超解読!はじめてのカント『純粋理性批判』
私もかつて学生時代に哲学書を読もうと試みたことがありましたが、難解な本が多くて挫折したものです。けっこう、かなりに熱意を持って理解しようとしてみたはずではあったのですが・・・。一昔前の解説書、入門書は酷いものが多かったと思います。いいものもありましたが、大半はそれはそれはもう・・・。そして、原書も今思うと単に難解だったというより、どうも翻訳も無駄に読みにくい感じに訳してしまう傾向があったように思います。それを差し引いても哲学書は一般的に難解で、そして分量も多いというのが常ですが、そもそも哲学書は優れた講師の授業とセットで成り立つものなのかもしれません。日本だと、哲学専攻でない限りは、偶然そういう講義を受講できた場合に出会えるという類いのものと言えるでしょう。けれどもやはり洋画専攻としては、西洋人的には西洋哲学はベースの教養としてあるのだろうな、という面もいろいろ感じることがあるわけで、教養としても捨て置けないところあるのではないかという気はします。まぁ、私としては存在論に関心が高くて興味津々だったわけですが。

哲学入門にはよい導き手が絶対不可欠であろうと思います。しかして、最近の哲学入門書は非常に解りやすくなっているということに気が付いてここにきていろいろ読みあさっています。もちろん今でも駄目な入門書はいっぱいあります。特にマンガ化系は総じてちょっとどうかなというのが多かったです。酷いときには書物の内容では無くて、ほとんど著者の人生を描いただけみたいなものもあり、伝記マンガとして売るならともかく、書物をマンガ化したと騙って売られているので注意して欲しいところです。かりにコンパクトにまとめられていたとしても、哲学書の場合はあまり簡単にわかるようにしてもいけないところがあります。結論も大事ですが、そこに至るまでの工程とか考えみたいなものも非常に重要な役割を果たしているものなので、大著をそれなりに追っていく感じも必要かと思います。というわけで、最近買ったの中で特によかったのが、竹田青嗣(著)超解読!はじめてのカント『純粋理性批判』です。難易度のバランスが最高と言えるでしょう。というようなことは、素人の私に判断できることではないのですが、でも書評を見てもそんな感じです。こうやって触れてみると、カントの方はけっこう明快な理論ですよね。たぶん昔からある訳語のせいで損している部分もあるかと思います。内容を簡単に言えば、物が存在するといういかなることか、存在の原因となる絶対者は居るのか、そのような存在論の重要なテーマを人間の認識力で理解することができるのか、論じることが、あるいは証明することが可能なのか、ということを検証するというか、言い換えると何処までが人間の認識が扱える範囲かというの検証している、という感じの内容ですが、その工程とか結論には同意できるところとそうでないところかいろいろあるかと思います。しかし、後の世からこうしてみると、その後の存在論の展開とかどばっと出てきそうな感じになってるような気がするのは気のせいでしょうか。他にもいろいろい買っているので、徐々にレビューしていきたいところですが、同時にやはり存在論について私見も述べていきたいと思います。私は別にそんなことを述べる程の人物ではないのですが、しかし、常々思うのですが、日本の洋画家に限れば、存在の驚異を描けているのは岸田劉生ただひとりなのではないか、という持論について検証していきたいところです。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:36 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1382

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: