コチニール顔料
赤い布にタマネギを置いて描いているのだけれど....



とりあえず、下地作りは終わっていよいよ赤を置きたいところなのだけど、バロック絵画にあるような赤を出したいんだが、なかなかあのような色が出ない。
※作業中断の間に埃がつかないように、安額縁に入れてあります。

イメージとしては↓(レンブラント)な感じであろうか。


実はそもそも構図の元ネタも↑なんですけどね(手がタマネギに)。

あとは、↓(ヴァン・ダイク)の赤もいいですなぁ。


『完璧な赤』を読んで、思わず購入したコチニール顔料が手元にある。


天然のコチニール染料を体質顔料に吸着させたレーキ顔料の模様である。
これとヴァーミリオンを合わせて使えばどうだろうか?

ちなみに、真性マダーレーキの油絵具はW&N社にあって、一応持っている。ラベルの顔料欄にはLake of Natural Madder NR-9と表記されている。
天然コチニール油絵具の場合、真性カーマインとか、真性クリムソンとかいう名前になるのだろうか? 見たことはないが。。

いろいろ探して唯一見付かったコチニール顔料が、先の絵具屋三吉さんの商品であった。
※他にもあったら教えてください。

ちなみにレーキ系赤の顔料であるけども、市販の絵具をいくつかピックアップしてみたところ、「アリザリンクリムソン」にアリザリンレーキが使われているということ以外には、色名と使用顔料の法則性というか慣例みたいなものがよくわからなかった(知っている人がいたら教えてください)。キナクリドン、アゾ系、アントラキノン等様々な顔料と使っているメーカーもあれば、この手の透明の赤はぜんぶアリザリンレーキだったりするブランドもあった。

| 絵画制作 | 02:22 AM | comments (2) | trackback (0) |
 アリザリンレーキという顔料は、アルカリにあまり強くなく、絵具としての安定性に関わる問題があるので、同じメーカーでも油絵具や水彩とアクリル絵具で使用顔料を変えていることが多いです。
 次に、油絵具や水彩でもアリザリンレーキを使わないメーカーは、耐光性、ブリードを考慮しているためだと思います。
 それでも使っているメーカーは、その欠点を鑑みてもアリザリンレーキという顔料に、魅力を感じているためでしょう。
| とある技術者 | EMAIL | URL | 2010/10/06 01:59 PM | t90lAIa6 |

とある技術者様、コメントありがとうございます。

たった4行の中にわかりやすく回答が書かれてあり、たいへん参考になりました。

各社それぞれの絵具を合わせると、たくさん選択肢があって嬉しいことです。
| 管理人 | EMAIL | URL | 2010/10/11 12:57 AM | sIcqiUZw |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/831

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: