オオヤマト古墳群踏破その2 ホケノ山古墳
箸墓の他には、いくつかの纏向型前方後円墳が点在するが、そのうちひとつでも見て置こうかと、わりとすぐ近くのホケノ山古墳を目指して歩きます。三輪山が見える。
ホケノ山古墳

ホケノ山古墳
ホケノ山古墳
おそらくは箸墓の直前くらいの時代の古墳ではなかろうか、という感じの古墳。
ちょっと前までは炭素年代測定法などの結果により、箸墓は卑弥呼の墓の最有力候補という感じでしたが、極最近は炭素年代測定法にも誤差があるのでまだわからんなという論調になってきているようなところですが、ホケノ山古墳ではさすがに規模が小さいですかね。
ホケノ山古墳

ホケノ山古墳の上から、箸墓を見たところ。
箸墓古墳
やはりデカい。

すぐ近くには国津神社(桜井市箸中)
ホケノ山古墳

ホケノ山古墳

ちょっと南に足を伸ばして茅原大墓古墳も見る。
茅原大墓古墳
こちらは増築年代はだいぶあとで、時代はすでに大王墓は奈良北部や河内の方に移動していた頃の古墳。

| 史跡・古墳・名所等 | 10:05 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1455

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: