Papyrus PW-GM510 購入
電子辞書は以前シャープのPW-A8000を使っていたのだけれど、これからの時代はなんでもかんでもDSで行けそうな予感がして、DS楽引辞典を購入。
そして、PW-A8000は親に譲ってしまった。

しかしDS楽引辞典、ペンでアルファベットなどを書いて項目を探すのだが、文字の認識精度がいまいち、しかもちょっと反応が遅い。さらにDSなのに音声もない。実売4千円ぐらいなのだが、たぶん、そのぐらいの電子辞書程度の内容と同レベルって感じの内容であろう。
結論をいうと、あんまり役に立たなかった。

ちなみに以前使ってたPW-A8000(購入時3万円ぐらい)は、27コンテンツ収録とかって、いろいろ便利そうな気がしたけど、ジーニアス英和辞典と希にオックスフォード現代英英辞典を使っただけで、後の辞書はほとんど全く触らなかったなぁ。広辞苑すら使わなかった。で、改めてカタログなどで機能面をチェックしてみたところ、数年間の機種と違う面と言えば、どの辞書にもブリタニカ国際大百科事典小項目版が収録されている点と、音声が標準装備的になっている点ですかなぁ。この2つは使うかもしれない。

というわけで、主な用途は英和辞典で、出来れば音声で単語を読んでくれるとなおありがたいということで、いろいろ探したところ、シャープのPW-AM700がよろしいんではないかと。。。百科事典も入っているし、英単語の音声も付いているし。特にカシスレッドカラーのモデルは、全般的にデザインのいまいちなシャープの電子辞書の中でも、なかなか悪くない部類かと。

そんなふうに考えながら店頭でいろいろ触っていたら、高校生向けモデルPW-GM510に「新化学小事典」が収録されていて、これが画材の実験のときに大いに役立ちそうな気がしたので、しばし悩んだ末、そっちを買ってしまう。¥16,300だったが、ポイント還元分差し引くと、¥14,000前後か。

PW-GM510

デザインが非常にダサイような気がしてならなかったが、T91MTと一緒にしたら、なんかすごいお似合いである。
PW-GM510

新化学小事典は、顔料や染料の実験やってるときに遭遇する小難しい単語がいっぱい載っていて嬉しいですな。まぁ、百科事典と被ってる項目が多かったりもするけど。。
百科事典は面白いっすなぁ。超田舎の地元の町の成り立ちまで詳しく書かれてた。これで、前回買った電子辞書の半額とは。

どうでもいい話であるが、高校時代は、物理、生物、地学は好きだったのに、化学だけはすごい苦手だった。故に高校生向けモデルで充分である。いや、実のところ、大人向けの学習ものは、他社のも含めて変なコンテンツがてんこ盛りで、それらを使わないとしても、内蔵されているだけで微妙な嫌悪感が。

なお、ちょっと気になったのが同じく高校生向けモデルで、カラー液晶モデルのBrain PW-GC610なんだが、カラー液晶はバックライトもついてとても見やすいし、ペンタッチパネルになってて、メニューを見ると電子書籍ビューアまで付いている(書籍の形式がメジャーになれるか微妙だが)。辞書などコンテンツの種類も大幅に増えている。それでいて実売価格はGM510と数千円程度の差しかない。さらにネットで調べたら、どうやらWindowsCE上で動いているらしく、ちょっと工夫するとWinCE用のソフトを動かせるという。Wikipediaとか英辞郎とかインストールできるし、さらには好みのテキストエディタを入れてメモパッド的に使ったり、エミュレータでレトロゲームとかもできそうな感じである。これはすごい。

けど、それはそれで楽しいと思うが、また無駄なことに時間を費やしそうというか、そういうのはデスクトップパソコンでやればいいだろうという気がしたので、シンプルで余計な機能のないパピルスシリーズにすべしという判断により、結局PW-GM510に。寝る前に洋書とか読んでるときに、枕元でちょっと単語調べるという、ただそれだけの目的っすからね。

| 家電・パソコン | 10:32 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/838

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: