特別展「伝わるかたち/伝えるわざ 伝達と変容の日本建築」
先週、東北歴史博物館にて、特別展「伝わるかたち/伝えるわざ 伝達と変容の日本建築」を観てきましたが、組物の模型が多数展示されており、まさに今わたしが勉強したいと思っていた事が延々と展示されており、地元(東北)で開催される特別展の中では、最近ちょっとないくらいの情報量でした(あくまで私にとってですが)。伝統建築の構造的な部分や技術的な面に興味がなければピンとこないところでありましょうから、入場者もまばらでありましたが、法隆寺、薬師寺、平等院鳳凰堂など、つい最近プラモデルを組み立てた建築物や、これから組み立てようと思って既に買ってある建造物の展示が多く、まるで私の為に開催されているかと錯覚してしまうほど、個人的に非常にタイムリーな内容の展覧会でだったのであります。特別展は既に終了しましたが、図録の論文集を読むだけでも実は八割方十分な展示でもありますので、興味があれば入手されるとよろしかろうと思います。

仏教建築の組物からスタートするわけですが、単にその説明だけに留まらずに、城郭や住宅、茶室、神明造りなど、幅広くその影響を追ってゆくので、今まで気付かなかった関連性も知ることができるのが、本展の意図するところなのでありましょう。私としては、いずれの展示も非常に重要な情報と提供されていると言えるのですが、中でも特に気になった展示物としては金閣寺の模型がありましたが、金箔などの色彩はなかったのですが、その為にかえって各層の意図した様式が明確に意識できました。フジミ模型の金閣寺も購入済みですが、買ったときは大して考えてはいなかったのですが、代表的な二つの様式が明確に分けて併存しているという、たいへん興味深いものであることを知って、これはその辺を意識して、塗装等を工夫せねばならぬし、再建前の色彩とかいろいろ論文を読まねばならぬところです。他には伊勢神宮をはじめ神明造の展示もありましたが、フジミ模型の出雲大社も買っておかねばと思ったわけですが、ちょっと高いし、積みプラの箱が積み上がっているので、しばらくあとにしますか。

| その他 | 11:55 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1581

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: