遠見塚古墳、雷神山古墳訪問
世の中お盆休みと言うことで、東北で最大級の古墳である雷神山古墳及び遠見塚古墳を訪れてみることに~。

まずは、仙台市若林区の遠見塚古墳。バイパス沿いにあるので、場所の特定は簡単である(というか、古墳の横を何度も通っているはずなのだが、意識してなかったから、古墳の存在に気が付いてなかったと思われる)。
せっかくの大古墳だが、駐車場は無いようで。しかも番地とかよくわからんので、目的地を遠見塚小学校(古墳のすぐ隣)にセットして行ってみたところ、非常に狭い道を曲がりくねって、紆余曲折の末、↓のような場所に。
遠見塚古墳
バイパスとちょうど反対側の入口っぽい。やはり駐車場はないので、いそいそと写真だけ撮りに行く。

東北地方第3位、県内第2位の規模ということで、けっこう大きい。
遠見塚古墳

前方部から、後円部を撮影。
遠見塚古墳

こちらは後円部から前方部を見渡した写真。あちら側に見えるのは4号線仙台バイパス。
遠見塚古墳
見渡しの良い平野に築かれている点が、本場大阪の古墳と共通するような。

案内板
遠見塚古墳

案内板には周辺の古墳情報が。
遠見塚古墳
だいぶ塗装が剥がれていて見づらいが、今後の参考になりそうである。

お次は東北最大の雷神山古墳。こちらは、駐車場やら多数の案内看板があって、それなりに観光名所っぽい。ただし、平野じゃなくて、山の頂にあり、たどり着くまで少々ややこしかった。

有名な古墳で、今さら何か紹介するようなことはないけど、自分用メモに案内看板を貼り付け。
雷神山古墳

雷神山古墳

雷神山古墳

雷神山古墳

左が後円部、右側が前方部。
雷神山古墳

後円部を登る階段。
雷神山古墳

後円部から前方部を望む。
雷神山古墳

↓の写真の方がわかりやすそうな感じである。
http://www.pref.miyagi.jp/bunkazai/siteibunkazai/siseki/kunisiseki/kuni-siseki05.htm

平野じゃなくて、丘の上ってところが、遠見塚古墳と違う。造築には自然の丘も利用されたそうなので、ちょっとずるいような気がしないでもない。今は森の中に隠れて存在するような感じになってしまっているが、往時は東側の森林がなくて、立派な古墳が技術力と国力を周辺に誇示する感じであったかも。

同じ場所にある小塚古墳。
小塚古墳

| 史跡・古墳・名所等 | 11:48 PM | comments (0) | trackback (0) |
胡粉みたいな粉末が山ほどあるのだが・・・
会社でホタテ貝の粉末を肥料として売っているのだけど、15kgで¥1600なのである。
http://www.hiryou-magic.com/nh_white_mineral.html
本来は土質改善用の肥料なのだが、葉面散布するとイモチ病に効くそうなので、この時期、大量に出荷されてゆく。

大きな袋にどっさり入っているのだが。

地塗りなどの用途に使えるのだろうか。
見た目はいかにも使えそうであるが、しかし、胡粉も製造工程とかの話を読むと、なかなか手間がかかっているので、そんな簡単にはいかないか。

ところで、pH9.6とあるが、そういえば、胡粉や白亜などのpHってどんな感じなのだろう。

| 絵画材料 | 12:36 AM | comments (2) | trackback (0) |
Nature And Its Symbols
Nature And Its Symbols (Guide to Imagery Series)

この手の本は数多あるけれども、いずれも文章が長くてクドイ、図版が白黒で、別のページにまとめて掲載されていたりするので、文章を追いながら確認するのが面倒、等々の不満があったのだが、本書は本文が短く纏まっており、図版は同じ見開きにカラーで掲載、さらに対象物にラインが引かれてあって、非常にスマート。
だからと言って、妙なバラエティ番組風に媚びるところもなく、好感度高し。





| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 10:17 PM | comments (2) | trackback (0) |
勢見ヶ森古墳(大郷町)
先日、宮城県図書館にて「宮城県黒川郡大郷町古墳発掘調査報告 - 昭和42年度調査」を閲覧し、大小寺古墳、及び、勢見ヶ森古墳という古墳の存在を知りまして。大小寺古墳は、12基から成る古墳群主墳であるという。雑木林の中にあったが刈り取ってみたら墳径25メートルの堂々とした古墳であった、そうなので、さっそく大郷町鶉崎大小寺周辺を適当に回ってみたが、それらしいものは発見できなかった。手がかりは、上記調査報告書の地図なんだけど、非常に位置の特定しにくい地図で、しかも40年以上前のものだから道路もずいぶん変わっている。まぁ、場所はそのうち町役場にでも聞いてみようかしらということで、あまり時間もないので、第二の目標である勢見ヶ森古墳の方へ。

大郷町ホームページに勢見ヶ森公園となるものが掲載されているので、たぶん、そこなのだろうということで向かってみる。例によって、場所とかアクセス方法が全く記されていないが。。。まぁ、そんなに難しくはない。おおよそ大和松島線沿いである。

車一台がようやく通れる山道を抜ける。
勢見ヶ森古墳

古墳の標識発見。
勢見ヶ森古墳

登ってみる。
勢見ヶ森古墳

頂上に前方後円墳の形になっている遺構があった。
勢見ヶ森古墳
ちなみに、柵で囲まれているところが前方部分で、現在は浄水施設になっている。

しかし、前方後円墳だとしたら、小さすぎるし、そもそも大郷町に前方後円墳があるとは思えない。
詳細は↓参照。
勢見ヶ森古墳

調査報告書でも、古墳なのかそうでないのか、微妙な感じに書かれている。いずれにしても、大小寺古墳を見つけなければ。

公園というだけあって、一応、ブランコと滑り台、トイレがあった。
勢見ヶ森古墳

| 史跡・古墳・名所等 | 10:00 PM | comments (0) | trackback (0) |
コンデジ、ペンタックス Optio A40 購入。
ちょっとしたものを撮るにも、一眼レフデジカメを持ち歩いているのだが、さすがに重くて。。。
この前、大阪の古墳群を歴訪のときは、正直しんどかった。
あと、機械にも負担がかかって、寿命を縮めているような気もする。

というわけで、久々にコンパクトデジカメを買ってみた。→ PENTAX Optio A40
PENTAX Optio A40
左に置いてあるのは、携帯電話。こんぐらいの大きさってことで、参考までに。

コンデジの中でも特に小さめな部類なんだけど、CCDサイズは1/1.7で、一般的なコンデジの1/2.5より大きい。
参考
http://tanupack.com/tanupack/gabasaku/CCD.htm

しかもISO 50の設定とかできる。まぁ、Web上で検索して、いろいろとサンプル画像を見てみたところ、ダントツでイイ画が撮れてたんで、興味を持ったんだけど、最大の理由はやはり安いってところか。約17,000円だった。
ちなみに、既に生産は終わっているようで、最後っ屁あたりを購入したようである。

さっそく町内の史跡を訪れて撮影してみた。
PENTAX Optio A40
天気の良い日に、ISO50で撮影すると、けっこう悪くない写り(大きなファイルを上げたくないので、リサイズ済)。

看板の文字とかもくっきり写っております。
PENTAX Optio A40

| 家電・パソコン | 12:34 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: