ティントナー:ブルックナー交響曲全集を買う
また無駄なものを買ってしまいました。
ティントナー
ティントナー/ブルックナー:交響曲全集
http://www.hmv.co.jp/news/article/1401300027/

もっと他に買うべき物がたくさんあるような気がするのですが。

最近、ブルックナーの交響曲第3番を良く聴くようになっており、頭の中で絶えずブルックナーが響いている感じなのですが、しかしながらこの第3番、ブルックナーの交響曲の中でも個人的にあまり積極的に聴こうとは思わない曲でした。むしろ初期作品である1~2番の方が好きだったくらいです。もともとブルックナーの曲は、いずれもいきなり魅力がわかるようなものではないのですが、そんな中でも最後までよくわからない曲だというのが正直な印象だったわけです。この曲の理解しがたさは、初めて演奏されたときのエピソードに現れているかと思います。初演はブルックナー自身が指揮をすることになったのですが、当時やはり曲の良さが理解してもらえず、楽章の合間毎に次々と聴衆が帰ってゆき、演奏を終える頃には数人しか残っていなかった。さらに団員までもそそくさと帰ってしまい、ステージにブルックナー1人取り残されたとか。このときのショックでブルックナーは1年間、作曲ができず、毎日ドナウ川に通って川岸の砂粒を数える日々が続いたという話です(普段から砂粒に限らずなんでも数える癖があったそうですが)。クラシック音楽では、今は名曲として知られる曲でも、初演時は意外と失敗しているケースが少なくないのですが、その中でも、ダントツの不遇さで伝説として語り継がれるレベルといえるでしょう。

それはともかくとして、私としては、これもまた理由はよくわからないのですが、最近になってなんとなく部分的にいいなぁと思いはじめ、そして気が付いたらかなりお気に入りの曲になっていました。これは演奏によっても、違うかと思います。CDによってはどの部分を聴いてもさっぱり良くないのですが、いい演奏だと、どの部分も味わい深い旋律のように聴こえてきます。ニ短調ということもあり、どことなく遺作である第9番に通ずる雰囲気が漂っています。

この曲は最初に作曲されたときの状態である第1稿、作曲が自身が後に改訂した第2稿、晩年にさらに改訂した第3稿があるのですが、ふつう演奏されるのは、第2稿か第3稿になります。先の初演の話の時点で、既に第2稿だったようなので、やはり晩年の第3稿と第2稿のいずれで演奏するかが問題となります。その2つのうちでも、校訂者によっても微妙に譜面が違っており、マニアの方々の間で熱く議論されていたりします。ちなみに演奏時間は、第2稿が平均60分、第3稿が55分となっていますで、最終的にけっこうカットされているところが多いと言えます。従って、どちらかというと第2稿の方が好まれる傾向があるようです。ブルックナーは自分の作品をやたら改訂することで知られていますが、技術的に成熟した晩年の改訂の方がよく出来ているのではないかとふつう思うところが、実際は改訂によってカットされる部分が多くて、逆にスケールダウンしてしまうこともあるのです。第3稿はちょっと終楽章が短くて物足りないかな、とか、感じるわけです。

そして、ほとんど話題になっていない第1稿はさらに長い状態であり、70分くらいの演奏時間になります。第2稿改定時に大幅にカットされており、元はかなりの大曲だったようなのです。となると、やはり第1稿を聴いてみなければならんという気持ちになってくるわけです。ネットで検索しつつ、いろいろ調べてみましたが、第1稿の演奏という、かなり限られた音源の中でも特に評判がよいのが、ティントナー指揮のCDでして、そんなわけで、ここまで説明が長くなりましたが、今回購入した件となります。単品で第3番だけのCDを買った方が安く済むのですが、ティントナーという人物の来歴を読んでいたら、思わず全集のBOXを買わずにいられませんでした。

さっそく聴きました。ブルックナー交響曲第3番の第1稿。演奏が遅めのテンポのせいもありますが、全体で77分もあり、ブルックナー後期の大曲に匹敵する作品となっています。第1楽章がなんと30分もかかる。第2楽章もたいへん雄大な感じで、演奏も曲も共に素晴らしいと言えます。第3楽章も。そしてフィナーレも充分に長く、むしろかくあるべきといった感じです。第3稿では短すぎてオマケみたいになっていますが、本来こちらの方がずっとバランスが良いんじゃ思われます。これを聴いてしまうと、もう第3はこれしかないんじゃないだろうか、的に思うのですが如何でしょう。

このBOXには、習作とされる0番、00番も含めて計11曲が収められているので、順次聴いていきたいと思います。放置して忘れてしまう可能性も高いですが。。。

| 音楽 | 10:35 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1389

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: