ホップを食べてみる
ホップ
庭にホップを植えていましたが、たくさん実がなっているので、天ぷらにしてました。
ホップ
ビールの風味付けに使われるホップですが、確かにビールみたいな味がします。

ウィキペディアによると「毬花はビールの原料の一つで、苦味、香り、泡に重要であり、また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがある」ということなので、ホップがあってこそのビールですね。ただし、シューメル人から始まるビールの歴史では、ホップを使い始めたのはそれほど古いことでないそうで。この前購入した『聖ヒルデガルドの医学と自然学』には「・・・ホップの苦みは飲料を損なう物質を抑制するので、添加すると飲料を長持ちさせる・・」と書かれてありましたが、軽く検索した感じだと、ビールへのホップ添加について述べた最初の人物の可能性もあり、だとすると個人的に私の中で聖ヒルデガルド(1098 - 1179)の評価が非常に高まる可能性もあります。ASAHIのwebサイトでは、「ホップを初めてビールに添加したのは、12世紀にライン河畔にあったルプレヒトベルグ女子修道院のヒルデガルディス院長と言われています」と書かれてありますが、これは聖ヒルデガルトのことなんでしょうか。聖ヒルデガルト、一冊読んでもういいやと思っていましたが、もうちょっといろいろ読んでみなければと思い直しました。中世にありがちなただの神秘家だと思っていましたが、ビールにホップを使い始めたとなったら、人類への貢献度においては、名だたる中世神学者を追い抜いて、中世最高の博士と評してもよろしいかと思います。

| 家庭園芸 | 11:18 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1393

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: