サワー種(ライ麦パン用)を買ってみました。
Amazonでサワー種が売られていたので買ってみました。

サワー種

ホームベーカリーでパンを焼くときに、ライ麦粉を混ぜているのですが、ライ麦は、小麦粉と違ってイーストでは膨らみません。ライ麦を使用する地域(北ヨーロッパなど)では、サワー種というのを作って、それでライ麦パンを膨らませるようなのですが、そのサワー種を用意する方法が大変そうで、今までは試してなかったのです。
今回、売られているというのぎ気がついたので、とりあえず試してみるかという気持ちで買ってみました。

画像に写っている紙のレシピで試してみることにしました。
サワー種
ライ麦のみというのは敷居が高そうな気がしたので、ライ麦と全粒粉半々くらいでいこうと思います。

焼いてみました。
サワー種

ふくらんでいるような、いないような。
サワー種
もともとライ麦パンは、そんなに膨らまず、実が詰まったようなパンなのですが。全粒粉も使っていることを考えると、膨らみが足らないような気がしないでもないです。

パンが固くて、ホームベーカリーの羽がパンの中に残ってしまいました。
サワー種

しかし、スライスしてみると、なんか、いかにもライ麦パンって感じがしているような気がします。
サワー種

| 登山・アウトドア | 02:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
七ツ森の湯名沢林道を歩いてみました。
七ツ森に入るルートはいろいろありますが、清浄山禅興寺裏の林道、湯名沢林道も比較的利用されがちなルートかと思います。そこを歩いてみました。3月初旬頃です。

湯名沢林道です。はじめは田んぼが続きます。
七ツ森林道

奥に見える岩など、七ツ森っぽいですね。
七ツ森林道

七ツ森林道

やがて道が左右に分岐します。
七ツ森林道
左へゆくと、七ツ森遊歩道へ繋がり、大倉山や蜂倉山などに登るルートとなります。ふつうは左にいきます。
右は一本杉林道という林道らしいのですが、そちらはまだ行ったことがないので、歩いてみることにしました。

意外にもかなり立派な林道です。
七ツ森林道

林道って、まめにメンテナンスされてないと、道が崩れてボロボロになるのですが、ここは状態が良好です。
七ツ森林道
奥に遂倉山が見えます。

七ツ森林道

七ツ森林道

綺麗な林道ですね。
七ツ森林道
イノシシ用の罠が見えます。

吉田一本杉に出ました。
七ツ森林道

| 登山・アウトドア | 12:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
山に登りました(七ツ森、蜂倉山)
先日(10月末期ごろ)、山を歩いたので、写真でも載せようと思います。

七ツ森(大和町)です。7つある山のうち、時間と気分次第でどれを登るか選べるのがよいところですが、今回は蜂倉山にしました。
蜂倉は7つの山のうち、最もアクセスしにくい位置にあると思います。と言っても、ちょっと奥だよなぁと思う程度ですが。
しかし、西側から登ると、ちょっとした難所があって、登山気分になれたりします。

というわけで、南川ダム方面から入山し、遊歩道を歩いていきます。
七ツ森、蜂倉山

西側は紅葉が遅いので、黄緑の森となっています。
七ツ森、蜂倉山

で、蜂倉山の山腹を歩いて、一応難所っぽいところに着きました。
七ツ森、蜂倉山
画像の上の方に見えるロープを頼りに、ここを乗り越えるわけです。

こんな感じでしょうか。
七ツ森、蜂倉山

山頂に着きました。
七ツ森、蜂倉山

東側はもうすでに紅葉真っ盛りですなぁ。
七ツ森、蜂倉山
綺麗です。

帰りは、沢の中をジャブジャブ歩いてみました。
七ツ森、蜂倉山

| 登山・アウトドア | 12:26 PM | comments (0) | trackback (0) |
登山:七ツ森(撫倉山、鎌倉山)
5月の連休に山に登ったので、写真を載せたいと思います。

今回は七ツ森(黒川郡大和町)の撫倉山、松倉山に登りました。
七ツ森(撫倉山、松倉山)
手前が松倉、奥が撫倉です。撫倉から登ることにしました。

というわけで、延々と遊歩道を歩いて、撫倉の裏側まで異動します。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

だいぶ歩いてそこそこ疲労してますが、ここからようやく山登りスタートです。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

こんな感じの山道を登ります。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

七ツ森(撫倉山、松倉山)

山頂付近に近づいたところで、山々を見渡しております。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

この後も山頂付近の長い尾根を歩いていくわけですが、こんな感じで大変面白い世界です。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

ハシゴスポットに到着しました。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

ハシゴを登ります。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

その後も岩だらけの尾根を登り続けます。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

軽く休憩しつつ周りの山を見おろします。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

最初の目標である撫倉山の頂上に着きました。
七ツ森(撫倉山、松倉山)

三百メートル台の低山ですが、写真を撮りながら歩いていたので、ずいぶん時間がかかりました。
七ツ森(撫倉山、松倉山)
日差しがだいぶ斜めになっております。

次の目的であるところの松倉山へ急ぎますが、杉林の中に入ったら、だいぶ暗くてちょっと怖い感じがします。
七ツ森(撫倉山、松倉山)
連休中にもかかわらず、誰ともすれ違いません。

というわけで、熊と遭遇したときの為にカネキャップを装備。
七ツ森(撫倉山、松倉山)
おもちゃの銃ですが、けっこう大きな音がします。

山の日没は早いなと思いつつ、杉林を抜けたら、まだ全然明るかったです。
七ツ森(撫倉山、松倉山

こちらが松倉山頂。
七ツ森(撫倉山、松倉山

鬱蒼と茂った森を降ります。
七ツ森(撫倉山、松倉山

急坂で、ロープを掴んで降りる為、軍手装着。
七ツ森(撫倉山、松倉山

暗い森を抜けてなんとか出口にたどり着きました。
七ツ森(撫倉山、松倉山

| 登山・アウトドア | 11:42 PM | comments (0) | trackback (0) |
雪の山に登りました
正月休みに山に登りました。
七ツ森の松倉山と撫倉山。低山にもかかわらず、険しい箇所がいくつかあって、登山したという充実感が味わえるため、気分転換になります。

手前が松倉、奥が撫倉。この2山を登ります。
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

松倉山の登り。
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)
写真では伝わりませんが、かなりの急勾配で体力を消耗します。

松倉山頂
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

葉がすっかり落ちて裸になった落葉樹の中を下ります。
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

再び上り始めて、
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

撫倉山頂です。
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

奥羽山脈方向の眺め。
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

どちらかというとここから本番で、冬に上ると死の世界みたいな険しい道のりになります。
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

右から、大倉山、遂倉山、蜂倉山、鎌倉山
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

何度も通った道なので、スマートに降りられるかと思ってたんですが、雪と泥にまみれて転がるように降りてきました。
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

で、後は遊歩道を延々と歩いて帰る、と。
七ツ森(松倉山、撫倉山 冬)

| 登山・アウトドア | 05:52 PM | comments (2) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: