弦楽四重奏曲版のレクイエム
モーツァルトのレクイエムというと、クラシック音楽を聴き始めの頃は夢中になっていろんなCDを聴いたもんです。まぁ、ふつう聴きますわな。ベームとか、いろんなCD買って。
映画『アマデウス』の中での使われ方は、超絶的にかっこ良かった。


しかし、モーツァルトのいろんな曲を聴くようになると、レクイエムは意外と聴かなくなってくるものじゃなかろうかと。普段の生活であんまりレクイエムって流さないものだし、基本的に暗いし。暗い気分のときに聴きたくなるかと言えば、むしろ益々暗い気分になるわけで。私もすっかりレクイエムはご無沙汰でしたが、弦楽四重奏曲に編曲したモーツァルトのレクイエムというのを聴いてみたら、これはなかなか素晴らしい。


編曲はペーター・リヒテンタール(1780-1853)。歌がないと物足りないというコメントを述べる方が必ずいらっしゃるけれども、弦楽四重奏版は、これはこれで代え難い世界を作り出しているのではないかと。何より、普段の作業用BGMとしてもいけそうな点がよろしいです。
ちなみに、CDはHMVで購入できます。→ 弦楽四重奏版レクィエム クイケン四重奏団

その他の曲に関しても弦楽四重奏編曲版のCDを買ったりなどしてたんですが、オケ版よりもしっとりを聴けるのではないかと思いきや、ちょっと演奏者が気合いが入ってしまうと、大人数のオーケストラよりむしろ音の強弱の差が大きくなったりして、自宅などで普通に聴くときに耳障りだったりする部分ができてしまうのが難点だったり。

ちなみに、レクイエムを普通に演奏したものの中では、下記のものが好きです。

女声部分を少年合唱団が歌っています。動画では1960年及び1996年に録音されたものが流れますが、1960年の方がいいっすね。

| 音楽 | 12:01 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1122

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: