ワタ(コットン)の苗、亜麻の苗
世に名高い2大天然植物繊維、と言われてるかどうかは知らないけれども、綿(コットン)と亜麻は衣料などでもすごい使われてて、まぁ代表格でありますな。絵画材料としては、亜麻はキャンバスで未だに主流だし、綿はそれほどでもないけど、パネルに貼るときにはけっこう綿を使っている人もいるかもしれない。
亜麻は、茎の繊維を取り出し、糸にして編むと亜麻布に、綿は、花が終わった後の実にワタがつくので、それを紡いで糸にし、編んで布にする。亜麻の茎から繊維を取り出すには、水に浸して繊維以外を腐らせたり、叩くなどして繊維より弱い部分を破壊したりなどの方法があるようであるが、個人的にやってみたことはないので、今は多くは語れない。で、その繊維を糸にし、そして編んで布にするという。原始的な道具しかない状況で、いかにして人類が布を獲得したのか、思いを馳せることもあるわけです。まず、蔓植物を編んで籠などを作るのは、原始的な技術で簡単にできますでしょうね。藁を編んで草履とか、傘とかいろいろ作るように、亜麻みたいな植物があったら、その茎を編んで敷物や原始的な衣類にすることはあったかもしれない。ベア・グリルス先生が、植物で急ごしらえの家を造るように。そして、草そのままではなく、繊維以外の柔らかい部分を腐らせて、より純粋な繊維を取り出すようになれば、それを編んで布にするのは自然な流れなのか。。亜麻の繊維はそこそこ長いだろうから、わりとすぐにいけたかもしれない。しかし、ワタを紡いで糸にする、いわゆる紡績というのは、どうしてあのモジャモジャがしっかりした糸として成立するのか、ジーパンほどの布を形成する糸になるのか不思議に思っていたわけだけど、先ほど農文協の『ワタの絵本』が届いて、その理由についてばっちり書かれておりました。

というわけで、ワタ(コットン)の苗と、亜麻の苗を買ってみた。

コットンの苗、4本
コットン ワタ 綿

こんな感じで植えてみた。
コットン ワタ 綿

次に、亜麻の苗を5本。
亜麻の苗
これはなかなか素晴らしい。既に立派に茂っておりますね。花もついてた。

http://item.rakuten.co.jp/peteco-thegarden/epk020_001623/

亜麻は一年草だと思っていたけど、種や苗を買ってみたら、「宿根草」とあるのが多かった。
宿根草ということは、冬に枯れても、根を残していれば、春にまた生えてくるということだろうか。

ちなみに、春に蒔いた亜麻の種は未だに↓こんな感じである。
亜麻

| 家庭園芸 | 02:47 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/947

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: