F2戦闘機を追加調達 FX選定難航で防衛省検討
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100719/plc1007190053001-n1.htm

F-4戦闘機50機の更新なら、最も現実的な線だと思ってたのに、今までずっと候補になってなかったので、やっぱり何かすごい欠陥機だったのだろうかと思ったりしていたが、ようやく検討されそうな模様。というか、他の候補機が難航し過ぎて、追いつめられたのか。F-2はちょっと制空能力が低いのが難点だけど、ほぼ国産なので、国内の産業維持にもなるし、メンテナンス能力も上がって、稼働率も高くなるなどメリットが意外と多いような。。。。中国の4世代機がまるでタケノコみたい増え続けており、いつの間にかすごい数になっていて、さらに空母保有もほぼ確実っぽいので、まずは減数とかになってしまうよりはいいかと。F-2なら空母牽制になるかもしれんし。

F-2は元々の位置づけが支援戦闘機(対艦攻撃機)で空戦能力は最新の戦闘機よりだいぶ劣り、特にレーダーと迎撃ミサイル搭載能力が劣るとされる。現在、戦闘機の世界では、発射後、それ単体で敵機を追尾する型の中距離空対空ミサイルが主流のようで、F-2はまだそれを搭載できない。ということは、敵機はミサイル発射後速やかに離脱できるのに、こちらは出来ないという、すごい不利! さらにたとえそのミサイルを搭載だきたとしても、レーダーの能力が低い(機体が小さいので高性能なレーダーを積めないらしい)ので、能力を発揮できないという噂。一応、中距離ミサイルの搭載研究は終了し、レーダーの方もAWACS等の後方支援で補うという感じなんでしょうか。F-2搭載のレーダーもアップデートされているようで、実はこれが意外と成果が出たという噂があったりもする。国産の空対空ミサイルは射程も命中率も優秀で、レーダー支援と合わせると優位であるらしい。しかし、格闘戦になると、中露のフランカーには、F-2ではまず勝ち目はないようである。エンジンが単発なので高々度での機動性がまるで劣るそうである。実戦では視界外で勝敗が決まることも多いようであるが、先の中距離ミサイルで決着が付かなかった場合は格闘戦になることもあるらしい。さらに、周辺国は爆撃機や戦闘機を日本の領海に飛ばす行為を頻繁に行なっていて、領海侵犯へのスクランブル発進が年間300回を超えており、以前はわりと旧式の爆撃機だったりしたものが、最新のフランカーまで随伴しているそうなので、そこで戦闘が開始されることを想定すると、ふつうにドッグファイトになるのでは。まぁ、実際は戦闘にならずに形式上のやりとになるのかもしれないけれども、形式上としても負けを想定した形式になるのかもしれない。

対艦能力は優れているそうで、以前、松島基地で対艦攻撃のデモを見たことがあったけど、レーダーに映らないように海面すれすれを飛行して、射程距離に入ったら急上昇、対艦攻撃、離脱という(うるおぼえなので間違ってるかも)。だいたい海上20mぐらいを飛行するそうで、これはこれですごいことらしい。上からみたときに海に同化するように青い迷彩塗装になっている。一般的な攻撃機は対艦ミサイルを2発搭載するようだが、F-2は4発搭載できるように設計されているそうなので、量的には単純に2倍の攻撃力である。空母は当然のことながら、最新の軍艦は全般的に戦闘機よりもはるかに高価で登場人員も多いので、撃沈されたときの損害が半端でないから、侵攻する側からすると、ちょっと嫌かもしれない。

F-2

F-2

| その他 | 08:36 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/787

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: