携帯電話 DoCoMo N901iS を購入
これまで約5年ものあいだ使用してきたTU-KA機種のバッテリが著しく消耗し、5分と通話できなくなってしまったので、新たに買い直すことにしたのだが、これって東京で買ったものなんだが、いざ機種変更しようかと思ったら、東北にはTU-KAショップというのが全く見当たらなくて、auにすら機種変できないという状況であることを知った。ツーカーグループの関東・東海・関西はKDDIに譲渡され、私の料金明細にはこの数ヶ月ずっとauへの機種変更を即すチラシが同封されているのだが、これはどうも関東行かないと無理っぽい。ちなみに関東・東海・関西などのツーカーグループがカバーする以外の地方は、デジタルツーカー社が担っていた。例えば東北地方なら、デジタルツーカー東北とか。それらデジタルツーカーの方はJフォン→ボーダフォンと変わって行った。東京でTU-KAの携帯を買って東北に越してきた自分は全く時代の流れを感じずに、旧時代の携帯を使い続けていたわけだ。なんの疑問もなくスカイメールで連絡を取り合っていたりしたが、もしかしたら相手の携帯はボーダフォンになっているのかもしれぬと思うと複雑な気分である。この携帯はビックカメラで10円で買ったもので、最も安いプランの月2580円で長年利用してきたわけであるが、バッテリーが駄目にならなければ、まだ一生このまま使っていたかもしれない。しかし、パケホーダイも始まるので、Web制作の方も携帯での見栄えを考慮せねばならなくわけであり、今までは携帯用には文字だけのページを作って誤魔化してきたが、さすがにそれはまずいので、いろいろ最新の状況を勉強せねばと思い、さして興味もないのに背にむち打って情報集めを行なった。とりあえず、パンフレットやネット上の掲示板を読みあさった。で、結局、1円で売っていたN901iSを買うところがまたアレだが。それにしても、料金体系と割引メニューが複雑すぎてわけがわからん。ワザと実態が掴みにくいようにこんなふうにしてるんだろうか。割引の説明聞いたり、書類書いたりで、携帯一つ買うのに3時間かかった。


| 家電・パソコン | 09:20 PM | comments (0) | trackback (0) |
タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II を購入。
もうかれこれ一年以上も前から一眼レフデジカメを買おうとあれこれ検討していたが、さまざまなレビュー記事を読みあさった末にCANONのEOS 20Dに決定し、しかし注文ボタンを押す前に実物を手にとって確認しようと思ってデンコードー(東北でメジャーな電器屋)に行ってみたが、何処のデンコードーに行っても置いておらず、せいぜいKissデジタルNがあるぐらいでだったが、これを持ち上げてみたらあまりの軽さに驚いて、むしろこっちが欲しくなった。カメラを構えて撮影する際はある程度の重さがあった方がいいのだが、普段持ち歩くのにはちょっとでも軽い方がいい。例えば古墳などを巡っているあいだ、バッグに重たいレンズと重いカメラ本体が入っているのは辛い。つってもたかだか250g前後の違いしかないけど、隣りに置いてあった展示品限りの10D(なんで未だにこんなものが置いてあるのか)を構えてみると、やはり気になる。これ持って3、4時間歩くのは嫌だ。と思ってKDNを買おうと決意し、デンコードーを去って(値段高いし)、良心的な値段で電器製品を売っているAmazonを訪れて、いざ購入ボタンを押そうと思いつつ、なにゆえとなくCANONのホームページを見てみたら30Dというのが発表されてて、それが気になって結局、タムロンのレンズだけ注文したわけである。だからまだ本体はない。ちなみに私はカメラに関しては全く詳しくないのだが、『キヤノンEOSデジタルレンズ選び! 特選32本』という本をじっくりじっくり読んで、シグマのAF18-200mmと迷ったあげくに、ネット上にアップされているアマチュア写真家が撮影した数々の画像を比較して、どうもタムロン使ってる写真の方がいいかなと思ったので、タムロンにしたわけだが、とりあえずボディが手に入ったら、しばらくはこのレンズだけでの使用になるのだと思う、予算的に。


| 家電・パソコン | 01:03 AM | comments (0) | trackback (0) |
『天上の虹-持統天皇物語』第1~14巻を読む。
古代日本を舞台に、皇極から持統天皇までを描く大作。現在は19巻まで刊行されているようだが、とりあえず14巻まで入手して読んでみた。32歳になるまでこんな凄い漫画の存在を知らずに生きていたとは不覚である。大化の改新や壬申の乱などの大事件、万葉集、中大兄や天武天皇などの活躍など、退屈する暇もないほど大ドラマの連続で読み始めると最後まで止められぬ。子供の頃は『まんが日本の歴史』みたいな本をあずけられてよく読んだものだが、あれって読後にほとんど何の印象も残さないので、読んでるそばから記憶に残らず、はたして歴史の勉強になったのかどうかと今思うと非常に疑問なのだが、里中版は強烈な印象を残すのでどの人物も出来事も忘れられなくなるな。と言っても、子供には見せられんけど。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::マンガ・アニメ | 10:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
『みんながコレで燃えた!NEC8ビットパソコン PC-8001・PC-6001』
珍しくリアルの書店を訪れたところ、印象的な表紙が目について思わず買ってしまった。8001の生みの親、渡邊和也氏を初めとした開発者の面々、芸夢狂人等の豪華なインタヴューが凄い。しかしちょっとだけ苦言を言わせてもらうと、今まで読んだあらゆる本の中で、誤植と間違いが最も多かった。スペック表などはあれだけ数があるのだから間違いがあって当然だが、PC-8001とPC-6001の大網羅ゲームリストの記事に、PC-6001のリストが全く載っていないとかすごい欠陥もある。校正というのは本作りの工程でも相当大事なものなんだなと感じた。また、正直に言うと、袋綴じになっているパロディ記事が全く面白くなかった。これは企画の段階では面白くなる予定だったのだろうと思うと気の毒な気もする。かつてのログインなどに載っていたネタ記事の異様なノリは、もう現代では無理なのだろう。そういうのは個人ホームページや2chの方が断然クォリティが高く、もはやライターが誌上で出来る雰囲気ではない。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::理系・工学 | 08:26 PM | comments (0) | trackback (0) |
日本古代史ものを中心に歴史漫画を多数購入
ジャーンジャーーン!(c)from横山光輝、という勢いで歴史漫画を多数購入。長岡良子(著)「華麗なる愛の歴史絵巻シリーズ」5冊と「古代幻想ロマンシリーズ」全8巻、里中満智子(著)『女帝の手記』など、今回は日本古代ものを重点的に入手。主に古代エジプトを扱った里中満智子(著)『海のオーロラ』全6巻も間もなく届く予定。さらに、歴史物とはちょっと違うが、池田理代子(著)『ニーベルンクの指輪』全4巻も入手。買うばかりじゃなくて読まねばならんと思い、里中満智子(著)『天上の虹-持統天皇物語』第1巻を読み始めたが、一日中電話が鳴りっぱなしで読めなかった。つい最近まで仕事の電話なんてほとんどなかったのに、これが景気が回復してるっていう影響なのだろうか。しかしそれにもめげず、『天上の虹』の続編であるという『長屋王残照記』全2巻の購入ボタンも押すのであった。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 07:52 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: