古代世界の絵画
最近、古代の絵画に興味があって、画集など購入しているのだけれど、その中で特に印象的だったのが下記。

Berenice Geoffroy-Schneiter, Fayum Portraits, Editions Assouline (2005/1/17)

ファイユーム

古代ローマ帝政期のエジプトはファイユームで棺の顔の部分に填め込むために描かれた肖像画群。技法はエンコスティックで2千年近く経っても新鮮な色彩を保っている点で感心するけれど、描写がすごい洗練されていて、そして洗練されていながらも、どの顔も強烈なインパクトがあって、年代とか関係無しに参考にしたい点である。

ファイユーム

ファイユーム

ファイユーム

| 絵画材料 | 11:20 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/567

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: