今年観たDVD マイベスト10
今年ももうすぐ終わりということで、一年の締めくくりとして、今年買ったDVDでも振り返ってみることに。。。それにしても、今年はあまり本は読まずに実行面に注力しようと思ったのだが、本を買わない反動か、凄まじい勢いでDVDを買ってしまった。一応いろんなジャンルのDVD観たけど、とりあえずクラシック音楽限定ということで。あと、飽くまで自分にとって個人的に印象深かった順位なので、DVDそのものの評価というわけではないです。

01位 DVD モンテヴェルディ 歌劇《オルフェオ》リセウ大劇場
http://www.hmv.co.jp/product/detail/381655
バロックオペラ、あるいは初期バロック音楽全般、及びモンティヴェルディに開眼したという意味でも自分には非常にありがたいDVDなので1位。

02位 DVD ショスタコーヴィチ Sym.5&6 スヴェトラーノフ&ソ連国立響
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2701972
ショスタコーヴィチの5番はどこで聴いても迫力あるが、このDVDぐらい凄いのはないと思ったので2位。

03位 CD《ワルキューレ》全曲 クナッパーツブッシュ&バイロイト 1956年
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2603740
車で移動中に聴こうかと思って軽い気持ちで買ったのだけど、もうこればっかり聴いてますぞ。

04位 DVD ヴェルディ ドン・カルロ ムーティ&スカラ座、パヴァロッティ他
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1481661
ヴェルディ、というかイタリアオペラ全般が苦手だったんだけど、これでずいぶん考えが変わったので4位。

05位 DVD ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲第1番チェロ協奏曲第2番
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2701973
演奏も凄いが、この協奏曲2曲に出会えたこともありがたいので5位。

06位 DVD リュリ 叙情悲劇《ペルセ》(ペルセウス)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1475508
フランス叙情悲劇およびリュリという作曲家について始めて知ったわけで6位。

07位 DVD モンテヴェルディ 聖母マリアの夕べの祈り
http://www.hmv.co.jp/product/detail/723194
以下コメント略。

08位 DVD プロコフィエフ《ロメオとジュリエット》マクミラン振付、英国ロイヤル・バレエ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2686802

09位 DVD『こうもり』グシュルバウア指揮/ウィーン国立歌劇場
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3501636

10位 シューマン/ピアノ協奏曲、交響曲第4番、アルゲリッチ&シャイー
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1237823

| 音楽 | 08:04 PM | comments (0) | trackback (0) |
ブロック塀に白色セメントを塗ってみる。
ブロック塀ってダサイよな、と昔から思ってて、まぁべつにだからってそれがどうしたって感じで、特に気にするまでもなくこれまで生きてきたのだけれど、何故だか急にムラムラと我慢できなくなって、おもむろにホワイトセメントなどを塗ってみた。

まずは実験的に庭の隅っこのブロック塀をターゲットに。
ブロック塀に白色セメントを塗ってみる。

↓ホームセンターで買ってきた白色セメント。
ブロック塀に白色セメントを塗ってみる。

ブロック塀の汚れを落としつつ、表面を湿らせる(乾いていると塗ったセメントの水分を吸いすぎるため)。
ブロック塀に白色セメントを塗ってみる。

白色セメントを水で練る。セメントの硬化には充分な水分が必要であるが、少々盛り上げたかったので、やや少なめに。
ブロック塀に白色セメントを塗ってみる。

左官ゴテで、コテ跡を残すような感じで厚塗りする。
ブロック塀に白色セメントを塗ってみる。
やはり水分が少ないのかあまりパリッと固まらなくて、3日くらいのあいだは手で触るとポロポロ崩れてきたりする。これはもしや失敗かなどと思ったが、さらに数日経った頃には完璧に固まっていた。焦って触らない方がいいっすね。

| 日曜大工 | 05:34 PM | comments (0) | trackback (0) |
映画『トリスタンとイゾルデ あの日に誓う物語』 2006、米
http://movies.foxjapan.com/tristanandisolde/

冒頭にちょっとだけ媚薬みたいなのが出てきて、ああ、これが後に悲劇を生むあの媚薬か、って思ったら結局媚薬は使われずに、普通に恋愛感情が進行する話になってた。その他、話の筋は現代人向けに変更されてて、ベースとなっている中世の悲恋物語とは異なる部分も多いけど、しかしまぁ、実写映画で竜退治とか、媚薬で恋愛とかやっても、かえって不自然に映るだけなので、制作側としては真っ当な判断か。それにしても、プロットというか物語の進行の仕方が実に素直で、話の筋がとてもわかりやすい映画だった。

| 映画 | 07:57 PM | comments (0) | trackback (0) |
玄人志向 CMI8768P-DDEPCI(サウンドカード)購入
先日購入したONKYOのSE-90PCI、ハード自体はシンプルで悪くないのだが、ボード上の音声入力端子が無いというのはやっぱり不便。それと、イコライザで調整したり、エフェクトかけてみたりしながら音楽聴くのが好きなんだけど、付属のQSoundなる音響効果のソフトがどうにもイマイチで、設定項目がわけわからんし、機能を有効にするのに再起動求められたりするし、そもそもQSound使うと音質がガタ落ちな気がするんだけど・・・などという諸々の不満があって、もうちょっと低級な玄人志向CMI8768P-DDEPCI(実売3千円強)に買い換え。7.1ch対応で、安い割にやたら出力端子が付いており、そこがまた余計に安っぽいのだが、むしろそういうところがなんかほっとする。音声入力もボード上に端子が3つ並んでて、支障なくキャプチャボードでTVも見られるようになりました。チップはC-Mediaで、付属のXear3Dなる音響ソフトの操作がわかりやすくて良い。ということで、最近では珍しくヒットな買い物。ONKYOが駄目で、玄人志向のカードがいいとか、音楽的素養の程度が知れてしまいますな。

| 家電・パソコン | 09:54 PM | comments (0) | trackback (0) |
映画『王は踊る』を観る。
映画『王は踊る』
ベルギー・フランス・ドイツ合作、2000年制作
http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/cinema/ou/index.html

リュリが主役ということで以前から観たいと思っていた映画だけれども、レンタル屋になかったのでDVDを購入。
皆川達夫(著)『バロック音楽』及び岡田暁生(著)『西洋音楽史』などを読んでから観るべし。
そして、DVD 歌劇『ペルセ(ペルセウス)』とかも観るべし。

| 映画 | 10:00 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: