加藤隆(著)『『新約聖書』の誕生』 を読む。
加藤隆(著)『『新約聖書』の誕生』講談社 (1999/08)

先日読んだ、箕輪成男(著)『中世ヨーロッパの書物』の中で、熱烈な賛辞と共に紹介されていた本。早速、入手して読んでみたが、これは確かに面白い。新約聖書には矛盾する内容の4つの福音書が収められているが、そのような複数の福音書が書かれるに至った理由や経緯が、実にわかりやすく描かれている。概説だけの説明文では見えてこない背景をかいま見れる点で、一読の価値ありかと。以前は、矛盾する文書が一緒になっている点で、新約聖書の胡散臭さを感じたものだが、まさに矛盾する文書を載せていることの重要性を知り、聖書に対する見方もだいぶ変わった気がする。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 10:33 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/356

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: