今さらながら、ディアブロに熱中。
Diabloはもうかれこれ10年前に大ヒットしたゲームで、今風のアクションRPGの草分けみたいな存在であるが、流行ものに抵抗感がある性格のため、当時は思いきり無視していた。今思えば残念なことであるが、毎日終電まで働いていたので時間的余裕もなかった。しかし、最近になってヤフオクでCD-ROMだけのやつ(正規品)を入手。と言ってもそれも1年以上前のことなんだが、数日前、なんの意味もなしに思わずインストールして遊び始めたら、パラメータや設定等が「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に非常に近く、いかにも正統派な作りで、自分の嗜好にピッタリだった。正統という意味では、もしかしたらウィザードリィを超えるほど正統かもしれない。とにかく、古ゲーマーの自分にも違和感なくすんなりゲームに入り込めた。そして、数回プレイした後には、もしかしたらこれは理想のCRPGかもしれないと思うに至った。

Diabloの攻略サイトは既に山ほど存在し、10年近い歳月の流れにより消えていったものも多いだろうが、残っているものも多い。しかし、体系的で完成度の高いサイトも見つからなかったので、『ディアブロ・アート・ガイドブック』という攻略本を入手。むろん、攻略本なしでも楽しめるゲームバランスの秀逸な作品であるが、やはり解説本はあった方が、進めやすい。

もはや語り尽くされているかもしれないが、Diabloの良い点をちょっと考えてみる。

・ゲームをプレイするまでの手間がほとんどない。
インストールもキャラ作りも簡単。操作方法は適当にマウスをクリックしたらすぐに理解できる。左クリックだけで、移動も会話も戦闘も可能でマニュアル見なくても、とりあえずゲームを楽しめる。アイテムの使い方や、ショートカットキー等は、徐々に覚えていけばいいし。思い起こせば、マイト&マジックはゲームを始める前のキャラ作りに丸1日費やしたものだった(当時はそれが楽しかったけど)。

・ゲームバランスが秀逸。
ダンジョンの最初の階はけっこう簡単で、キャラクタのレベルが1でも普通に戦闘ができる。深い階層にゆくにしたがって、手強くなってゆく。その辺のバランスがとても良い。『アート・ガイドブック』に掲載されている制作者のインタビューにも、バランス調整にかなりの時間を費やしたと書かれていた。他のRPGではレベルの低い頃が最も死亡率が高く、ちょっとうろうろしただけで死んでしまうゲームもあるが、そういうのに限ってレベルが上がるとなかなか死ずにだるい展開が続いたりする。

・短時間でプレイできる。
大作RPGってクリアするまでにすごい時間がかかるし、1回のプレイでも長い時間になってしまいがちだが、ディアブロはちょっと気晴らしにダンジョンに潜ってくるか、というぐらいの気軽さでプレイできる(マルチプレイでやるとあっという間に時間が流れてしまうが)。

・謎やらストーリィとかが(ほとんど)ない。
一応、クエストというものがあるが、謎解きみたいな要素は非常に少ない。バックグラウンドとなるストーリィはあるが、知らなくても差し支えがない。謎解きが無いというだけで、これはど気持ちよくゲームができるとは新鮮。謎を解くためにフィールドを行ったり来たりするのが、もういいかげん面倒というか。基本的にはレベルアップとアイテム集めで進行する典型的なウィザードリィ型のコンピュータRPGと言えるが、マルチプレイでやると「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に非常に近いものになる。ちなみに、シングルプレイの場合、多少手の込んだクエストはあるが、正直それもちょっと邪魔な気がした。

・世界が狭い
狭い村が一つあるだけ。余計な放浪をせずに、ゲームの面白さだけを味わえる。広大な世界を歩かされるのはもううんざりだ。って気がしていたので、これはありがたい。もっと狭くても全然構わなかった(魔女のとこまで歩くのが面倒)。

・調度いいレベルのグラフィック
これで、全く充分な気がするのだが。要求スペックはなんとPentium 60MHzだし。

ところで、Diabloはもう日本では正規販売されていないようだが、中古品なら簡単に手に入る。中古が嫌な場合は、DiabloとDiabloIIと追加シナリオ等がセットになった、Diablo Battlechestというのをエンソフ等の輸入代理店で注文するとよい。

それにしても、世の中まだまだ見逃している素晴らしいものが山ほど存在しているのだと実感した。とは言え、映画や音楽と違って、ゲームは時間もかかるし価格も高いし(廉価版除く)で、舐めるようによう全部試しつつというわけにもいかないのが難点。


| ゲーム | 05:03 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/300

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: