高橋メソッド・中津美術研究所 研作展
東京近辺で行なわれているイベントに参加すべく、東京にやってきました。こういうときに限ってやたらと仕事の電話がかかってきたりする。ノートパソコン持ってきたが、持ってきたからと言ってべつに仕事をこなせるわけでもないなあと改めて思う。しかし、いざとなったら、Web上の文字などの修正はできるけど、しかし、関連会社のFTPアカウントとかパスワードとか、その他をぎっしり詰めたパソコンを持ち歩きたくはない。って、

Bambookさんと共に高橋メソッド・中津美術研究所 研作展を見に行く。と言っても、私は前日に高橋氏の研究所にお邪魔して一泊させていただいており、すばらしい料理を前に高橋氏といろいろお話をしておりました。

なお、展示の模様は下記にて詳細に見ることができます。
http://homepage3.nifty.com/takmet/ookurayama2006.image_map.html

下は研究所の裏手を流れる中津川(早朝に歩いて撮ってきました)。


午後は東京に戻り、夕刻から彫刻家平野太一氏の個展会場で行なわれたギャラリートークに参加。テーマは高橋由一やモデルになった小稲(こいな)の周辺、および色材の話など。このような場には滅多に出ないのだが、事前にMixiでアナウンスされていた内容が私の好奇心を激しく刺激したので、出かけてゆきました。途中、私も話題を振られましたが、アドリブが苦手なので訳の分からないことをしゃべってしまいました。


| その他 | 10:02 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/231

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: