100 Best Baroque Music というのを買ってみた
6枚組CDで100入りの、100BESTなんとかというオムニバス形式のセットが、クラシックから洋楽までさまざまなジャンルで出ておりますが、バロック音楽も何種類かあって、前から何か買ってみたいと気になってたんですが、100 Best Baroque Music(Warner Classics)という輸入盤のものを買ってみた。Amazonで送料込1300円前後と非常にお安いのだけれども、このセット、各CDへのジャンル分けが国または地域別になっており、1枚目はパーセル、ヘンデルを中心としたイギリス編、2枚目はヘンデル、モンテヴェィルディなどのイタリア編、3枚目はヴィバルディ、ペルゴレージ、スカルラッティなどの地中海編、4枚目はリュリ、クープラン、ラモー他数多のフランスバロック、5枚目はバッハとその時代編、6枚目はバッハとその一族という具合なのだけれども、一般的にはあまり名前が知られていない作曲家も取りあげられているなど、なんとなく学究的な感じがするところがクラオタには好感度高いかと思われます。格安セットであり、解説の冊子などもありませんが、自分で調べるなどしたくなるところもあり、ちょっと勉強になるような気がします。他のセットだと、誰もが知っているような曲を、曲調を揃える感じで並べれてて聞きやすくというムード音楽的な構成になっているのだけれども、それらとはちょっと別傾向なんじゃないかと思われます。これはなかなかいい買い物をしました。

さらにオペラの聴き所がつまったCDを持っててもいいかな、と思って同じく6枚組のベスト・オペラ100(EMIミュージック・ジャパン)を買ってみました。オペラ編も何種類か出ていますが、気に入っている曲目ができるだけ収録されているものを選んで買いました。しかし各CDへの収録方法がけっこうバラバラで、同じ曲からの歌が別のCDに収まっていたりして、CDという媒体としてちょっと不便な感じが。そもそもがやはり一曲を通して聴くのが良くて、抜き出して聴いてもいまいち感動しない、という問題もありますが、それはともかくとして、同じ作曲家とか、同じ曲とかは続けて聴けた方がいいような気がするのですが。なお、国内版なので、多少曲の解説がされた紙が付属しております。

その他のものとしては前に書いたかもしれないけれども、やはりCD6枚組である100 Best Wagnerというのが素晴らしい。6枚組だけあって、他の1、2枚のワーグナーオムニバスよりずっと充実しています。CD2枚目の指輪抜粋編が丸ごとハイティンクの録音だったので、そこは既にBOXCDを持っていたのが残念というか、それはべつにしても指輪は4曲もあるのだから多少変化を付けてもよかった気もするんですが。6枚目は序曲を中心に構成されているのだけれどもマイスタージンガーの前奏曲(リッケンバッハー/ロンドンフィル)が特に素晴らしかった。ワルキューレの騎行の管弦楽版(クレンペラー/フィルハーモニア)もなかなかの迫力。

というわけでこの手の6枚組のオムニバスセットなかなかよろしいですな。普通なら買わない演奏家の録音が収録されてるから、ちょっと新たに興味を持つ的なところもあって、その辺もちょっと開拓される感じであります。

| 音楽 | 11:59 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1506

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: