『ロダン - 神の手を持つ男』「知の再発見」双書
エレーヌ・ピネ(著)『ロダン - 神の手を持つ男』「知の再発見」双書

「知の再発見」双書シリーズは豊富なカラー図版満載なのだが、その点が逆に読書心を刺激しずらい面もあり、手にしても熱心に読もうとはしなかったりするのだが、しかし実際に読み始めれば、本文はなかなかしっかりしていて、読み応えがあるのだということは前々から薄々感じてはいたのだが、今になって重い腰を上げ、手当たり次第に図書館から借りてきているという次第である。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:07 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/400

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: