映画『アレクサンドリア』(2009西)
映画『アレクサンドリア』(2009西)観ました。久々にDVD借りました。先日読んだ新プラトン主義についての本でこの映画が紹介されてて知ったのですが。古代末期頃のアレクサンドリアで活動した伝説的な女性哲学者(どちらかというと今の理系科学者?)ヒュパティアが殺害されるまえでを描く。アレクサンドリアのキュリロス等々、歴史上の人物が登場しており、なかなか面白かったです。歴史的な背景をよく再現しており、登場人物のメイク等は、もしかしたら、後の中世あるいは近代以降に描かれた絵画なども参考にしているのではないかと思わしきところもあります。それにしてもヨーロッパの映画なのにキリスト教があそこまで悪く描かれているというのは、昨今のヨーロッパ事情を感じさせるものがあります。主役と敵役でキャラ的に善悪をはっきり分けすぎていて、どちらも単純に見えてしまって深みのないシナリオだな、というのはちょっと感じました。しかしおかげで極めてわかりやすいです。ウィキペディアで調べるときは、ヒュパティアではなくて、アレクサンドリアのキュリロスの方で検索した方がよくわかるかと思います。

話は変わりますが、トヨタ・ラクティスの半年点検を済ませました。特になんら不良もなく、フューエルワンを注入しただけの追加料金でした。できれば13年くらい使いたいかと思っておりましたので、これで6.5年乗ったので、想定の半分が過ぎたことなります。据え付けのナビの地図を更新しようかと思ったら、2万円かかるうえに、この機種は2018年の地図が最後の更新でしたと言われたのですが、据え付けのナビの製品寿命短すぎますな。車本体の寿命の1/3しかないとか。スマホのナビの方が百倍ましであるな。それはともかくとして6.5年乗って一度も故障してないのはありがたい。故障しないというのは費用面でも時間をロスしないという意味で非常にコストパフォーマンスが高いことであります。あと、今年は任意保険料が若干安くなったのである。車の価値自体が減ってきているので。親のアクアは車格が上であるということで、妙に保険料高いのだが、ラクティスとの違いはハイブリットかどうかくらいしかないような気がするのだが。保険料がけっこう高くなるので、燃費で回収できてないぞ、ハイブリッド車。とはいいつつ、町乗りだとモーターがあるとやはりスイスイ動いて気分いいので、その意味ではやはりランクは上なのか。

| 映画 | 12:36 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1539

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: