2005年、年間マイランキング
今年読んだ本を個人的主観でランク付けしてみる。

第1位 大和和紀『あさきゆめみし』
第2位 横山光輝『項羽と劉邦』
第3位 西洋美術研究編集委員会『西洋美術研究No.6 イコノクラスム』
第4位 西洋美術研究編集委員会『西洋美術研究No.2 美術アカデミー』
第5位 岡部紘三『フランドルの祭壇画』
第6位 杉山正明『モンゴル帝国の興亡(上・下)』
第7位 五十嵐修『地上の夢 キリスト教帝国 カール大帝のヨーロッパ』
第8位 National Gallery Technical Bulletin vol.15
第9位 『ドイツ戦車パーフェクトバイブル(上・下巻)』
第10位 Naitonal Gallery Pocket Guides - colour

一応、順位は付けたものの、ほとんど同列と言っていいくらいどれも良い本だった。第1位の『あさきゆめみし』は驚異的な発行部数から察するに、現代で源氏物語を読むとしたらこれが定番と言って過言なかろう。登場人物の顔がみな同じで見分けがつかないという批判も見られるが、横山光輝作品を数多く経験した自分には全く問題なかった。顔が同じだから読み難いなどと軟弱なことを言ってる連中は歴史漫画素人に違いない。歴史漫画では顔グラフィックは単なる記号だ。第2位の横山光輝『項羽と劉邦』は『あさきゆめみし』に勝るとも劣らない顔グラパターンの少なさだが、同じくらいの傑作である。個人的には『三国志』よりも、こっちが好きである。
第3位『西洋美術研究No.6 イコノクラスム』は歴史好きなら絶対面白いと思うだろう。第4位『西洋美術研究No.2 美術アカデミー』は今までは権威の象徴みたいにしか語られることのなかった美術アカデミーについて、きちんと読める日本語では貴重な本。このシリーズでは他に『西洋美術研究No.10 展覧会と展示』もお薦め。現代では美術品は美術館に飾るもの、絵は展覧会で発表するものというのが常識だが、それは飽くまでも現代の話であって、昔からそうだったわけではない。展覧会や展示について再考察するような論文集。『西洋美術研究No.11 オリジナルと複製』もまた現代の価値観であるオリジナル信仰についてとらえなおすような論文集。
第5位岡部紘三『フランドルの祭壇画』はカンパン、ファン・アイク、ウェイデンなどのフランドルの有名な祭壇画を取り上げ、それぞれの関連や発展を語ったものだが、個人的な感想としてはM・フリートレンダーの『ネーデルラント絵画史』よりこっちの方がいいと思った。
第6位杉山正明『モンゴル帝国の興亡(上・下)』は新書でありながらも、さすがに2冊に分かれているだけあって、1冊ものよりずっと手応えがあった。壮大なモンゴル帝国を語るのには最低これぐらいの文章量は必要だろう。
第7位五十嵐修『地上の夢 キリスト教帝国 カール大帝のヨーロッパ』、カール大帝についての本は意外に少ないので今まで読む機会に恵まれなかったが、そんな貴重な本であるにもかかわらず、とてもわかりやすく面白く読める内容で本当によかった。
第8位National Gallery Technical Bulletin vol.15 赤染料の実験が良かった。
第9位『ドイツ戦車パーフェクトバイブル(上・下巻)』 タイガーIやパンター戦車については読み慣れていたが、I~IV号戦車についてこんなに詳しく読んだのは初めてだった。その意味で特に上巻は強いインパクト受けた。IV号~現代のレオパルド2までを扱った下巻は、メインバトルタンクという発想へたどり着き、レオパルド戦車が開発されるまで道程が印象的で、戦車のみならず様々な分野の開発において参考になりそうな気がした。
第10位Naitonal Gallery Pocket Guide - Colour ナショナルギャラリー(ロンドン)のポケットガイドだが、これはすごくイイ。色の材料の話や、技法の歴史の流れを、初心者向けにうまくまとめたものだが、とにかく良く出来ている。編集が上手い。上級者にも参考になる。しかし残念ながら品切れとなってしまったようだ。このシリーズは品切れになるまえにガンガン注文して入手しておくことをお薦めする。一部を紹介すると、Pocket Guides Framesは日本語訳も出ているが額縁の歴史の本だ。Conservation of Paintingsはナショナル・ギャラリーの保存・修復の活動や歴史について。聖人について書かれたSaints、寓意について書かれたAllegory、その他、Flowers & FruitsStill LifeAngels、など、それぞれ興味が尽きない内容である。なお、Amazon.co.jpで品切れの商品も、Amazon.ukでは在庫在りになっていることもあるし、ナショナルギャラリーのショップにもたくさん並んでいる。


| その他 | 05:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
本棚制作記
本棚3つ目を作成。
以下に写真を交えて作成のプロセスを紹介しよう。

★設計図★
暇な時間にメモ帳等に大まかなデザインを考えつつ、考えがまとまってきたら、1mm方眼ノートに設計図を書く。1mmを1cmに見立てて書くと便利。


★寸取りして板を切る★
やっぱこういうときは鉛筆に限る。鉛筆削りが面倒な人はロケット鉛筆や、太い芯のシャープペンがお薦め。板は電ノコと手引きノコギリを駆使して切るが、手引きの方が正確に切れる。電ノコは長い面を切るときに使う。


★ほぞを作る★
基本的に釘が嫌いなので、ほぞを作って各パーツを絡み合わせて作ることにしている。


★部品が揃った★
全てのパーツを切り終わったところ。どのパーツも角を鉋で削り、表面を細かいサンドペーパーで磨いている。


★組み立て★
速乾性木工用ボンドを使ってみたが、すげー早く乾くのでかえって難しかった。でも素早く作業が出来て時間短縮に繋がる。


★裏板を貼る★
内装改装工事のときに余った板がガレージにたくさん置いてあったので、それを利用した。写真は、接着して重石をおいて乾燥を待っている図。


★とりあえず組み終わり★
白い木肌が美しい。


★ニス塗り★
カラーニスのチーク色を塗ってみた。薄く2度塗り。吹きさらしのガレージで塗っていたのだが、あまりの寒かったので仕上げは室内でやってしまった。


★設置★
本棚を置いて、本を並べてみた(写真左)。最下段はCD及びDVDのファイルを格納する場所として活用。モデム&ルータのための場所も作った(写真右)。裏板にはネットワークケーブルを通すための穴がある。



| 日曜大工 | 03:14 PM | comments (0) | trackback (0) |
スパム投稿との戦い。
ここ2~3ヶ月の間に掲示板へのスパムが急激に増えた。その数はただ事でないくらいの増え方である。ひとつの掲示板に一日数十件のスパムが投稿されている。一日放置しただけで、各掲示板は全く機能しなくなるだろう。特に平日の日中は3時間置きに削除作業をやらないとスパムでログが埋め尽くされてしまうのだが、これでは一週間旅行とか言ったら、それだけでもうこのサイトは終わってしまうな。実際、英語版の掲示板はうっかり数週間見過ごしていたら、数百件のスパム投稿によってログが全て失われていた。これはもう完全に破壊工作である。スパムは昔からあるが、なぜかここ数ヶ月で急激な伸びを示して驚くばかりの勢いだった。どこのサイトもそのような状況で、あまり熱心に管理していない掲示板はのきなみエロサイトの宣伝掲示板と化してしまった。KENT WEBさんところのリクエスト掲示板もほとんどがスパム対策の希望だ。この急激なスパム増加は世界的規模で起こっていると思うのだが、インターネットコミュニケーションの危機と言って良いのではないだろうか。スパムはそもそも業者が宣伝のために書き込むものであって、掲示板が機能して人が来てこそ効果があるものだと思うのだが、掲示板自体を機能不全に陥らせたら意味がないだろうに、とか理屈を言っても仕方ない。
でも、いろいろ調べてみると、KENT WEBのスクリプトにスパム対策を施したものを配布しているサイトを発見↓。
http://swanbay-web.hp.infoseek.co.jp/index.html
とりあえず、ビギナーズ掲示板に設置してみたが、設置して数日経ったがスパム投稿1件も投稿されていない。これはすごい。スパムが投稿されないということがこんなにも気持ちの良いものだとは思わなかった。もっとも複数の掲示板を運営していると全部の掲示板にスパム対策をしていくというのは大変だが。うちは用途別にたくさん板を設置しているうえにバリバリにカスタマイズしているため、3~5日くらいの労働力を必要とする。損失は10万円以上と言って良いだろう。っていうか、これまで使った時間を計算すれば、スパム被害は百万円を下らない。いや、もっとかも。


| 家電・パソコン | 09:44 PM | comments (0) | trackback (0) |
ペットボトル加湿器 YAMAZEN KPK-016 購入。
ペットボトル加湿器なるものを購入。毎年、冬は乾燥のためにドライアイに悩まされ、おもむろに加湿器など購入してみるものの、放置したまま使わずに終わることも多い。また、夏の間、物置にしまっているうちに黴が大発生していて捨てることもある。というわけで、できるだけ手軽なものを買うことにした。それが、ペットボトル加湿器 KPK-016 ¥1,980前後?(写真)。ペットボトルに水を入れて、加湿器にセットするという方式のもので、タンクの交換が非常に楽である。どれくらいの加湿力があるかどうかはわからんけど、机の上に置いて使えるので、PC使用中のドライアイ対策には良いかもしれない。とりあえず、使用感としては動作音が大きいのが難点である。ボコボコボコとコーヒーメーカーのような沸騰音が延々続く。と言っても安い加湿器はみんなそんなもんだが。


| 家電・パソコン | 08:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
ノートPCを入手。HITACHI FLORA 270GX(中古)
出先で使用するためのノートパソコンを購入。中古である。というか、ヤフオクで落札だが。17,500円で落札、送料が800円で合計18,300円。機種はHITACHI FLORA 270GX。スペックはCeleronの500MHzにメモリ128MB、HDDは6GB、13.3インチのTFT液晶ということで、安くもなく高くもなくという感じか。もっと粘ればこれより安い値段で落札できるだろうか、何日もオークションの画面に粘っている時間の方がもったいなので、一気に決めてやった。スペック自体は問題ないが、液晶の品質がイマイチである。光度ムラが多くて、長時間の使用では目が疲れるかもしれない。試しにエイジ・オブ・エンパイアをプレイしてみたが、やはりちょっとシンドイかもしれない。と言っても、パッと見た感じでは気付かないだろうし、主な用途は外出先でのプレゼンと、写真撮影したときの確認に使う予定なので問題ない。それに最近のDELLやIBM(レノボ)などに付いてくる液晶画面に比べると遙かに綺麗に見える。液晶パネルは最近のものになるに従ってどんどん品質が悪くなっている気がする。昔使っていたチャンドラ(MMX166MHz メモリ96MB)とかThinkpad365(Pen100MHz)の液晶の方がいまでも綺麗に映る。もっとも当時は何十万もした高価な商品だったわけで、最近の10万円前後のパソコンと単純に比較するのも良くないが。でも、中国・韓国製の安いパネルに圧されて、品質の良い液晶が駆逐されているようで残念。


| 家電・パソコン | 11:57 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: