ガーディナーのバロック音楽のCDを3種買いました。
最近、バロック芸術について熱心にいろいろ読んでいたんですが、その中でも中島智章(著)『図説 バロック』(ふくろうの本/世界の文化)というのが、個人的な印象としては最も良い本ではないかと思うようになってきました。建築や都市計画を中心に扱われており、絵画や彫刻は二の次的になっているような気がしますが、まさにそこがバロックを語る上で重要だと思うようになりました。そして、音楽についてもしっかり語られている点もよろしいかと。バロック美術と、バロック音楽はそれぞれの専門家が別の本で述べるようなものという思い込みがありましたが、こちらはしっかり言及されている、しかも音楽を教科書的に述べるのでは無くて、バロック音楽をかなり深く、そして楽しみつつ聴いてきたのだなぁというのが伝わってきて、それを読んでいたら、私も聴きたくなってきました。バロック音楽初期の大作曲家モンテヴェルディの著名なオペラはかつてDVDを買いあさりましたが、他にも初期から盛期バロックの重要なオペラ作家は居ましたので、それも買わねばならぬ。といろいろ物色しているところです。ちなみに、探して驚いたのは、バロックオペラ最大のイベントと思われるマルカントニオ・チェスティの「黄金のリンゴ」の音声らしいものが、youtubeに上がっていたことですが、それはまぁ、機会があったら述べたいところです。絵描きや美術愛好家にはバロック好きの人は多い、そして音楽好きの人にもバロック好きの人は多いのですが、実はほとんどの人はバロックというものの、ほんの一部しか知らない、あるいはたまたま現代人に理解しやすい部分だけを抜き取ってそこだけでバロックのイメージを作っているようなところがあると思います。それはそれでまぁ、いいのかもしれませんが。音楽でバロックと言えば、誰もがバッハを思い浮かべますが、バッハは確かにバロックを代表する作曲家ではありますが、しかし、本当にバロックを体現した作曲家は、もっと他にたくさん居て、一般的には忘れているのではないかと。モンテヴェルディはけっこう知名度も高く、そして、現代でも評価が高いと思いますが、その辺のちょっと音楽が好きな人に聞いても誰も知らんことでしょう。よくバッハのことを音楽の父と言いますが、どう考えてもルネサンスポリフォニーから、バロックオペラの橋渡しをしたモンテヴェルディの方が、現代のクラシック音楽の父ではなかろうかと。まぁ、しかし、そんなことは置いておくとして、とりあえず、ガーディナーのCDをまたいろいろ買いました。まずは、バッハの管弦楽組曲(ガーディナー/イングリッシュ・バロック・ソロイスツ)、バッハの管弦楽組曲は誰も知っている名曲揃いですが、私は特に第2番ロ短調が好きです。短調のバロック曲というだけで、心を揺さぶられるものがありますが、これは長年、ミュンヒンガーのCDを愛聴しておりましたが、このガーディナーの演奏は、それと比べるとあまりのスピード感で、早口言葉かよ、という感じなのですが、序曲は旋律が聞き取れない程でした。しかし慣れるとけっこう癖になります。こちらの方がずっとバロックっぽいなという気もします。こちらに慣れてしまうと、戻れないような気もします。しかし今のところ、どちらか一方を選べと言われたら、ミュンヒンガーの方を選ぶとは思いますが。そしてヘンデルのオラトリオ「メサイヤ」(ガーディナー/モンテヴェルディ合唱団)、メサイヤは大仰な演奏が多くて、あんまり好きではないのですが、こちらはヘンデル時代を再現するかのようなピリオド演奏です。一回聴き通してみましたが、清明で聴きやすい演奏です。そして、たぶん小編成だと思いますが、盛り上がるところは盛り上がります。CDで聴く場合はこちらの方がよいかもしれません。しかし、メサイヤって英語なんですね。ラテン語、ドイツ語、イタリア語と違って、英語の宗教曲ってちょっと違和感ありますな。それから、カリッシミ:最後の審判(ガーディナー/モンテヴェルディ合唱団 )。こちらは盛期バロックの作曲家。安かったので思わず買ってしまいました。バロックという時代はけっこう長い。そして、まだまだ知らないことがたくさんある。古典派以降の音楽はめぼしいものはだいぶ聴きましたが、バロックはまだまだカオス的に膨大な世界が広がっているので、こちらを探っていきたいところです。

| 音楽 | 03:16 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1402

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: