『クルセイダーズ』と『キングダム・オブ・ヘブン』を観る。
十字軍を描いた映画を2本観ました。『クルセイダーズ』はドイツのTV映画だけど、映像なんかかなり気合い入っている。『キングダム・オブ・ヘブン』はリドリー・スコット監督の超大作映画。十字軍というテーマが日本人にはピンと来ないのか、どちらも国内ではあまり話題にならなかったが、googleで検索するとかなりの数の感想文が見つかったので、それなりに観た人の数は少なくもないかも。両作品とも映像などは非常によく出来ているのだけれども、脚本が悪い。特に『キングダム・・・』の方はあまりにもツッコミどころが多すぎていちいち書ききれないというか、ググれば先人が書いたものが山ほど出てくるので、今更書かないけど。映像は凄いので、数多くの優秀なスタッフの努力と力量を感じるけど、それ以上に、この台本を見て仕事のモチベーションを維持できるということの方が凄いかも知れない。いや、それがプロというものなのかもしれないが、逆にそれでいいのかとも思う。これに限らず史実を無視して無理矢理に恋愛要素を付け加えるのは良くないと思う。しかもすごい単純で古典的なプロットの。。。それと比較すると『クルセイダーズ』の方はやや複雑な人生ドラマになっていて悪くなかった。最後のオチでシラケてしまったけど。とか偉そうなことを書いてしまったが、このブログの主旨的にはべつに映画の出来映えを云々するわけじゃなくて、映画を観ながらWeb百科事典などを頼りに時代背景などの知識を得ていきたい、という感じなのだが、そういう意味だと『クルセイダーズ』の方がやや難易度が高いかもしれない。『キングダム・・・』は登場人物なんかがスゲーわかりやすいので、調べるのも簡単。


| 映画 | 10:14 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/204

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: