安田均(著)『幻夢年代記』を読む。
安田均(著)『幻夢年代記―コンピュータ・ゲームの世界 Login Books』ビジネスアスキー,1989は、1984~1988年にかけて、某パソコン誌上で海外の(と言ってもほとんど米国の)のコンピュータゲーム事情を伝えた連載の単行本化。ほとんどはAplleII用ゲームの記事だが、徐々にMacintoshやらアミガやらが登場してくる。

ああ懐かしい。ウルティマ最新作の情報なんか、穴があくほど読んだもので、雑誌を捨てるときにそこだけスクラップしたこともあった(すぐ捨てたけど~)。しかし改めて読んでみても新鮮な情報に溢れている。特にボードゲームに関しては、個人的にはD&Dしかプレイしたことがないから、なんだかすごい勉強になった気がした。主にSFやファンタジーの翻訳をしている著者の博学ぶりが凄いというか(ゲームで博学ってのも変だが、広範囲な知識がないと異国のゲームはレヴューできんだろう)、とにかく読んでるだけで見聞が広がる。ゲームそのものに関しても、いろいろと考えさせられる。とくに次々と現れる突拍子もないアイデアのボードゲームは、当時のアメリカ人の想像力やら独創性のすさまじさを改めて実感させらた。D&Dの発明だけでも神的な凄さだが、それ以外にも、どうやったらこんなこと思いつくのかというようなボードゲームが紹介されている。ともかく、D&DからウルティマIVぐらいにかけては、本当にアメリカというものに憧れてた。ウルティマVあたりもまだ開発画面なんかワクワクしながら見てたけど、それ以降AT互換機のハードが急速に発達し始めたあたりからは、見た目は派手になったけど、昔のようなものすごいアイデアの洪水のような雰囲気がなくなってしまった。ゲームしなくなったのもその頃からだった。DOS/Vとかの言葉が賑わって、グリグリ動く3Dのゲームが全盛だった時期は、自分にとってはゲーム空白の時代だった。今もそれらの作品群に未練はない。でも、AppleIIのゲームは今でも実際にやってみたいと思う。だがここで少し話が逸れるが、私の人生経験からすると、たかがゲームと言えど、あるいはパソコン全般にしろ、常に最新の動向に注意して、それをがんがんやっていかないと、なんだかんだで仕事のチャンスを逃してしまうものなのだ。これは公務員以外ならどんな職業でも一緒である。苦い経験から、とりあえず話題になっている新しいWeb上のサービスとか、手当たり次第に試したりとかしているが、一見関係なさそうなゲームだって、同じことだろう。だから、ゲームだって新しいのをやるべきなのだと今は思う。だが、AppleIIや8801やらの8bitの世代まで遡ると、それは古いとか新しいとかの問題ではなくて、もはや古典であると言えよう。古典を学ぶのは、最新の動向をリサーチするのと同じくらい重要である。いや、むしろ基本である。というわけでやはりAppleIIのゲームはやらねばならぬのだ、人間として。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 01:55 AM | comments (0) | trackback (0) |
大和和紀『あさきゆめみし』全13巻と横山光輝『徳川家康』全23巻を入手。
源氏物語は現代語訳がいくつかあるが、食わず嫌いというか何というか、翻訳されていらっしゃる方々の文章がいまひとつ馴染めないために本を開く気にならないというか、むろん私などがどうこう言える立場でもなんでもないけど、その話は別として巷の評判によると源氏物語原作の作品としては大和和紀の『あさきゆめみし』が漫画であるにもかかわらずダントツで凄いと評判なので思わず購入である。またもう一方の横山光輝『徳川家康』は、山岡荘八の『徳川家康』をベースにした漫画で全23巻もある。時代小説ものではおそらく同ジャンル中の10指には入りそうな傑作として名高い山岡荘八『徳川家康』は、まだ読んだことないけど読んでみたいものではある。しかし私には先に読まねばならぬ本が山ほどある。べつに自分が何を先に読んだところで他人にとっても自分にとってもどうでもいいことのような気がしてくるこの頃だが、やはりせめて絵画技術に関係ありそうなものから先に読むべきではないかという気持ちもちょっとぐらいは残ってなくもない。だから、山岡荘八は私の中での優先順位は微妙に低くならざるをえない。だが、山岡荘八に加えて横山光輝の名が付加されれば、その優先順位も一気に他を押しのけて急上昇するというものだ。それに漫画なら早く読み終わりそうだし。さて、ここで経済的な問題なのだが、コミックというのはヤフオクで中古を安く入手するのと、BOOKOFFで買うのと、インターネットカフェや漫画喫茶で読むのと、いずれが最も経済的であろうか。BOOKOFFの全巻セットはそんなに安くない。特に横山作品は一定の価格を維持し続けている。それに比べるとヤフオクは安い。しかし送料と振込手数料を加わるわけだから、場合によってはBOOKOFFとトントンぐらいかもしれない。漫画喫茶はどうだろう。平日の昼間だと料金は安いし、無料でランチが付いたりする。だが、一度行ったら出来るだけ長くねばりつつたくさん読んでこそ安くなるという性質ものであろう。丸一日そこで過ごす覚悟が必要だ。しかし、たぶん私は全巻読破に向けて頑張り過ぎて疲労してしまうだろう。それに横山作品を全部揃えているネットカフェまで行くのに40分くらいかかるが、最近ガソリンがやたらと高い。で、いろいろ総合して考えると、ヤフオクで買って、読み終えたらヤフオクで売る。これが最強パターンだ。送料だけだし。というわけで、偉大な作品を書いてくれた天才には申し訳ないが、運送会社だけが儲かりそうな世の中だな。いやガソリン価格高騰で、もしかしたら全然儲かってないかもしれんが。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::マンガ・アニメ | 10:50 PM | comments (0) | trackback (0) |
メガドライブ版アドバンスド大戦略をプレイする。
大戦略の歴史に燦然と輝く名作であるところのメガドライブ版アドバンスド大戦略であるが、発売当時はメガドライブ持ってなかったのでプレイできず、ここ2、3年でハードオフのジャンクコーナーでソフトやらマニュアルやらを入手、さらにヤフオクで公式ガイドブックを落札などして、どうにかプレイする環境は整えたが、時間がなくてじっくり遊んでいなかった。でも、久々に『ぷよぷよ通』なんかを遊んだついでに、なんとなくアドバンスド大戦略も始めてみたら、やっぱスゲー面白れぇと感動しつつ、3日間ぶっつづけて遊んでしまい、あっという間に時間が経ってしまうことに恐怖したわけである。Windows版のアドバンスド大戦略98は既に体験済みで、グラフィックや操作性ではWindows版の方がずっといいだろうと思っていたが、そんなことはない。MD版の方がドット絵としてシンプルで視認性が良く尚かつ美しい。家庭用ゲームのコントローラーでありながら操作性も良い。もしかしたら、マウスより楽かも。思考時間の長さが指摘されるが、8801版のキャンペーン大戦略をプレイした身にとっては、1時間や2時間の思考時間に違和感はない。ともかく、遊び始めた瞬間にこれは一生これ一本だけ遊んでも充分した人生となりえる奥深さを持ったゲームだと悟った。しかし仕事も溜まり読まねばならぬ本も溜まり制作も行なわなければならない身で、もはやそれも叶わぬ。よって1回のキャンペーンでも、できるだけ多くのことを吸収するべく、できるだけ多くのシナリオを通過するように、公式ガイドを目を皿のようにして見つめながらプレイすることとなった。

キャンペーンの最初のシナリオは、ポーランド進攻計画だ。「ケースホワイト」、ドイツ語でファル・ヴァイス。歩兵や戦車の動かし方を覚えるためのマップのようだ。独軍側にはPzkwIA(ドイツ1号戦車A型)及びPzkw35t(チェコ製LT-35戦車)が配備されている。対するポーランドは騎兵と軽戦車である。ドイツの1号戦車と言えば、ベルサイユ条約の制限下において農業用トラクターという名目のもとに開発された練習用という位置づけの軽戦車であったが、電撃戦の主力になるはずの3号、4号戦車の生産が遅れたために、実戦で使用されることとなったとかいう経緯を本で読んだ。1号戦車では戦車相手にはあまり役に立たないから、騎兵の相手をさせた方がよい(経験を積めば軽戦車も倒せるが)。このときに実際に主力と言ってよい役割を果たしたのは併合したチェコが開発していた35tや38tであり、敵の戦車の相手はこの35t戦車(Pzkw35t)にさせることになった。という感じで妙に史実が再現されている。実際、3号および4号戦車の不在を補って初期の主力の役割を果たしたのは35t戦車、38t戦車であったというし。初期のシナリオでは、あまり兵器が進化しないうちにクリアしてしまうと、次のマップで苦戦するそうなので、じっくり時間をかけて敵を潰していった。ビョートルクフ、ラドムホウイモウなどのシナリオを通過してゆくうちに、航空機なども登場するようになり、順番に兵器の使い方を覚えてゆけるあたりは、家庭用ゲーム機のシミュレーションゲームとして良く考えられていて好感度が高い。シナリオ「ワルシャワ」あたりでは、戦闘が本格的になってくる。とにかく、航空機での索敵が非常に重要で、それを怠って迂闊に陸上兵器を進行させると痛い返り討ちに遭う。まずは制空権というあたりがリアルである。また天候が悪いと陸上兵器の足が極めて遅くなり、航空機での爆撃もできなくなる。全く進めないこのジレンマも、現実と同様だったことだろう。とにかく、本で読んだ第二次大戦の様々な要素が再現されているのが凄いわけであるが、しかし、思わず索敵を「初級」、天候を「OFF」にしてしまった。なんというか、敵のコマの進め方を見つめるのも、大戦略の楽しみのひとつのような気がして。ともかくも、戦闘機、爆撃機が揃い、1号戦車は2号戦車へ、そして3号戦車も生産可能となり、「ワルシャワ」マップを攻略したあたりで、夜も明けてきたので、いったん寝ることにする。
で、最初の難関と言われる「ノルウェー」のシナリオに入ったわけだが、フィヨルドの沿岸を進むのに手間取りつつも、なんとか制限ターン内に攻略して次のシナリオ「フランスソンム」へと進む。ようやくヨーロッパの全体像が垣間見えるマップになった。ソンム河畔での戦いと言えば第一次大戦の塹壕戦が有名である。膠着状態と化した塹壕戦で大規模な戦闘が行なわれ、英仏独軍それぞれを合わせた損害は100万人を越えたというが、塹壕戦の膠着状態にはほとんど変化は無かったという、第一次大戦の西部戦線を象徴するような戦いだった。第一次大戦の塹壕戦で辛酸を舐めたフランスは戦後、ドイツとの国境沿いにマジノ防衛戦という防衛ラインを構築する。ドイツ国境沿いに強力な要塞を多数設置するが、ベルギー国境にはこの要塞は作られなかった。第一次大戦で、独軍はベルギー経由でも攻めてきたというのに。結局、次の大戦が始まるとベルギー側から侵入され、マジノ要塞は有効に機能しなかった。それはともかく、このマップをプレイしている間に、公式ガイドを読んでいて気が付いたのだが、「ソンム」のマップをやっている時点で、どうも「バトルブリテン(バトル・オブ・ブリテン)」にはゆけないらしい。バトル・オブ・ブリテンがなかったら、第二次大戦の意味半ば無しではないか。「ワルシャワ」マップで通常勝利、あるいは「ノルウェー」で大勝して「テイチショコク」というベルギー・オランダのシナリオへ行き、そこからマジノ要塞に突っ込むマップやらないとバトルブリテンに行かないようだ。とりあえず、この時点で、いったんゲームは一休みにすることにした。このまま進むか、最初からやりなおしてみるか、とりあえずどう考えても1回のプレーでは極められん。3回はやらんとな。


| ゲーム | 10:05 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: