宇宙からのメッセージ
映画『宇宙からのメッセージ』(1978年、東映)を観る。

これって、意図的にバカ映画を作る企画のもとで制作されたのだろうか、それもマジでやっていたのだろうか? この点はかなり気になってしょうがない。真面目に「SF超大作」を作るつもりでこんなのが出来たのだとしたら、それはそれで面白いが、なんとなく東宝の大作『日本誕生』(1959)と共通するテイストを感じた。邦画は特撮が絡むとみんなこんな感じになってしまうよなあ、と少々残念。

衝撃的なシーンは簡易酸素マスクみたいなのをして宇宙遊泳する場面だが、宇宙服を着ているわけでもなく、顔や手は明らかに肌が露出している。近年、理系の学力低下(あるいは関心低下)が話題になったりするが、そんなレベルの話じゃないというか、大の大人が寄り集まってこんなアホな映像を作っている時代でもなんとかなったんだと考えると、マスコミの煽りすぎであるような気もする。この酸素マスク宇宙遊泳のシーンについて、以前どこかで読んだような?と思ったら、高校時代に野田昌宏の本に、この映画の件で小松左京から「日本SF作家クラブから除名するぞ」とか言われた話があったんだが、あの映画ってこれのことだったのか。

後に『ジェダイの復讐(帰還)』のラストでも出てくる、”チューブの中を戦闘機で飛行して敵基地内部へ侵入、コアを破壊して脱出”というのは『ヤマトよ永遠に』がオリジナルかと思っていたが、『宇宙からの・・・』の方が先だったのか。しかも絵的には直接『ジェダイ・・・』に影響を与えてそうだが。コアの破壊のところまでそっくりだし。時系列順に並べると『宇宙からの・・・』('78)→『永遠に』('80)→『ジェダイ・・・』('83)。演出的には『永遠に』が最も劇的な効果があって迫力満点だが(特に連続ワープで脱出ってのが格好いい)、『ジェダイ・・・』への影響は大したことなかったのかもしれない。


| 映画 | 10:47 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/326

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: