宮崎哲弥(著)『新書365冊』朝日新書
宮崎哲弥(著)『新書365冊』朝日新書,2006

新書は昔からよく読むが、最近は世界史ジャンル以外めっきり読まなくなってしまった。特にビジネス・ハウトゥ、知的生産術、社会問題、人生哲学などに関するものは、大したことでもない結論のために丸一冊費やしているような気がして、こんなもん10枚程度にまとめてくれないだろうか、と思うのである。数年前に文学作品の荒筋を収録した本が流行ったことがあったが、文学の場合はその要約を読んで何の意味があるのかという疑問の為に手に取りづらいものがあったが、新書の粗筋集の方はいいかもしれない。本書は新書の書評であって、要約集ではないし、むしろガイドブックとして読む人が多いと思うが、部分的には荒筋集として機能しなくもない。それにしても、執筆やらTV出演やらで多忙なはずなのに、毎月60~100冊の新書を読むというのは凄い。自分だって、精読しなければ、確かに1日2~3冊ぐらいは読めるけれども、物凄く肩がこって、なぜか大量にフケが出る。1日5冊は読むとかいう人の話を聞いていると、自分はつくづく読書に向いていないと思ったりする。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:59 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/339

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: