X1『迷宮への扉』クリア
思わず『迷宮への扉』などプレイ、しかもX1版。

PC-8801ユーザだった自分は、市販ゲームの数ではX1よりずっと恵まれていたけれども、電波ソフトが8801にはいまいち熱意がこもってなかったので、その点でX1がちょっと羨ましかった。特にYMC-SOFT制作のPRGなんかが。。。『迷宮への扉』の他に『マーズ』、『イシュラル』なんてのもあって、今でもやってみたいと思っているけど、復刻とかならないだろうか。

さて、『迷宮への扉』だけど、マイト・アンド・マジックみたいに、地上シーンも木とか岩とか3D表示になってるRPGだが、M&Mと違って難易度が低めで遊びやすい。M&Mは超難解、しかも88版はディスクアクセスが長すぎて(戦闘が始まるたびに延々とディスクアクセス)挫折してしまったけど、『迷宮への扉』は(もともとテープ版対応ってこともあろうが)ほとんどオンメモリで快適。先ほど「難易度が低い」って書いたけど、謎らしい謎も無いというのが正しい。イベントもほとんどない。地上のマッピングをしながら進むのが本作の楽しさだろうか。でも、戦闘や成長などの微妙なバランスとか、そういう要素はないので、一回プレイして、マップも把握してしまうと、あとはちょっとつまんないかも。

このゲーム、4人パーティ制なのだが、当方は戦士3人+魔法使い1人で進めてみた。この組み合わせだと序盤はかなり楽に進むが、後半は魔法使いが多い方が良かったのかもとやや後悔。敵の動きを止める魔法を覚えると、魔法使いが動きを止めて戦士が攻撃、ってパターンでドラゴンとかも楽々倒せるんだが、魔法使い1人ではすぐMP切れちゃう。4人パーティ制と言っても、行動できるのは一人だけで、随時交代しながら戦闘が進行するんだけど、終盤なんか、ほんと戦士1人でもいいかって感じだった。ま、序盤とかのバランスも考慮すると戦士2、魔法使い2あたりがお薦めか。

| ゲーム | 10:30 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/530

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: