、ゲートカット跡などの処理で困ることが少ないとは言えるでしょう。

今回は金堂の一番下層の屋根、これは裳階なのですが、板葺きの簡易な屋根であるようなので、上部の瓦屋根との差を付けて塗装しました。
法隆寺金堂
屋根の材質やら、形やら、確認したいと思って、解説や写真をけっこうたくさん見たので、これだけじっくり鑑賞したことはないというくらい法隆寺の写真みまくったので、そこそこ満足であります。

軒の補強の為に後の時代に追加されたという金色の昇り竜、下り竜は、キットではしっかりと金メッキされておりましたが、鮮やか過ぎてまぶしかったので、シルバーのスプレーで黄金色を少し緩和しつつ、ダークグレーを吹いて経年的な感じを試みました。
法隆寺金堂

あと、写真には撮ってませんでしたが、基壇はタミヤの情景テクスチャーペイント「路面 ライトグレイ」を塗って石の質感を出しているのですが、これは水性塗料なので、乾燥後にかなり薄くなるので、けっこう思い切って塗らないとそれっぽくなりません。モールドが消えてしまうの気にして、手加減して塗るとほとんど効果がないという感じになります。なんと、筆を使ったのはここだけです。塗装が終わったので、次は組み立てです。

| 史跡・古墳・名所等 | 09:53 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: