布だけに
騙し絵的に布を取り入れようと思ってたのだけど、だんだん布だけになってきた。
制作中

まだ制作中。
制作中

| 絵画制作 | 01:07 PM | comments (6) | trackback (0) |
食用油チェック
顔料と混ぜて塗布してみようと思って、いろいろ油を蒐集中。

まずは胡麻油。
食用オイル
それなりのリノール酸とわずかのリノレン酸を含む半乾性油。
食用オイル
「生搾り」って書いてあります。
搾油の際は種子を炒ってから搾油することが多いようで、『油の絵本』(農文協)には、炒る理由に関して「・・・熱を加えるのは、タネの中の酵素の働きをとめて、タンパク質をかためて油をでやすくするためだ。酵素が働くと、いやなにおいがでたり、酸化が進んだりするよ。」というようなことが書かれてある。それにしてもこの本、子ども図書室で見つけたのだが、子どもがこんなん読むのかしら。

綿実油(めんじつゆ)もリノール酸を5割ほど含む模様。
食用オイル

普通のサラダオイル。
食用オイル
最も普及品的な感じのものを買ってきた。

大豆油となたね油の混合。大豆油も5割ほどリノール酸を含む半乾性油で、もしかしたら塗料を乾燥させる可能性があるかもしれんような気がするけれど、オレイン酸主体(リノール酸は2~3割)のなたね油で薄まっているから駄目か。
食用オイル

ちなみに自宅では食料のほとんどの用途にオリーブオイルを使用しているので、サラダ油というものを滅多に見かけない。

ハイリノールのひまわり油
食用オイル

食用オイル
近所のスーパーではハイオレイン種しか売っていなかったので、ネットで注文。

↓こちらはハイオレインのひまわり油。
食用オイル
↓こんな紙がついていた。
食用オイル

以上、メモ替わりということで。

| 絵画材料 | 02:02 AM | comments (0) | trackback (0) |
制作中
製作中

赤い部分はカドミウムレッドを使用していたが、赤すぎるので、今はバーントシエナを使って、明るい部分にバーミリオンを使うような感じに。
マツダのバーントシエナは意外と赤い。あと、Natural Pigmentsで購入したミニウムもどんどん使ってみたいです。

自室が広くて(13畳+物入2畳)、寝食と制作する部屋が一緒になっているのだけど、布団の埃とかが大量発生するので、制作途中の絵を安い額縁に入れてあったりする。空気が通った方が油膜の乾燥が速まりそうな気がするので、アクリル板にピンバイスで小さな穴を開けてみたらどうだろうかと思案中。

| 絵画制作 | 01:17 PM | comments (0) | trackback (0) |
山繭(ヤママユ)
山道を歩いていたら、山繭があちこちにあった。
山繭(ヤママユ)

これで絹糸が作れるそうで。

参考:http://www.ubazakura.net/mayu.html

幼虫はコナラなどの葉を食べていたそうで、雑木林などで繭になって、我になって飛んでいくんでしょうな。

山繭(ヤママユ)

絵画材料ってわけでもないけど、雑木林は素材の宝庫ですな。

| 絵画材料 | 11:41 PM | comments (0) | trackback (0) |
ライ麦粉でパンを焼いてみた。
食べ物に関してまるで興味を持たずに人生を過ごしてきたので、些か曖昧な記憶であるけど、ヨーロッパのスーパーには黒っぽいパンが多かったなぁという印象がある。安くて、重くて、大きくて、黒くて、薄くスライスされてた記憶が。

ドイツやロシアなど寒い気候の土地では小麦よりライ麦の方が育ちやすいので、ライ麦パンがつくられるようになった、という話を、先日『つくってあそぼう パンの絵本』という本を読んで知ったところなんですが、さっそくライ麦粉を買って、ホームベーカリーで焼いてみた。

いろいろ試してみたのだが、ライ麦だけではなかなかパンが膨れないようである。グルテンが足りずにイーストで膨らまないそうな。だから身の詰まった重いパンになるのか。

これまでに試したところでは、ライ麦1に強力粉2だと、普通に綺麗に何の問題もなくふっくら焼き上がる。でも、これはライ麦パンとは言えないと思う。
ライ麦1と強力粉1だと、少々ふくらみが足りずに、皮も固くなるが、私の記憶にあるヨーロッパのパンはこんな感じだったような気がする。
もっとライ麦を増やすと、小さめの固い塊ができて、これはかなりよくかんで食べないといけないので、慣れない人には非常に不評になりそうだが、なかなかライ麦パンっぽくていいのかもしれない。

↓これはライ麦1と強力粉1
ライ麦パン

蜂蜜とマーガリンをかけてみた。
ライ麦パン

ペッパーとガーリック入りチーズを載せてみた。
ライ麦パン

| その他 | 12:17 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: