最近読んだ本、古田亮(著)『俵屋宗達 琳派の祖の真実』他
古田亮(著)『俵屋宗達 琳派の祖の真実』
風神雷神図屏風模写に象徴される宗達、光琳、抱一の私淑という伝搬は画家にとっては胸を熱くするものがあり、私もこの模写の話は非常に好きであって、美術の勉強というものはこうありたいと思うところでもありますが、しかし同時にこれってどれくらい真実なんだろうか、という疑いも持つのが普通であろうかと思います。本書は宗達贔屓なところがあり、宗達は琳派とは切り離すべきという主張で進みますが、批判的な視線で近代における琳派伝説の形成を論じているので、先のような問には適した一冊かもしれません。<光琳による宗達芸術の改変こそが、いわゆる「琳派」の誕生と呼ぶべきものではないか>というのは、なるほどと思いました。が、宗達だけならともかく、光悦も含めると、やはり光悦・宗達から琳派の発生でいいような気がやっぱりするような気はしますが。話はちょっと変わって、高校美術の教科書を出版する会社は現在2社あって、そのうちのN社の高校美術Iでは、確か平成25年度だったか、ゆとり教育が終了したときの教科書で日本美術の取扱いが一挙に増えて、風神雷神図を見開きで取り上げており、と、それ自体は別に目新しいことではないのですが、この年以降の美術の教科書は、我々が使っていた教科書と比べて随分充実しており、絵具に関しても顔料と媒材と絵具の種類の関係もかならず解説されているという具合になったのですが、それはともかく、同社指導書(教員が参照する教科書の解説書)の鑑賞の指導については、風神雷神図の模写をメインとした琳派伝説が解説されていたんですが、なかなか素晴らしいテキストでした。

保坂清(著)『フェノロサ 「日本美術の恩人」の影の部分』
明治以降の美術ではフェノロサも重要人物ですが、というか、日本画というものの説明をするときにも、美術大学というものを説明するときにも避けて通れないかと思いますが、しかし、フェノロサについては批判的な本を読んでおかないといけないような気がします。

佐藤彰一(著)『宣教のヨーロッパ 大航海時代のイエズス会と托鉢修道会』読了
バロックのことをもっと知りたい。ということを考えていろいろ読んでいるうちに、いつの間にかイエズス会について、あるいはロヨラについて知りたいに変換んされてしまっていたのであるけれども、ザビエルについての本はいっぱいあるが、ロヨラについての本というと、日本語ではあまり見当たらない。本書もロヨラのことはそれほど多くは触れていないけれども、イエズス会の、特に新大陸と東アジアでの活動について知ることができて大変勉強になりました。そしてさらに現在、ウィリアム・バンガード(著)『イエズス会の歴史』も読んでいるところですが、内容が濃すぎて半分で中断しております。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 01:25 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1483

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: