2006今年読んだ本Myベスト
今年(2006)読んだ本で、いいものを挙げてみようと思うのだが、今年は非常に良いものが多くて優劣付けがたい。あえて順位をつけるなら、以下のような感じか。

■No.1 ヴェロニカ ブリューン・デ・オーサ『エル・グレコの生涯 1528-1614 神秘の印』
画家の生涯を描いた小説や映画、漫画などいろいろ見たが、これほどいいものはない。これを読んだら絶対エル・グレコを好きになるに違いない。
■No.2 里中満智子『アトンの娘 - ツタンカーメンの妻の物語』
たった3巻だが宗教と哲学と政治と人生の悩みが全て詰め込まれているような気が。怒濤の勢いで人生は進んでゆき、答えを得られぬまま終わる。
■No.3 塩野七生『ローマ人の物語14キリストの勝利』
ローマ帝国、あるいは古代世界そのものが終わりを迎えつつあるのが(古代史ファンには)寂しいが、中世へ移行する様子もまた興味深いというか。
■No.4里中満智子『天上の虹』全19巻未完結
大迫力の壬申の乱が凄い。
■No.5里中満智子『マンガ・ギリシア神話』全8巻
■No.6山岡荘八(原作)、横山光輝(画)『徳川家康』

以下はたいへん勉強になった本。入門書に近い内容の本が多いけど。
佐藤達生,木俣元一(著)『図説大聖堂物語』
馬杉宗夫(著)『ロマネスクの美術』
堀秀道 (著)『楽しい鉱物学―基礎知識から鑑定まで』
ベルトルト ヒンツ(著)『ルーカス・クラーナハ』
小林 頼子 (著) 『フェルメール論』


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:36 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/296

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: