農業用資材で漆喰を作る。
東北地方のホームセンターは農業用資材の品揃えが豊富で、しかも安いので、そられを使って消石灰と砂を混ぜただけのヨーロッパ的漆喰を作ってみる。

まずは、その名も「砂」
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る
下地用ということで、粗い砂でかまわない。値段は忘れたけど20kgで数百円。本当は川で採ってくるとカッコいいのかもしれないが。

砂を洗う。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る

これくらいでよろしいですかね。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る

消石灰も、農業用資材として売られている。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る
農業用品コーナーに置いてあったというだけで、べつに農業専用製品というわけでもないとは思う。これも数百円である。
ジュゼッピーナ・チェルッリ イレッリ『ポンペイの壁画(2)』の巻末に、ポンペイのフレスコ技法について書かれた、ラインハルト・マイヤー=グラフトの「ローマの壁画技法」という箇所があるのだけど、今日の消石灰について、「・・・伝統的な手仕事によって1000年もの長い間保存されてきたものは、極めて短い期間に、安価で使い道の少ない、肥料に役立つのがせいぜいといった原料 - 今日出回っている、電気で焼かれた袋入り石灰 - へと堕落する・・・」などと書かれている。これではちょっと、石灰メーカーさんと農家さんに失礼な気もするけど、フレスコ画や漆喰には理想的ではないという話は聞きますね。

ちなみに、昔は消石灰が運動場のライン引きに使われていて、アルカリ度が高いせいか喉や目が痛くなったりしたけど、現在はただの石灰(炭酸カルシウム)に切り替わっているようである。ライン引き用の粉はホームセンターにはなかった。

水と砂の入ったタライに、消石灰を入れる。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る

よく攪拌して、漆喰を作る。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る

古い車庫の壁を実験台にして塗ってみるのだが、
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る

刷毛を使って壁に水を染み込ませる。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る
これをやらないと漆喰の水分が壁面が吸い取って、ひび割れや剥離の原因となる。

漆喰を塗る。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る
もうちょっとゆるい方がよかったか。

こんな感じに仕上がる。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る
今回は少量しか作らなかったけど、問題なければ改めて大量生産したい。

数日経ったが、それなりに固まっている。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る

薄く塗った箇所は、壁材のヤニや積年の汚れが染み出したのか、黄色くなっている。
農業用資材(砂と消石灰)で漆喰を作る

| 絵画材料 | 11:52 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1000

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: