映画『トラトラトラ!』を観る。
監督:リチャード・フライシャー、舛田利雄、 深作欣二 
制作:1970

特撮が凄い。『空軍大戦略』とまではいかないが、それに近い高級感が漂っている。技術的には70年の作品としては完璧じゃなかろうか。脚本も、日米合作だけあって一方の国のプロパガンダ的要素がなく、史実の再現に努めている。ただ、私としては本やらドキュメンタリービデオなどで数限りなく観ている展開なので、これと言って新たに得られる知識もなく、そういう意味ではこの脚本は正直ちょっと退屈だったかもしれない。と、書くと映画そのもの楽しむ気はないのだなと思われそうだが、その通りかもしれない。むしろ解説音声が興味深い。日本側の監督を担当するはずだった黒澤明が降板してしまうという事件のあった映画だが、そのためか解説音声の展開もかなりスリリングなものになっている。っていうか、聞いててけっこうハラハラしたよ、マジで。


| 映画 | 12:35 AM | comments (0) | trackback (1) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/127
「黒澤明VS.ハリウッド」
※映画レビューと併載します

僕が黒澤マニアであることは、これまでも書かせていただいたし、ブログのタイトルから言ってもご存知のとおりである。で、色んな黒澤論を読んで来
| 敬愛する黒澤明よ! | 2006/04/30 09:10 AM |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: