DVD『F-16 空中戦の覇者 FALCON DOMAIN』を観る。
F-16 空中戦の覇者 FALCON DOMAIN

ビデオの制作が1988年だから、ちょっと情報が古いが(結局実現されなかった改造計画などが紹介されている)、F-16が輝きまくっていた時代なので、まあいいか。F-16は戦闘機の中では一番好きかもしれない。正面から見ると空気取り入れ口が目立ってかっこ悪いが、上から見た姿は実にスマートである。なんと言っても安くて高性能というのが素晴らしい。アムラームを装備すれば東側戦闘機相手ならまだまだ優位だろうし、小さい割に兵器搭載量も多くて、攻撃機にもなる。エンジンが単発なので、これが壊れると終わりなのだが、その代わり機体のコストは低いし、維持管理にかかる費用も抑えられる。コストパフォーマンスという点では、F-15だってこれだけ長いあいだ最強の座にいるのだから、お得といえばお得だったが、中小国はF-16だけ済ませられるという点はある意味羨ましい。日本だと導入する機数が限られてしまうし、兵器の生産と開発能力を育てなくてはならないので、F-2みたいになってしまうのだろうけど。いやそれでもF-2のカラーリングのかっこよさは最強だが。どうでもいいことだが、初めてプレイした大戦略(大戦略88)では、全ユニット中で最も高価だったので超高級戦闘機だと思っていた。そりゃA-10やコルセアよりは高いだろうけど、ハリアー2より高価だったのだろうか。F-16Cを生産できるようになるのは作戦も終盤になってからだった。現実では最初に制空権を奪ってほしいところなんだが。。。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 03:41 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/294

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: