ブナ、キハダ、メタセコイア、アケビの苗を購入
ブナの苗も買いました。
ブナ
小さな苗なのに、妙に風格がありますね。わざわざ買わなくても、どっかに生えてそうな気もしますが、それはまぁ、いいでしょう。イタリアの板絵はかなりの頻度でポプラ材だったようですが、北の支持体は、必ずしもオークに限定されていたわけではなく、ブナなども多く使われていたようです。というわけで、これも絵画材料の勉強の為に買ったわけです。本当はヨーロッパブナの苗を入手したかったのですが、在庫切れのショップが多く、選択肢が少なかったので、また別のタイミングでいきたいと思います。
オークの方も、日本でよく見るコナラ、ミズナラを植えた植え、イングリッシュオークも植えて観察しているので、ブナも両方見てもいいかなと。コナラ、ミズナラ、ブナあたりは、近く山にゆけばいつでも見られるので、わざわざ庭に生えていなくてもよさそうですが、苗の頃から成長を見届けると種類の判別等に役立ったり、思い入れが深くなったりするかと思うので、植えてときどき眺めて、写真を撮ったりするのは、やはり必要なことではないかなどと思っています。そして、ブナはブナ科ブナ属、オークはブナ科コナラ属などと唱えるわけです。
いずれの樹木も放っておくと巨木になるから、数年見守った後に抜いて捨ててしまわねばなりません。もったいないことです。ミズナラは現在、樹皮がわずかにミズナラっぽくなってきて、ようやくちょっとだけそれらしくなってきたところなのですが、すでになんか大きいなと感じています。あまり育つと根まで取り去るのに丸1日かかったりしますからね。

キハダの苗です。
キハダの苗
黄色い染料が取れることで知られるキハダです。染料店買ったキハダは使用したことがあり、当ブログでも紹介しています。
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=455
薬用植物としても知られています。困ったことに、この木も大きくなりますが、染料としても薬としても有用なので、大きくなっても残しておきたい気がします。胃腸の調子が悪いというときに、これを飲んだらかっこいいような。

メタセコイア
メタセコイア
化石でしか残っていない樹木と思われていましたが、中国に同種とされる林があり、さらに成長が早いということで、日本でもあちこちで植えられています。セコイアとの違いは、なんと言っても落葉樹という点でしょうか。紅葉が綺麗です。絵画材料の歴史とは関係なさそうですし、今は珍しくもないので、買わなくてもよかったもしれません。しかもものすごい高木だし。

アケビ
アケビ
アケビを植えました。ツタが静物画のモチーフとして役に立つかもしれません。と言っても、その辺の山にいけば、いくらでも見つかりますが。。

| 家庭園芸 | 08:31 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1179

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: