最近読んだ本:ペヴスナー『モダンデザインの展開』他
昨年は法人の解散に関する諸々の作業に追われていましたが、解散決議後の官報掲載も無事過ぎて精算総会も済んで何もかも終了したところです。世の中何があるかわからないので、もしかしたら何かあるかもしれませんが、そこまで心配しても仕方あるまい。そして私は無職というかフリーというか一介の非常勤講師になり、厚生年金から国民年金変わってとりあえず国民年金は一年分一括で口座振替にしたのですが、やはり一気に口座からなくなると貧乏感な気分になるものです。さらに自動車税を払い、次ぎには国民健康保険料が来るかというところです。なお、住民税も当然払いましたが、こちらは年収の減少により、思いの外安くなっていて胸をなで下ろしたところです。こんなにも安い住民税になってしまった現状が寂しいとも言えますが。そして月1.2万ほど払っていた生命保険を解約しました。会社もないし独身なのに死亡保険は要らぬので、代わりに県民共済にしておきました。以上の如く余計なものがどんどん精算されていっておりますので、後は絵を描いて、そして顔料を作って、そして読書して、とくに洋書を面倒くさがらずに読んで過ごしたいと思います。

N・ペヴスナー(著)『モダンデザインの展開 モリスからグロピウスまで』
近現代デザインについて述べた本としては古典と言ってよいかと思いますが、その後の研究も進んでいるわけで批判もありますが、しかしやはりなかなか素晴らしい本です。前半は建築やデザインというだけでなく、絵画など広く現代美術史の根底に流れる相互の影響をダイナミックに描き出したような名著であり、建築に興味がなかったとしても是非とも読んでおくべき一冊でありましょう。昔々ペヴスナーの本とか訳が分らずちっとも面白くなくてちょっと読んだだけで放棄したものですが、あぁこんなに面白かったのだ。本当に、すごく面白い。が、とは言うものの本書の後半は、建築家と作例の羅列のようになってしまっており少々退屈したうえに唐突に終わってしまって読後感が微妙だったんですが、この当りに関しては別の本を探さねばというところです。

阿部祐太(著)『バウハウスとはなにか』
バウハウスについて書かれた本の中でもけっこう異色作ではないでしょうか。バウハウスという学校を語りつつ哲学について考察を深める、という感じでしょうか。これはもはや哲学書ではないか、と思ったくらいであり、もうバウハウス云々どころではないのではないか、くらいに思うところもありました。私の勉強が足りないだけで、このような研究がされ続けているのでしょうか。しかし単に話が飛躍するというのではなくて、それらについて基本から語ってくれるので様々な物事について勉強になり、あるいは復習になり、読んでいてとても面白かったです。

Pen〈2019年4/1号〉「創設100周年 いま再び注目される バウハウスを知っているか?」
こちらは雑誌と言うこともあって、あまり長い文章ではなさそうだったので電子書籍版を読みました。

野村啓介(著)『ナポレオン四代 二人のフランス皇帝と悲運の後継者たち』読了
有名なナポレオンとナポレオン3世の他、2世、4世までの流れが書かれており、私には大変勉強になりました。ナポレオン3世についての本も買ってあるので、そちらもおいおい読んでいきたいです。で、よく考えてみたんですが、ナポレオン1世の方は池田理代子(著)エロイカ全14巻を読んだだけの知識だけだったかもしれぬので、こちらもちゃんと専門書を読んで勉強したいところです。でも、エロイカ全14巻はとてもいい漫画だなと思います。ベルサイユのばらの続編的な作品ですが、ベルばらより私はこっちを推したいです。

森田義之(著)『メディチ家』
自分、西洋絵画を勉強しつつも、肝心のメディチをあんまりしらないというか、まだあんまり読んですらいなかったのであり、今からちゃんと読む、という決意しつつ、とりあえずこちらの本を読了。はじめに手を付けた本としてはこれはなかなか良い物を選んだのではないかと思います。そして、本書をベースに描かれたと思いわれるマンガ、樋口雅一(著)『マンガ メディチ家物語 フィレンツェ300年の奇跡』も買ってみたのですが、こちらにも目を通すとちょうど復習みたいな感じになって学習としてはとても効果的だったかと思います。マンガだけで読むのではちょっと理解に抜けが多くなりそうなので、両方目を通すのがよいかと思います。なお、メディチ家に関する本は、世に多数出ておりますので、他にもいくつか買ってしまったので、休まず読んでいきたいと思います。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 01:44 AM | comments (0) | trackback (0) |
連休中に読んだ本
連休初日になんか風邪引いたっぽくて、熱とかそんな酷い症状はないのだけれども、喉が痛くて鼻水が出まくって悪寒がしてくらいの比較的軽い症状だけれども、それが長引いて主に本を読んで休んでいたという感じだったのですが、まぁ連休に休んで何が悪いのかという感じではありますな。

宇井丑之助(著)『ジョン・ラスキンの人と思想』
今年はバウハウス創立100年ということで、デザイン関連の勉強を熱心にやっているのだけれども、その前史的なものとして、アーツアンドクラフツ運動やアールヌーボーについてもしっかり学びたい、みたいに思って遡っているうちにラスキンについて読んでいた。この本はAmazonでたまたま格安で買えたというだけの理由で読み始めのだけれども、ネット上で書評等が見受けられなかったので、どのような評価かはわからないけれども、ジョン・ラスキンの全体像を知るうえではなかなかよい本ではないでしょうか。ちなみに今年はジョン・ラスキンは生誕200周年でもあるのですな。

赤根和生(著)『ピート・モンドリアン その人と芸術ー』
バウハウスにもかなりの影響を与えたモンドリアンについてもよく読んでみようと思ったのですが、これもやはりAmazonで古本を安く買えたというだけで選んだのですが、これはとてもいい本ですよ、これを読んでモンドリアンを好きにならない人はいないでしょう。

それから塩野七生(著)ギリシア人の物語3冊
塩野七生(著)『ギリシア人の物語I 民主政のはじまり』
塩野七生(著)『ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊』
塩野七生(著)『ギリシア人の物語III 新しき力』
個人的には『ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊』が最も印象的でした。ここに古代ギリシアが詰まっているというか。ギリシア美術のクラシック期の話でもありますし、是非、ここはおさえておきたいというところもあります。民主制の<崩壊>っぷりを見るのはなかなか寂しいところもありますが。『ギリシア人の物語III 新しき力』はアレキサンダーの物語ですが、できれば、アレキサンダー死後についてもっと読みたかったところです。そしてアレキサンダー後の文化、というかヘレニズム期の文化人についても話を聞きたかった的なところがあり、その点ではギリシア人の物語IIの方が満足度が高いところだったのですが。それと、あとがきっぽいところを読んだら、著者のジャンルが知らぬ間に「歴史エッセイ」となっていたのですが、いろいろと歴史学者絡みであるのでしょうなぁと思ったりましたが、学者の書く本もけっこう苦言を呈したくなるような酷いのあるように思うのですが、それはともかく本作で最後とあったのでたいへん残念です。もっとも、まだ読みかけのが多々あるので、残念がる段階ではないのですが。というか、ローマ人の物語をもう1回読み直したい気がします。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:45 PM | comments (0) | trackback (0) |
トーマス・ハウフェ(著)『近代から現代までのデザイン史入門 1750‐2000年』他
引き続きいろいろ読んでおります。まずは知識不足のところ、自分の弱点といえる部分を克服する感じで勉強したいと、何故か今頃になって奮起してしまって、しかしそうやって考えてみると、全方位弱点だらけではないかという気がしてきてなかなか終りが見えてこない。まぁ、終りはありませんな。

トーマス・ハウフェ(著)『近代から現代までのデザイン史入門 1750‐2000年』
デザイン史の本の中でも、なかなか出色の出来ではないでしょうか。とくに前半部分は個人的に完璧と思いました。翻訳が少々固くて、特に後半は何を言ってるのか分らないところもありましたが、それはともかくとして、人物の紹介や図像の選択などが良くて、教科書としてはなかなか素晴らしい本であります。けっこう網羅的な感じなので、この本の内容を解説してゆけば、デザインについて大いに語れそうな感じであります。

三井秀樹(著)『美の構成学 バウハウスからフラクタルまで』
構成学についての本ですが、前半はバウハウスについて、後半が構成の概要となっていますが、この流れはやはり正しいのでしょう。美大受験生などで、色彩構成、立体構成になかなか身が入らないというか、意味がわからないと感じている人はこれを読むと、きっとやる気が出てくるのではないでしょうか。比例のところでは、やはり黄金比を古代からの美の原理として絶対視しておりますが、そこはちょっと最近の本では否定されつつあるところです。

海野弘(著)『アール・デコの時代』
こちらは学術的な本というよりは情熱的な随筆集的な感じでしたが、今まで関心がなかったジャンルについてぐいぐいと興味を引き起こされるようなところがあって、ちょっとしたカルチャーショックな本でした。

中村るい(著)『ギリシャ美術史入門』
最近、古代彫刻に興味があって、いろいろと小難しい本を読んでいたところですが、ちょっとなかなか基礎的なところが不勉強で読むのが大変だったので、入門書を物色してたどり着いたのですが、これは素晴らしい。単にわかりやすいというだけでなくて、新しいという感じがします。アルカイック期からクラシック期の解説に重点がおかれおり、一般的知名度の高いヘレニズム期についはわりとあっさりしております。しかし読み終えてみるとそれが正解なんだなぁと思いました。以前からなんとなく疑問に思っていたことがバッサリと書かれてあって、気分的にモヤモヤしていたところがスッキリしたという気がして、たいへん気持ちが良かったです。

というわけで、今回の4冊はいずれもたいへんお薦めですので、まだの方は是非読んでみて欲しいところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:08 AM | comments (0) | trackback (0) |
千蔵八郎・他(著)『基本音楽史』(昭和43年4月発行)読了
千蔵八郎・他(著)『基本音楽史』(昭和43年4月発行)

廃棄本をたくさんもらった中の一冊なのですが、古い本ですがとても面白い。古代から中世、ルネサンス、バロック、古典派、ロマンなどど現代まで解説してゆくわけですが、各時代の音楽の話の前にしっかりと世界史について説明するのですが、それがけっこう詳しく解説してあり、ときにはいつまでいっても世界史の話が続くので、いつの間にか世界史の本を読んで気分になってきているうりちに、急に音楽の話になって、あれ?って思ったりする感じであります。世界史好きなので、個人的には読んでてとても面白いのですが、しかも、歴史の流れの説明がなかなかしっかりしており、淡々と説明しているのに、何か重要なポイント的確に突いてきているような、そんな感じの文章であって、昭和40年代とは思えないくらい、解釈の仕方のような感じがします。また、昔の音楽史というと、バロックから始まって、古典派、ロマン派あたりを中心に扱いそうなイメージがあったのですが、古代も中世もルネサンスもけっこう平等に扱っている感じであり、こんなしっかりした本があったのか、と意外に思ったくらいです。音楽史の内容についてですが、過去に何度も読んだものではあるけれども、何度も読んで覚えられるという面もあるので、何度読んでもいいものです。

昨年法人を解散して国民年金に切替えたわけですが、来年度の支払い方法を口座引落にするべく書類を書いて発送しました。1年分前納すると年間4千円ほど安くなるそうなので、そのようにしておきました。しかし20万円近く一気に引き落とされると貧乏な気分になりそうです。今は大丈夫だけれど次回の口座に金が入っているだろうかという心配もありますが、そのときはたんに引き落とされないだけだし、そんなこと気にしなくていいか。社会保険は半額会社が支払ってもらっていたわけですが、しかし自分の会社だと自分で支払っているようなものであり、その点では変わらないのですが、それはともかく個人事業として事業は継続してゆかねば、というか、ちゃんと金を稼がねばと思うのですが、しかしまるで中毒のように本ばかり読んでしまう病みたいな感じで、どうしても読んでします。返信しないといけないメールとか山ほど溜まっているのに読んでしまう。読むほどに自分がいかに無知であったかを思い知るのですが、知らなかったことを知ることが出来るというのが非常に快感で麻薬的なところがあります。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:46 PM | comments (0) | trackback (0) |
バリー・M・カッツ(著)『世界を変える「デザイン」の誕生 シリコンバレーと工業デザインの歴史』
バリー・M・カッツ (著)『世界を変える「デザイン」の誕生 シリコンバレーと工業デザインの歴史』

ちょっと読みにくかったけれども、なかなか興味深い本です。本のタイトル(邦題)はいまいち意味がわからないけれども、副題は具体的であり、シリコンバレーにおける工業デザインの歴史が語られつつ、デザインとは何かという感じの内容になっています。

かつて製品開発は技術者が中心となって行なわれ、デザイナーは最後の最後に呼ばれて基板や部品を覆うカバーを考えるだけ、という程度の存在であり、まさに末端の仕事で、会社から見るとデザイナーというのはエンジニアに成れなかった者がする職業とまで思われていたし、とくにシリコンバレーではデザイナーとすら名乗りもしなかった模様です。しかし、それがやがて製品開発はまずデザインを決定し、それを実現するためにエンジニアが開発する、というように現在はすっかり順序が逆転しています。そこに至るには無数の物語があったはずですが、数十年に渡るその過程がシリコンバレーを舞台に描かれており、これはなかなか勉強になると言えるでしょう。

ほんの20年くらい前は、電気製品の類いは日本製品が世界中を席巻しており、どの分野でも高いシェアを有していたものです。しかし、その後なんだかんだで生産技術が平均化してくると、売れる商品を作るにはデザインがポイントとなってくるわけですが、日本製品はデザインが弱いな、というのはなんとなくみんな思っているんじゃないかと思いますが、あれよという間に急速に存在感を失っていった気がします。デザインというのは、もちろん見た目だけで無くて、ソフトウェアやサービスなども含めてのデザインですが、見た目だけの話をしても、テレビなんか、某レグなんとかは葬式会場に置く為に墓石風にデザインされたのかと思う感じで、なんとも購買意欲湧かない感じでしたが(でも、まぁ買いましたが)、そもそもBCASカードとか使い勝手が悪くなりそうな要素がある時点で駄目なんだと思いますが。特に技術力を喧伝するタイプの電機メーカーにこのような傾向が強く、そしてたいへん残念な末路を向かえてしまいました。技術力は大変大事ですが、しかし工業界がデザインの研究に膨大な投資をしているときに、それに乗り遅れている的なところはあったんじゃないかなと思います。もっとも新しいデザインに投資というのは運ゲー的なところがあるのも確かで、うまく行かなかなかった事例も数多あるのですが、しかし避けては通れないのが現状でありましょう。

というわけで、中高美術の授業で最も強化すべきはプロダクトデザインなのではないだろうか、などと最近よく思ったりするのです。日本のグラフィックデザインはけっこういい線行っているんじゃないかなっていう気はなんとなくするわけです。弱いのはプロダクトかなと。ちなみに教科書の方は時代を反映して絵画もプロダクトデザインも分け隔てなく扱ってます。プロダクトデザインの教員向け研修とかもあったりするのですが、木を削ってスプーンを作る、とかそんな感じだったりするのです。もちろん、まぁ、手に持って使うものですから、それもプロダクトデザインではあるわけですが、なんかそうじゃなくて、時代に合ったものを研究しなくてはならないのではと思ったりします。今の学校では理系エンジニア的な進路の受験で使われる教科が重要であり、美術はそんなに重要ではない的な位置あるわけですが、現在の流れ的には、全てのジャンルにおいて、デザインが中心となって進む状況なので、進路に関係なく強化した方がよさそうな、という気はしますが、美術の時間を増やしてたところで美術教師にそれを扱う能力がない可能性は大であり、あんまり意味ないかもしれません。純粋美術系の学科を出た者が生活の為に先生になるという傾向はどうしてもあるので、現場を知っている人が降臨してくるというのはあまりなさそうです。美大のファイン系と言えば、創作活動というのは展覧会で発表することが目的で、絵を売って生活しているという感じではないような雰囲気の中で育ち、それを美術だと思っているところがあるので、数十年前にふつうにあったような応用美術への偏見を未だに持ち続けている傾向さえあるのではないか。純粋美術と応用美術の差が開きすぎると双方にとってロクがことがない、とウィリアム・モリスも言ったそうですが、まさに日本はその状況なんじゃないでしょうか。

というわけで、このような本を読むべき、というふうに思うわけですが、本書がお薦めできるかどうか微妙です。文章があまり親切でないので、理解するのに時間がかかりましたし、なんか込み入っているところは読み飛ばしてしまいした。シリコンバレーの歴史というか、各企業の名前と業績を知っていないと、全く理解でないと思います。たぶん、ふつうはアップルくらいしかわかんないし、それもiphoneは知っていても、LISAとかの話をされてもピンとこないであろうし。でも、やはり工業デザインの歴史と言えば、なんと言ってもこの辺の話が一番肝であろうし。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:36 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: