藍の生葉で皮膚が染まるか
古代、ブリテン島に住んでいたケルト人は、ウォード(大青)で全身を青く染めることがあったようである。ユリウス・カエサルのガリア戦記には「・・・ブリタンニー人はすべて、タイセイ草で体を青く染めている。そのため、戦闘のときの姿たるや、すさまじい。また、髪を長くたらし、頭と上唇のほかは、全身の毛を剃っている。・・・」(『新訳 ガリア戦記』PHP研究所)と書かれている。映画『キング・アーサー』(2004年)は、アーサー王を、ローマ帝政末期に実在した人物というような感じで、ややリアル志向に描いた映画だったけど、劇中、ローマに敵対するウォードという集団が全身を青く染めて戦っていた。

日本では、藍と言えばタデアイのことであるが、藍の色の元であるインディカンを多く含む植物は他にもいろいろ在って、ヨーロッパに生えていたものはウォード(大青草)、ただし古代から既にインドの藍がはるばる輸入されていたようで、その色はインドから来たみたいな意味の名前だったようであり、ウォードはインド藍の代用品的な立場だったともされる。さすがにブリテン島ではウォードしかなかっただろうけど。

藍は発酵などの作用を利用して、濃い色に染めるなどの工夫があり、多種多様な方法があるけど、強いアルカリ剤を使うものは、肌を酷く荒らすと思われるので、安全性の面では生葉染めが、いいかもしれない。生葉の汁そのままでは、植物性の繊維には染まりにくいが、動物性の繊維には助剤無しに普通に染まる。皮膚もいけるかと。原始的な方法と言えば、葉で皮膚を擦るだけでも青くなったかもしれないけど、全身で行なうのは大変そうだ。葉を磨り潰したあと、全身に摺ったものを塗り、しばらくそのまま待つという方法あるかも。などとあまり調べもせずに述べていてもしかたないが、とりあえず、生葉染めの要領で試してみよう。

先月、一度目の刈り取りを行なった、タデアイであるが、ご覧の通り、短い期間の間にすっかり回復している(ただし、2回目のタデアイは、1回目よりインディカンの量が少ないという話である)。
藍の生葉で皮膚が染まるか

生葉と適量の水を入れ、ミキサーで粉砕する。
藍の生葉で皮膚が染まるか

直接手を入れたり、腕に汁をかけてみたりする。
藍の生葉で皮膚が染まるか

十数分くらい、そんなことをしてから、空気にさらすと↓こんな感じに青く染まった。
藍の生葉で皮膚が染まるか

汁に浸けてすぐには青くならず、空気に触れるなどして、徐々に青さが増してくる。しばらくは青が少しずつ濃くなり、1日くらいは青さが持続するが、日常生活で手を使ったり洗ったり、あるいは代謝しているうちに、だんだん元の肌色に戻っていく。
写真ではわからないかもしれないけど、なかなか不気味な青光りであり、コンビニでおつりをもらうときに、さすがにこれはヤバイというぐらい、自分でも気持ち悪いと思ったが、もし全身を染めた戦士が向かったきたら、かなり恐ろしいものだったと想像できる。

■追記 2011.9.11
2日ほどで、皮膚についた青は消え去ったが、爪に関しては1週間以上経っても、はっきりと色が残ったままで、マニキュアでも塗ったかのような状態になっている。
インディゴで皮膚を染める
皮膚は代謝によって表面が入れ替わってゆくが、爪は先の方に伸びるように更新されていくので、その違いで時間差ができるのであろう。爪を染めた後は、かなり強く擦っても落ちない。

| 絵画材料 | 10:46 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/990

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: