灰というものについて。
最近、染色、ガラス制作、釉薬などいろいろ試しているうちに、灰というものにいたく感心するようになった。木材その他をしっかりと燃やすと、最後に灰が残るから、これは常日的に頻繁に目にしているものであるが、この灰というのはなかなか有用な物質で、昔はこれを広い用途に活用していたそうである。灰は、水に入れて灰汁を作ることができるが、これはなかなか強いアルカリ性の液体となって、いろんな用途に使える。灰には多くの金属物質が残っていて、釉薬として使用すると様々の色になったりする。古代世界のガラス製造は砂にソーダを混ぜることで燃焼温度を下げていたが、地中海世界がイスラム圏になってからのヨーロッパでは、ソーダが入手できなくなった為に、代わりに灰を用いるようになった等々、挙げるとキリがない。
参考:灰 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%B0

釉薬においては、そもそも原始的なものでは、窯の中で燃やした薪の灰をかぶって、自然と釉薬になったりしたという話があるほど重要である。

しかし、現在使用中の窯は灯油式なので、薪の灰はかぶらない。
そこで、釉薬をかけるように、灰をたっぷりかけて焼いてみることにする。
べつに珍しいものではなく、灰釉と言って、普通に陶芸品店で売っているが。
灰釉
ちなみに、この前やってみた灰釉は、袋に「陶磁器用灰釉」と書かれていたが、今回使用するものは「水簸天然木灰」とある。何が違うか調べたかったが、メーカー名で検索しても、公式サイトみたいなものは見つからなかった。

まずは、灰を水で溶く。
灰釉

そこに、素焼きの陶器を浸す。
灰釉

薄すぎであろうかと思うが、ちょっと灰が被ったくらいな感じにならないものかと、試行錯誤中な為である。
灰釉

↓焼きがあり。
灰釉
素焼きをそのまま本焼きしたものと色が全く変わらない。よく見ると、ところどころ深緑のガラス状物質が見えるが、むしろ何かの汚れかと思われそうである。

まぁ、釉薬としては、灰は粘土と混ぜて使うのが筋であろうということで、長石を混ぜてみることに。
灰釉

というわけで、こんな感じでかけてみた。
灰釉

焼き上がりは↓このような感じである。
灰釉
なかなか悪くないかも。

ひっくり返したところ。
灰釉

| 釉薬・ガラス工芸 | 03:10 PM | comments (0) | trackback (0) |
長石を使ってみる。
志野茶碗が嫌いな日本人というのはまずいないと思われるが、さほど陶器に愛着のない私でも、東博とかで↓みたいなのを見るのは悪い気分ではない。
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?processId=00&ref=2&Q1=&Q2=&Q3=&Q4=11______631__&Q5=&F1=&F2=&pageId=E15&colid=G5749

志野茶碗の釉薬は長石なんだそうで、訳あって長石がどっさりとあるので、試しに長石のみを釉薬として使ってみることに。
長石

長石
本当は、カオリンとかいろいろ混ぜて調整した方がいいのだろうけど、まぁ、素材そのものの性質を知りたいということで、純粋に長石のみで。いろいろ混ぜるのは後からやろうかと。

ということで、長石と水のみで成る釉薬を素焼きの茶碗にかけた。
長石

本焼き前の状態。
長石

で、↓が1260℃で本焼き後であるが、ものの見事に剥離している。無念。
長石

ちなみに、別の器にも同じ釉薬を施釉していたが・・・
長石

こちらは、わりといい感じである。
長石
窯の中でも位置によって温度とか火の通りが違うらしいが、長石の融点が1200℃であるからして、1260℃という焼成温度は微妙なラインだったかもしれない。だからと言って、先の茶碗みたいに極端に剥離するもんだろうかなぁ。

貫入みたいなのが、すごいたくさん見えて、見た目には面白い(なにかの拍子で剥がれてきたりしないか、ちょっと心配だが)。
長石

とりあえず、まだまだ志野っぽくないような気がする。次は石灰、カオリン等を混ぜてみるか。

| 釉薬・ガラス工芸 | 11:57 PM | comments (0) | trackback (0) |
着々と軽登山用装備を調える。
最近、休日天気が良ければ軽く山を登っており、軽登山に必要な装備も整いつつある。登っているのはだいたい七ツ森であり、標高300メートル前後の山々なので、あまり重装備だとかえって足をひっぱるから、状況に合わせて必要最小限な感じで揃えている。

軽登山装備
まずは手持ちのコートが重いと思ったので、イトーヨーカドーで軽いジャンパーを購入。¥1900だったが、妙に立派である。ホームセンターで防水ズボン。厚手の帽子(いざとなったら、顔全体を覆えるやつ)。荷物はほとんど持たないので、リュックはダイソーで買った¥735のもの。

軽登山装備
リュックからぶら下がるのは、熊よけの鈴、方位磁針、ホイッスル、カウベル。実はほとんど100円ショップで買ったものである。100円ショップの鈴がいまいち響きが悪く、熊よけになりそうでなかったので、Amazonにてハイマウントのカウベル(S)を購入。これはなかなか立派である。ホイッスルは100円ショップものとは言え、日本製であり、必要充分な感じ。

リュックの中に入っているのは、手でちぎって使えるハサミ要らずの包帯、非常食のスニッカーズ、手動発電の懐中電灯。
軽登山装備
手動発電の懐中電灯は、実際に真っ暗な状態で階段などを歩いてみたが、それなりに使える。下山前に日が暮れてしまう、なんてことは七ツ森登山ではまず起こらないとは思うが(どこからでも1時間以内には車道に出られる)、でも、持っていると、なんとなく心に余裕ができるであろう。手動発電なので電池を気にせずいつまでも使えそうな点が心強い。しかし、ずっと発電しながら歩き続けたら、途中で機械的な疲労により壊れそうな気がしないでもない。片手が塞がるのも不便。
ということで、スタパビジョン↓の「そしな」で紹介されていた超小型LEDライト PETZL e-liteなるものがいいかなぁ、と検討中。
http://video.watch.impress.co.jp/static/stapa/2008/0715/004flash.htm
「そしな」では、非接触温度計というのも紹介されているが、これもちょっと興味がある。膠液作りとか、乾性油のボイルとか、コーパルワニス作りに役立ちそうな気も。

で、七ツ森であるが、登っていて気が付いたのだが、どの山も片側が岩だらけであり、反対側は土なのである。
風に当てられてる方が岩肌になるのだろうか。

先日登った鎌倉山は、こんな感じで岩だらけ。
軽登山装備

しかし、別ルートは土やら落ち葉やらで、柔らかい。
軽登山装備

撫倉山も、大倉山も同様である。

| 登山・アウトドア | 11:31 PM | comments (1) | trackback (0) |
消しゴムで消せるカラーシャープ芯を買う。
本を読むのは好きだが、本自体をあまり大事にはしていないかも。メモ書き、線引き等しまくり、風呂の中でも読むので、読み終わる頃にはボロボロである。ちなみに、線引きしながら読むと1冊読み終えるのに通常の3倍ぐらいの時間がかかってしまうので、それ自体は効率的ではないが、後から内容を確認したりする必要がある分野、例えば自分の場合、絵画材料の本などは事実関係を確認するために何度も開いて該当箇所を確認する必要に迫られるから、線引きやメモ書きしてあると便利である。特に洋書はアルファベット文字列なので、視覚的に目的の箇所を見つけ出すのが大変で、重要だと思ったところに漢字数文字で要約っぽいメモをしておくと、それだけでずいぶん違う。
しかし、古本等で他人が線引きした本に当たってしまうと非常に気恥ずかしいというか、こんな意味もない箇所に線引いたりしてバカじゃね?、などと思ってしまうのが常である。まぁ、同じ本を読んでも、人それぞれで得ようとしている情報がまるで違うのだろうということなんだろうけど、少なくとも自分が線引きした本は他人には見せられませんなぁ。しかも1万円以上する本でも、けっこう躊躇無くボールペンで書き込みしてしまっていたのだが、少しは遠慮してみようかと思い、消しゴムで消せるカラー芯、というのを買ってきた。
その昔、消せる色鉛筆というのを買って使ったが、いまいちちゃんと消えてくれなかった記憶があったりして、さほど期待していなかったのだけど、さっそく使ってみたら、普通に消しゴムできれいに消せたので満足。

| その他 | 07:22 PM | comments (0) | trackback (0) |
灰釉を試す。
以前、東博で灰釉有蓋壺なるものを見て、まぁ、正直、個人的に好みの色調ではないんだけれど、こういうのをちょっとやってみたいと思ったりはしたのである。

■灰釉有蓋壺
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?processId=00&ref=2&Q1=&Q2=&Q3=&Q4=11______631__&Q5=&F1=&F2=&pageId=E15&colid=G5724

そして、ここに何故か、陶芸用灰釉なる袋が。
陶芸用灰釉

水に溶く。普通よりかなり薄めかもしれない。
陶芸用灰釉

素焼きした陶器に釉薬をかける。
陶芸用灰釉

ちょっと薄すぎるかもしれないが、灰釉有蓋壺風だとこのくらいではなかろうか。
陶芸用灰釉

本焼き後。
陶芸用灰釉

そもそも、素地の粘度の色が違ったようであるが、釉薬の部分はまぁ、こんな感じなのか。

| 釉薬・ガラス工芸 | 11:40 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: