よもぎで染色
以前、色材の勉強にと思って手当たり次第に買った染料がまだたくさん残っており、死蔵させておくのも何なので、順次使っていってみようか。しかし、藍、コチニール、スオウなどメジャーなところを試し終わると、残りはわりと淡い色合いの染料がほとんどで、西洋絵画系を専攻した者にとっては、ちょっと馴染み難いものが無きにしもあらずである。

そんなことも言ってられないので、今回は「よもぎ」とやらを。
よもぎ

とりあえず、染料を煮出す為の火を用意するのだが、枯れてしまった庭の木を燃料としてとってあったりする。
よもぎ

さらに新兵器として、現代火打ち石、ライトマイファイアー ファイヤースチールスカウトも用意。
ベア先生がよく使っているやつである(17:45あたりから使い方を紹介している)。


というわけで、少量のティッシュと新聞紙を火口に着火を試みる。
よもぎ

雨が降っていることもあって、燃えやすいという松葉も加えたが、それでも、なかなか薪が燃えてくれない。
この薪であるが、どうもナナカマドだったらしい。名前の由来が「七回竈に入れても燃え残る」というくらいに火付きが悪いそうだ。

この天候でナナカマドは無理だろうと判断し、建材用の木材に変更。
よもぎ
あっという間に火が着いた。

ガンガン煮出す。けっこう濃い色が出るものですな。
よもぎ

生地を入れると、やはり淡い色だが、そこがいいのだろう。
よもぎ

日本の伝統色名にまだまだ疎い、というか、色名と色が全然頭に入らないので、体験しつつ憶えていかなければ。

| 絵画材料 | 02:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
夏になったら樹脂を採集してみたい。
↓この本の表紙のばあさんを見ると、自分でもなんとなく樹脂を集めてみたいと思わずにいられない。
Plant Resins

ベア・グリルスのサバイバル術でも、樹脂を集めて活用するテクニックがたまに紹介されている。
↓ベアが樹脂を集めてカヌーの修理をしている(7:00あたりから)。

ベア先生は他の回でもその場で松脂をささっと集めていろんな用途に活用しており、アフリカではアラビアゴムらしきものをつまんで食べていたこともあった。

そんなわけで、自宅の庭に松などをはじめ数種類の木が植わっているので、傷を付けて樹脂採取をやってみようかなと(夏の方が樹脂が柔らかく、採取しやすいかと思われる)。

| 絵画材料 | 12:40 PM | comments (2) | trackback (0) |
EOS Kiss X3購入。
かれこれ5年ほど使用したEOS KissDNもずいぶんガタが来て、何かと調子悪くなることが多くなってきたので、新しいカメラを購入。リモコンやらレンズやら装備品を引き継ぎたかったので、無難にKissX3にしてしまった。


左KissX3、右KissDN

それにしても。18-55mmのズームレンズ付きで5万円台とか。
これまではタムロンの18-200mmズームレンズを装着して持ち歩いていたのだが、街やら山やらの風景撮る時なんか55mm以降は使わんし、これで充分か。レンズが軽くなるとカメラ全体の重量も下がるので、1kg超えていたのが800gを切るぐらいに軽量化された。登山の際は、ずいぶん楽になるかもしれん。

機能的にはセンサーダストを3段階で除去するっていうのが、ありがたい進化である。
KissDNは使用後2年目ぐらいでボディ内に異物が混入して、↓みたいなゴミが写るようになってたんですね。

これは別にレンズ交換とか頻繁にやらなくても、ミラーの動きとか機械の内部の動作だけで発生するらしい。フィルムカメラならフィルムにゴミが付いたところで、撮影するたびに次々流れていくものだから問題ないが、デジタルだとセンサーに付着したら、取らなきゃそのままっていうことらしい。しかし、ブロアで吹いてもなかなか落ちないんすよね。メーカーに持ち込めば14800円ぐらいでメンテナンスしてくれるそうだが、定期的にこんなんやってたら経費がかかりすぎるし。

| 家電・パソコン | 01:31 AM | comments (1) | trackback (0) |
ナン用ミックス
S&B「もちふわナン用ミックス」なるものを買ってみた。
http://www.sbotodoke.com/app/catalog/goods?gdsid=11623

よくよく考えてみれば、小麦粉ってのはパンになったり、クレープになったり、うどんになったり、ケーキになったとり、なかなか興味深いですなぁと、ふと、そんなことが気になりだしたのだが・・・。
参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%BA%A6%E7%B2%89

で、粉に水を混ぜて15分ほど練る。
ナン用ミックス

30~60分間発酵させるそうな。
ナン用ミックス

ひらたく伸ばす。
ナン用ミックス

焼く。
ナン用ミックス

焦げとりますがな!
ナン用ミックス

あまり美味しそうではない。
ナン用ミックス
たぶん水が少なかったせいで、柔らかさが足りなくなったのだろう。

| その他 | 12:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
オウルテック Woody Land OWL-SPWL10
最近安いスピーカーを聞き比べて楽しんでたりしているんだけど(しばらく使った後はヤクオクに)、今回買ったのはオウルテックのWoody Land OWL-SPWL10Amaoznで¥4,320也。

OWL-SPWL10

左右5W+ウーファ15Wで、背面の音声入力は1本だけど、正面に追加の入力とヘッドフォン端子が付いている。一応本体横にウーファが付いているので、低音はそれなりに出ており、しかも大したウーファじゃないので、あまりうるさくない。高音が少々シャカシャカ的な感じなのだが、ウーファがあるから全体としてそれなりの音になっているような。BASSをオフにすると中~高音はやはり安っぽい。高音域の音が多い曲は少々耳障りだったりする。具体例で言うと一昔前のFM音源的ゲーム音楽なんかは、すごいキンキンで気分が悪くなる。あと、BASSをonにしていると、無音状態のときに「ブッ」という呻るような変な音が時たま鳴ったりしてビビる。頻繁に鳴るのじゃなくて、忘れたことに突然来るので、その度ビックリするわけである。これはネット上の口コミでも書かれているので、そういう製品ということなのだろう。これは一番の欠点かも。

でもまぁ、5千円以下のスピーカーは田舎の家電店も試聴できるんで、いろいろ試し聴きしたものだけど、そのランクの中ではかなり良い方なんじゃないかと。既に売ってしまったX-140の印象と比べると、やはり木のスピーカーの方がずっといいですなぁ。エイジングしていくにつれて良くなるかもっていう期待もあるし。じっくり音楽鑑賞というにはいかないけど、BASSを大きくして映画とか観ると悪くないし。

| 家電・パソコン | 01:12 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: