亜麻の種を植えてみた。
「亜麻の里」さん、というサイトで亜麻の種を購入。
http://www.amanosato.jp/

観賞用の亜麻だそうで。
亜麻

とりあえず育苗するつもりで小プランターに蒔いてみた。
亜麻

ホームセンターでポピーの苗を購入。
オリエンタルポピー
オリエンタル・ポピー・ビューティオブリバーメアと書いてあります。
オニゲシですな。

なお、ケシの一部は栽培が規制されております。
■植えてはいけないケシの見分け方
http://www.tokyo-eiken.go.jp/plant/keshi-miwakekata.html
オリエンタルポピー(オニゲシ)は植えてはいけないハカマオニゲシによく似ているようで、間違って通報されたりしないか少々心配な気がしないでもない。

ケシは、東京都薬用植物園で栽培されているのを見ることができるそうで。
http://www.tokyo-eiken.go.jp/plant/yakuyo001.html

ケシ以外のケシ属では、採れる油の成分はどんなものなのだろうか。

タデアイは順調に芽が出てきております。
タデアイ
茎の部分が赤っぽいところが、既にタデアイっぽくてよろしい感じ。

ベニバナも、適当な場所に植えたにしては、なかなか立派に育っている。
ベニバナ

昨年植樹したコナラ、ミズナラも、先っちょに芽が出ているので、ちゃんと生存しているようである。
コナラ

| 絵画材料 | 01:29 AM | comments (0) | trackback (0) |
銅媒染剤ができたっぽい。
地震で室内がぐちゃぐちゃになったこともあって、ちょくちょく掃除などしつつ、不要なものを整理しているのだけど、改めて確認すると部屋中からいろいろあやしげなものが発見されてくる。

3年ほど前、氷酢酸と銅線で銅媒染剤を作ろうとしていたものが出てきた。
銅媒染剤

これ、試した当初は、やや薄青くはなったものの、その後は変化なく、失敗だったのだろうかと思っていたが、久々に発見したら、すっかり濃い青になっておりますね。銅の反応は面白いです。

↓仕込み時の模様
銅媒染剤

今は既に銅媒染剤に興味はなくなってしまったのだが、まぁそのうち使う機会もあるかもしれないし、せっかくなのでとっておこう。

それにしても、蓋が腐食して盛り上がってきているのが怖い。


これは大丈夫だろうけど、部屋の奥でいつの間にか何かが毒ガスが発生させていたりしないか、ちょっと心配にならないでもない。

同じく、氷酢酸と鉛板にて、鉛白を生成させようとしていたものも発見された。
鉛白

普通のお酢でやったサンプルの方が反応が速かったので、そちらばかり注目していたため、氷酢酸使用の方を忘れてしまってたんですな。
う~ん、これどうしよう。

| 絵画材料 | 01:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
おはなし名画シリーズがなかなか良い件
■おはなし名画シリーズ
http://www.hakugado.co.jp/meiga.htm

今のところ、『ゴッホとゴーギャン』『クレー』『セザンヌとスーラ』『ミレーとコロー』『フェルメールとレンブラント』に目を通したところだけど、いずれもテキストが素晴らしく、読んでいると絵を描かずにいれれない気分になってくる。図書館の子供用図書室から借りてきたのだけど、地震で図書館が閉館しているため、続きは当面借りられない。図書館にアジャストされたような感じの本で、けっこうデカイので個人で買うのは躊躇われる。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 12:53 AM | comments (0) | trackback (0) |
蝋が余っているので、停電時のためにロウソクをつくる。
絵画材料の勉強の為にと思って、さまざまな蝋を買い集めたりしたことがあったのだけど、蜜蝋以外はそれほど使う機会がなくて。。。
蜜蝋にしても、蝋画をやるわけでもないので、それほど使わない。ということで、蝋が余っているというか、このまま死蔵させても何にもならないので、蝋燭にしてみようかと。

ロウソク作り

まずは、キャンドル製作用のガラスの器と、芯を買ってみた。
ロウソク作り

芯は、自立させることができて、タコ糸なんか使うよりも、ちょっと楽になりそうである。
ロウソク作り

こんな感じで、あとは熱で溶かすだけ。
ロウソク作り

ちなみに、ガラスは120円、芯が50円なので、まぁ、百円均一で似たようなアロマ蝋燭買った方が遙かにお得であるか。。。

保温プレートで温める。保温するぐらいので熱しか出ないけど、蝋を溶かすことはできる。融点の高い蝋はちょっと時間がかかるが。
ロウソク作り
焼き肉用ホットプレートの方が速いかもしれんね。

完成
ロウソク作り

カルナバ蝋は、柔軟性がなくて、単体では蝋燭を作れそうになかったので、いくらか蜜蝋を混ぜている。でも割れましたな。というか、固まったあとに、簡単にガラス容器から取り出せるのがすごい。
これまでは、蝋の性質を実感するために、単体でいじってきたけれども、今後はブレンドしつつ使ってみたいと思う。

| 絵画材料 | 01:11 AM | comments (0) | trackback (0) |
コチニール
コチニール顔料ですが、なかなかいいかもしれません。

不透明な絵具と違って、なかなか写真では魅力は伝わらないですけど、ちょっとただならぬ感じの輝き方をしており、他の絵とまるで存在感が違うというか。。

コチニール

少なくとも、いろいろ試した中で、もっともレンブラントらしい赤になっているなぁと。

もっとも、個人的にはここまで大量に染料系の赤絵具を使用するということがなかったので、それだけ新鮮な感じなのかもしれない、という面もあるかもしれませんが。。

顔料を練るときに手元が狂って、油を多く加えすぎてしまったのだけど、さらに流動性の高いサンブリーチドオイルを使っていたために、絵具というより液状のコチニール染液みたいになってしまったのだが、それがかえってよかったかもしれません。一般のアリザリンレーキ絵具なども、流動性の高い油を加えて、超軟練りにして使用すると、レンブラント的赤に近い状態を作れるかと。

| 絵画制作 | 11:23 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: