最近読んだ本:セッティス『ラオコーン 名声と様式』他
イグナチオ・デ・ロヨラ(著)『ある巡礼者の物語』読了
イエズス会創設者イグナチオ・デ・ロヨラの自叙伝、バロック芸術への影響という意味で読んでみたのだけれども、なかなか強烈な人物である。バロック美術についての本などで言及されることはあまりないと思うのだけれども、この人物がバロック芸術の発生に与えた影響は計り知れないものがあるとか、いろいろ考えたわけですが、それはおいておくとしても、けっこう面白いというか、興味深い生き方なので、一読の価値ありと言えるでしょう。

サルヴァトーレ・セッティス(著)『ラオコーン 名声と様式』読了
ここ最近ずっとルーベンスについていろいろ熱心に読んでいたのだけれども、ローマでの大理石像のデッサンはルーベンス作品の形成に言及せずにはおけない重要な要素ではありますが、特にラオコーン像の素描はよく知られるものですが、先日行ったルーベンス展で実物を見ることができたのでした。が、それはともかく、ラオコーン像というのは、ルーベンスに限らず、ルネサンス後期からバロックに与えた影響は計り知れず、という感じの像であり、もっと詳しくならねば、ということで、ちょっと値段の高い本ですが、買って読んでみました。払った金額を大きく上回る勉強ができました。

ヴルフ・コーノルト(著)『大作曲家 モンテヴェルディ』読了
こちらもルーベンス繋がりで。何しろマントヴァ公国で、同時期にゴンザーガ家に仕えていたわけで。しかし、私は音楽も好きなので、たいへん楽しく読みました。大作曲家過ぎて近づきがたい気がしていましたが、急に身近に感じてしまうような内容でした。ところで、ある図書館が廃棄する本を一部貰ってきたのですが、その中の古い音楽史の本を見たら、モンティヴェルディの項目が無い。パーセルですら載っているのに。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 07:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
最近読んだ本、古田亮(著)『俵屋宗達 琳派の祖の真実』他
古田亮(著)『俵屋宗達 琳派の祖の真実』
風神雷神図屏風模写に象徴される宗達、光琳、抱一の私淑という伝搬は画家にとっては胸を熱くするものがあり、私もこの模写の話は非常に好きであって、美術の勉強というものはこうありたいと思うところでもありますが、しかし同時にこれってどれくらい真実なんだろうか、という疑いも持つのが普通であろうかと思います。本書は宗達贔屓なところがあり、宗達は琳派とは切り離すべきという主張で進みますが、批判的な視線で近代における琳派伝説の形成を論じているので、先のような問には適した一冊かもしれません。<光琳による宗達芸術の改変こそが、いわゆる「琳派」の誕生と呼ぶべきものではないか>というのは、なるほどと思いました。が、宗達だけならともかく、光悦も含めると、やはり光悦・宗達から琳派の発生でいいような気がやっぱりするような気はしますが。話はちょっと変わって、高校美術の教科書を出版する会社は現在2社あって、そのうちのN社の高校美術Iでは、確か平成25年度だったか、ゆとり教育が終了したときの教科書で日本美術の取扱いが一挙に増えて、風神雷神図を見開きで取り上げており、と、それ自体は別に目新しいことではないのですが、この年以降の美術の教科書は、我々が使っていた教科書と比べて随分充実しており、絵具に関しても顔料と媒材と絵具の種類の関係もかならず解説されているという具合になったのですが、それはともかく、同社指導書(教員が参照する教科書の解説書)の鑑賞の指導については、風神雷神図の模写をメインとした琳派伝説が解説されていたんですが、なかなか素晴らしいテキストでした。

保坂清(著)『フェノロサ 「日本美術の恩人」の影の部分』
明治以降の美術ではフェノロサも重要人物ですが、というか、日本画というものの説明をするときにも、美術大学というものを説明するときにも避けて通れないかと思いますが、しかし、フェノロサについては批判的な本を読んでおかないといけないような気がします。

佐藤彰一(著)『宣教のヨーロッパ 大航海時代のイエズス会と托鉢修道会』読了
バロックのことをもっと知りたい。ということを考えていろいろ読んでいるうちに、いつの間にかイエズス会について、あるいはロヨラについて知りたいに変換んされてしまっていたのであるけれども、ザビエルについての本はいっぱいあるが、ロヨラについての本というと、日本語ではあまり見当たらない。本書もロヨラのことはそれほど多くは触れていないけれども、イエズス会の、特に新大陸と東アジアでの活動について知ることができて大変勉強になりました。そしてさらに現在、ウィリアム・バンガード(著)『イエズス会の歴史』も読んでいるところですが、内容が濃すぎて半分で中断しております。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 01:25 AM | comments (0) | trackback (0) |
内藤克彦(著)『シラー (CenturyBooks―人と思想)』読了
シラーは名前は非常に有名だけれども、実はあまり知らなかったので、こちらを読んでみました。シラーに限らず、思想よりは作品に関心がある的なところもあって、「人と思想」シリーズは実は個人的に苦手で途中で投げ出してしまうことも多いのです、シラー巻はそれほど難解でもなく通読できました。代表作については題名だけは知っていましたが、いずれも触れてみたくなりました。と言っても、大半が戯曲なので、どうやって観たらいいものか、舞台を観るのがいいのか、それとも本で台本(戯曲)を読んだらいいのか。学生の頃は文学に多少なりとも関心があってよく読んだものですが、今はもう情報ばかり重視して、小説みたいな物語を読む気力がなかなか起こらない、という具合なので、戯曲を読む、という行為が完遂できるであろうか。そう言えば、オペラ化された作品は観てますが、ヴェルディのドン・カルロスなど。ロッシーニのウィリアム・テルは観てないっすね。以前はイタリアオペラにちょっと偏見があって、ロッシーニ等はスルーする傾向があったけれども、最近、なんかこうあまり好き嫌いがなくなってきているので、今観たら気に入るかもしれないので、観てみたい。とりあえず、DVDでも買ってみたい。そして、『ヴァレンシュタイン』というのが、なかなかの歴史劇大作らしいのだけれども、それを観てみたいのだが。シェイクスピアなどは、舞台の映像がずらっと図書館に置いてあったりするものだけれども、シラーとか、どうなんだろう。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:23 PM | comments (0) | trackback (0) |
モンタネッリ/ジェルヴァーゾ(著)『ルネサンスの歴史(下)反宗教改革期のイタリア』
以下の本を読みました。
モンタネッリ/ジェルヴァーゾ(著)『ルネサンスの歴史(上)黄金世紀のイタリア』
モンタネッリ/ジェルヴァーゾ(著)『ルネサンスの歴史(下)反宗教改革期のイタリア』
美術書的なルネサンスの本はいろいろと読みましたが、何かちょっと物足りないというか、きれい事ばかり書いてあって、どうも嘘っぽい感じがしていて、そこが個人的にいまひとつルネサンス芸術全般をそれほど好きになれない理由でもあった気がするのですが、こちらの本にはルネサンス美術を生み出す原動力となった物事のそれはそれは汚い部分がしっかりと描写されており、これがルネサンスなのだとようやく納得できた気がします。反吐が出るぐらいに滅茶苦茶な世界を2冊の本の中にバランス良くまとめられており、そして壮大な話でも必ず毒舌と皮肉が混ぜられており読んでいてとても楽しかったです。この時代に限ったことではないのですが、ほぼ汚物ですな。もしかしたらルネサンスを挟む中世後期とバロックと比較してもむしろ汚物度が高い時代かもしれません。この本を読んでようやくルネサンス芸術が好きになってきました。素晴らしいです。もうルネサンスに並ならぬ関心が高まってきて、また次々本を買ってしまいました。それと、宗教改革についての本がルターやカルヴァンなど宗教改革側の視点で描かれることが多いような気がして、美術的にはいわゆる対抗宗教改革というものも同じくらい、あるいはむしろそっちの方が影響力があったと思うのですが、対抗宗教改革側の話もしっかり書かれており、そのあたりも読めて大変よかったです。これはその後のバロック芸術を生み出すものです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 01:43 AM | comments (0) | trackback (0) |
ジョセフ・ペレス『ハプスブルク・スペイン 黒い伝説:帝国ななぜ憎まれるか』他読了
最近、スペイン史に関心があって、いろいろ読んでおりますが、最近読んだものは以下のとおり。

西川和子(著)『スペインレコンキスタ時代の王たち: 中世800年の国盗り物語』
イベリア大陸のキリスト教国家の変遷について読んでみたかったので、大変親切そうなこちらの本を読みました。アストゥリアス、レオン、カスティーリャ、ナバラ、アラゴン、バルセロナ等々の王国、伯領など、どんなふうに変わって、合わさってやがてレコンキスタを達成するのか、というのを何となく流れ的なものはわかったような気がしないでもないのですが、人名はさすがに記憶に留めるのは難しい。ほとんど同じ名前で、何世とかで区別されていても、それぞれの王国で同じ名前が登場するし、連合王国の場合はさらに複雑になるしで。まぁ、歴史が専門ではないので、別に覚えなくてもいいのだけれども。

西川和子(著)『スペインフェリペ二世の生涯:慎重王とヨーロッパ王家の王女たち』
カルロス1世の話は、けっこう読む機会があったように思いますが、フェリペ2世を扱った本というのはまだ読んでなかった気がしましたので。実はちょっと暗くて陰湿なイメージを持っておりましが、特にエル・エスコリアル宮殿というのが、現生に対して後ろ向きなふうに勝手に思ってましたが、本書を読んでだいぶイメージが変わった気がします。読んでみてよかったです。

ジョセフ・ペレス(著)『ハプスブルク・スペイン 黒い伝説:帝国ななぜ憎まれるか』
今回読んだ中でも、凄いと思ったのが本書です。日本で絵を描いている人にとってスペインはプラド美術館があったり、ピカソの出身地であったりして、むしろ良いイメージというか、憧れの地であるかと思うのですが、西洋人にとってはヨーロッパの中でも異質な存在であり、ときに非常にネガティブなイメージとなっていたりするのです。大航海時代の南米他での殺戮、異端審問所、長い間イタリアの大部分を支配していたこと、中世の長い間イスラムに支配されていたということと、イスラム教徒のみならずユダヤ教徒も多かったことなどから、ヨーロッパの大部分から見ると、異質なものとして見られていたというのはあるでしょう。そのような黒い噂を検証してゆく本です。結論から言えば、そのような噂は実はネーデルラント北部のプロテスタントによるプロパガンダによるところが大きく、過大に喧伝されてそれが史実のように語られてきたというものですが。特にネガティブなイメージを代表するのフェリペ2世であり、不思議なことに父親のカルロス1世の方は、なんだかんだで尊敬されてしまう存在なのですが、実際は、フェリペ2世はカルロス1世の方針を踏襲しているだけで、やっている事に違いはないのに、なぜそうなったのか。しかも、フェリペ2世に対しては制作に対してだけではなくて、個人の人格攻撃も凄まじいものがありました。オペラで有名なドン・カルロスの物語となるスキャンダルも、おそらく捏造なのでしょう。こちらはどの本でも史実はカルロス王子に問題があったとは普通書かれてありますが。しかし、この本はスペインの話かと思いきや、世界史規模の話になってゆきます。産業革命や近代科学の発展を享受したのは、ヨーロッパの北半分、主にプロテスタントであり、アングロサクソンあるいはゲルマン人の方であり、南側、イタリアやスペインは近代以降びっくりするぐらい急激に衰退します。アメリカ大陸でもプロテスタントでありアングロサクソン系のアメリカ合衆国の発展と比べると中南米のラテンアメリカは未だに貧困と混乱で、となると、プロテスタント諸国の自由主義ことが経済と科学の発展に相応しかったとなる。けれども、本当だろうか、と検証が進みます。その内容よりも、世界を分けると西洋文明とその他、という括りが真っ先に思い付くけれども、世界的にはラテンとプロテスタントというのでもけっこうきっちり別れているものだなと改めて思いました。この本の内容に付いてまだまだ書きたいことがあるくらいです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:16 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: