最近読んだ本:太田静六(著)『ギリシア神殿とペルシア宮殿』他
自室のエアコンは気が付けば買ってからだいぶ年数が経って、そろそろ寿命なのかさっぱり冷えないので、暑い日は図書館をうろうろしているのだが、いっきに本を買いすぎて、あと一気に一年分の税金も払ってしまって、これ以上買ってはならぬということもあって、できるだけ図書館を活用しよう、と思って出かけているのだけれども、どちらかというと大崎市図書館の方が涼しい。大崎市に税金払ってないし、大崎市に務めているわけでもないので、ちょっと利用に気が引けるが、主戦場は宮城県図書館である。立派な建物であるが、空調は大変そうでありますな。というわけで最近読んだ本ですが、

太田静六(著)『ギリシア神殿とペルシア宮殿』1994
蔵書を検索して書庫から出してもらったのですが、軽い気持ちで借りてきたかけですが、半分ほど読んだところで、あまりにも感銘を受けすぎて結局注文してしまいました。品切れなので中古ですが、3500円くらいで大変良い状態のものが手に入った。読み終えて振り返ってみると、ドリス式神殿の啓蒙書なのではないか、と思うくらいにドリス式オーダーの魅力に溢れている一冊であったかな、という印象です。写真は全て著者が主に60年代頃に撮ったものらしいのだけれども、とてもいい感じの写真です。そして本文がそれに劣らずとても良い。個人的にギリシャ建築とか西洋建築全般の本をちょくちょく読んでいるのだけれども、言わんとしていることが理解できないことも多くて、気合い入れて読めばいいのだけど、全部気合い入れて読んでたら疲れるのだが、しかしこの本は自然に読んでだけでだいたい理解できる位の難易度で書かれていて、するっと頭に入ってくる。実際には小難しい本と同じ事を語っているのだから、文章が上手いのでしょう。あるいは説明をサボっていない、ということでしょうか。さらに全体の構成というか、紹介する神殿の順番とかその辺も実はよく考えてられているのではないかとも思います。

桜井万里子(著),本村凌二(著)『世界の歴史 (5) ギリシアとローマ』1997
古代ギリシア史の本に夢中になっているところなので、何を読んでも面白いというか、まぁ、同じような内容ではあるけど復習になっていいし、毎回何かしら発見があるというか、とりあえず、前半のギリシャ史は面白かった。ローマの方は領域的にも時間的にも遥かに大きいので紙数的に無理があるような気がしつつ読んでいたけれども、それなりに過去に読んでいたので、何を言っているのかわかるけれども、いきなりこれを読んだらなんのことやらと思う部分はありました。個人的は楽しく読んでましたが、これを高校生が読んだならと想定すると、ローマ史の啓蒙書とはならないようなところはあります。

アレクサンドル・ファルヌー(著)『ホメロス:史上最高の文学者』知の再発見双書
こちらも図書館から借りて読んだんですが、知の再発見双書は図版が多くて分りやすいけれども、その分本文が少なめになので、さらっと読めて借りて読んでも良さそうなボリュームである。

バウハウス叢書別冊1『バウハウスとその周辺〈1〉美術・デザイン・政治・教育』1996
教育関連の図書では、バウハウスについての本は大概何を読んでも面白いと思うので、ついつい買っては読んでしまう。私個人の価値観としては、表現主義的なものよりも、構成主義とか、合理的な、あるいは生産的な考え方に共鳴するところがあり、初期バウハウスが表現主義的傾向から、デ・ステイルなどの影響を受けて急激に転向するあたりはなんとなく気持ちがいい。しかもめまぐるしく急激に物事が進んでゆくのであるが、そこは1910~1920年あたりに急激に抽象主義絵画が進展してピークに至るところで美術史的にも面白い。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 01:09 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1503

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: