DVD ナタリー・デセイ「奇跡の声」オン・ステージ
先日廉価版がリリースされたので早速注文。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2789470
3トラック目のホフマン物語(1996年)、これ、自分は実際に観てました。例によって最上階の立ち見席に居たので、一番遠いところで聴いていたようなものだけど、まるで耳元で歌っているのかと思うぐらい響き渡る。かなり衝撃的な凄さだった。DVDで聴いてもそれなりに迫力があるが、実際の迫力の1割ぐらいしか収まっていないと思った方がいい。ちなみに、同年の《ナクソス島のアリアドネ》もデセイで観ており、こちらはあまり混んでなかったので貴賓席下の立ち見席で観ていたが、舞台演出が非常に美しく、あれと比較すると現在リリースされている《ナスソス島》のDVDはどれも汚いの一言で終わりである(本DVDには収録されてないけど)。デセイがアリアをやると、拍手喝采が止まずに舞台が中断していつまで経っても再開できない状況になる様子が、《こうもり》のトラックでも伺えるけど、デセイだからって慣例でそんな感じになるのではなくて、実際にふつうにそうならざるおえないぐらい凄いのである。

なお、youtubeやニコニコで観ると、アップに映ったときに顔がキモイみたいなコメントを見かけるが、舞台を客席から観ていると、デセイはものすごく可愛く見える。舞台用のメイクは、客席から観たときに栄えるようにされているであろうから、画面いっぱいにアップで映されるとちょっと気持ち悪い感じになってしまう。歌舞伎の女形が全身の動きや仕草で女らしさを表すごとく、デセイも顔だけ(あるいは上半身だけ)アップに映してもその演技の真意が伝わらないと思うのだが、カメラマンってなんでもかんでもアップにしたがりますな。

本DVD収録の魔笛


| 音楽 | 10:15 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/518

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: