ドミニカ産アンバー(琥珀)を磨く
ドミニカ産アンバー(琥珀)原石(土付きラフ)なるものを買ってみた。
http://morpho.info/index.php?action_MAindex=true&item=836#

琥珀というと、ラングレのファン・アイクの章を思い出しますなぁ。
まだ大規模な技法書に不慣れだった初見時でも、琥珀はどうだろうかと思いながら読んだものですが。
琥珀のことばかり書いているので念のため断っておとく、琥珀を絵画に使いたいとは今のところ考えてないです。

で、購入した琥珀だけれども、10g:850円で↓な感じ。
ドミニカ産アンバー(琥珀)

琥珀というと、写真などで目にするのはぴかぴかに加工された宝飾品がほとんどであり、実際はどんな感じで採れるのかけっこう興味がある。
本などで採集の様子について読んではいるけれど、画像なんか見てみたいものだと思って検索してみた↓。

http://tatsu348.blog10.fc2.com/blog-entry-49.html
http://tatsu348.blog10.fc2.com/blog-entry-139.html
http://www10.ocn.ne.jp/~kohaku/izanai.html

なかなか楽しそう。

話を手元の樹脂に戻すと、土付きラフの如く土が着いたままなので、とりあえず洗ってみる。
ドミニカ産アンバー(琥珀)
土が取れると、なんとなく琥珀っていうのは判るような感じに。

400番ぐらいの粗いペーパーで研磨し始める。
ドミニカ産アンバー(琥珀)

コーパル磨きで思い知ったが、宝飾品みたいに丸くて綺麗な状態にしようと思うと、それなりの塊を使っても、ほんとに小さくなるくらいに削らないといけないので、あまりハードルを上げずにほどほどの綺麗さを目標にした方が無難である。宝飾品の丸い綺麗な琥珀は選ばれしエリート原石というところか。

ドミニカ産アンバー(琥珀)
力を入れ過ぎたら、割れてしまった。

徐々に細かなペーパーに替えてゆきながら研磨するのだが、2000番に達しても削り跡で曇った状態のままなので、超細密研磨フィルム#6000を取り出す。
ドミニカ産アンバー(琥珀)

これで磨いていると、ようやくピカピカ艶のある透明色の表面になる。
ドミニカ産アンバー(琥珀)

さらに仕上げにセーム革で(コンパウンドで仕上げたいところだけど、近所のホームセンターになかった)。
ドミニカ産アンバー(琥珀)

完成。
ドミニカ産アンバー(琥珀)
おや? なんか、虫みたいなのが入ってますな。

| 絵画材料 | 12:48 AM | comments (1) | trackback (0) |
怖い話
さっぱり涼しくならないので、ネットで怖い動画を探してみた。



これは...怖いとか怖くないとかいう以前に、いろいろ課題がありそうな。。。
特に最後は駄洒落というか、落語のオチみたいなんですけど。

| ゲーム | 01:01 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: