ヒナゲシ
今まで全く意識してなかったけど、ヒナゲシって道路脇とか空き地とかいろんなところに生えているんですな。種が落ちる前に切ってしまわないと、どかどかと増えてしまうそうで、近所にもどっさり生えている荒れ地があった。



Wikipediaによると、英語の場合、”poppy”は「ヒナゲシ」を指し、ケシの方は”opium poppy”というそうである。油絵用のポピーオイルは、Ralph Mayer の ART TERMS & TECHNIQUESによると、...extracted from seeds of the opium poppy.とあるので、やはり opium poppy、アヘンが採れる方の「ケシ」ということですかね。

ケシとヒナゲシの見分け方であるけども、葉や茎、つぼみなど全体的に毛が生えている方が「ヒナゲシ」で、無毛または少々の毛だけなのが「ケシ」とか。



とりあえず、これは全体的に毛がもしゃもしゃと生えているので、ヒナゲシというわけですか。



あとは、ケシは、葉の根本のところが、茎をくるっと囲んでいるそうで、これはそうなってないので、ヒナゲシ。
さらに、ヒナゲシは葉の切れ目が深いとか。確かに深いですね。


| 家庭園芸 | 12:57 AM | comments (0) | trackback (0) |
ウェルド(Reseda luteola)の種を購入。
Weldという染料を最初に知ったのは、確か、D.V.ThompsonのThe Materials and Techniques of Medieval Painting を読んだときである。ウェルドのみならず、絵画材料における染料の重要性を知ったのも、この本であったけど、その後もヨーロッパの古画について研究した本や、エセル・メレの『植物染色』等イギリスの染色技法書には、Weldという黄色の染料が必ず登場し、それが何なのかよくわからなくて、長いこと気がかりだった。ここ数年でネット上の情報が大幅に増え、いろいろ検索しつつおぼろげにわかってきたことは、学名が Reseda luteola、和名がキバナモクセイソウというところである。ヨーロッパではサフランも有名だけど、それは高価で希少なので、ウェルドの方が利用頻度高かったのではなかろうかと。ちなみに、サフランの球根もうちの庭に埋められておりますが、今は休眠中で、秋頃に咲くみたいである。

で、ネットで検索しているうちに「ウェルド ダイヤーズ」という種を見付けたので、さっそく注文した。ダイヤーズということは、染色家用という意味ですか。なかなか品揃えの良い種屋さんだったので、ついでにフラックス(中国産)、フラックス ゴールデン(オランダ産)、と亜麻の種も注文。さらには、「マダー」、「ウッドラフ ダイヤース」と赤い染料の種も買ってみた。

ウェルド、亜麻、マダー

前回「亜麻の里」さんから購入した亜麻は、種がほんのわずかし入っておらず、発芽したのが3つであり、現状生き残りの小さな芽が2つ弱々しく生えているだけで、ほぼ失敗でした。種から育てるというのは、とりあえずたくさん蒔いて、生えてきたのを間引きなどして選ばれた戦士を育てるようなイメージだったが、種が少量しか入っていないと難しいものがあり、やはり成功の確率がぐっと下がる。今回購入したゴールデンフラックスを開けたら、これも歯カス程度の僅かの粒しか入っていない。マダーも、僅かの種で、よほど丁寧に育苗しないと難しそうだ。ウェルドはそこその数の種が入っていたので、これはちょっと安心した。ウェルドが買えたのは嬉しいけど、しかし今のところ全般的にこのシリーズはいまいちお勧めはできかねるということにしておきましょう。

同時に、「ハーブ&アロマ花と香りの店」さんというショップでも亜麻の種、ペレニアルフラックスホワイト(多年生の亜麻)を買ったけど、これは一般的な種商品と同じくらいの量が入っていて安心した。食用の亜麻種子は大きな袋にどっさりと入っているから、もし煎られていなかった場合、それを植えた方が数量的にずっとマシなような気がする。ただし現在は、生の亜麻種子を食用として販売するのは規制されているようである。

というわけで、ウェルドであるが、育苗に失敗しないよう、ピートモス、バーミキュライト、赤玉土などを買ってきた。
ウェルド、亜麻、マダー

育苗ポットじゃなくて、やはりプランターに植えてしまうのだが。
ウェルド、亜麻、マダー
気がかりなのは、種を蒔く時期が遅いかもしれないという点だが、日本で、あるいは東北でいつ巻けばいいかという情報はないので、やってみるしかない。

| 家庭園芸 | 11:43 PM | comments (0) | trackback (0) |
タデアイを移植
プランターにタデアイの種を蒔いて育てていましたが、だいぶ混み合ってきたので、まだちょっと早いような気もするけど、畑に移植すること。

タデアイ

まずは親戚の畑に。
タデアイ

自宅の花壇に。
タデアイ

それでも、まだ苗があるので、庭の中で土のある場所を見付けて植える。
タデアイ

ひと袋の種で随分育つもんですね。

| 家庭園芸 | 02:05 AM | comments (0) | trackback (0) |
23インチ液晶モニタ 三菱電機 RDT232WX-S 購入。
主にDVDを観る為に使用していた24インチ液晶モニタが、先の地震で壊れてしまったので、その替わりという感じで、三菱電機 RDT232WX-Sを購入。

RDT232WX-S

以前使っていた24インチモニタは、本体重量が10kgぐらいあって、けっこう暑苦しい存在感があったけど、今回は約6kgで、見た目的にも随分コンパクトに見える。というか、届いた外箱も以前の半分ぐらい、もしかしたらそれ以下っていうぐらいの体積である。

実はちょっと前まで27インチのRDT271WVなんか買おうかと考えていたのだけれど、地震が続いたせいか、大きなモニタを買うような気分じゃなくなってしまい、無難なところで23インチワイドモニタにしてしまった。あんまり大きくはないけど、一応IPSパネルなんで、映像の映りはとってもいいですけど。

RDT232WX-S

今回は、試しに、ECカレントという、価格.comで頻繁に最安値を付けているショップで買ってみた。恐る恐るという感じで注文したけど、普通に翌日届いたし、↓を全画面表示させてみたが、ドット抜けもなさそうな感じであります。
http://www.youtube.com/watch?v=GQ-6kxKvX1U

そう遠くないうちにまた地震がきそうな予測もあるので、耐震固定ベルトなど、何かしら地震対策しないと余震でまた倒れるかと思っていたけど、スタンドを一番低い状態にしておくと、重心がかなり低くて、そのままでもそこそこの震度には耐えそうに思える。

| 家電・パソコン | 11:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月
新緑のときに登ると綺麗なので、一応今年も登っておこうかという感じで、山に登ってきました。
↓この2つ。
七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月
手前は松倉山、奥が撫倉山。
ルートは、駐車場→遊歩道→撫倉→松倉→駐車場

七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月

信楽寺跡付近の駐車場に駐めて、遊歩道を延々と歩き、
七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月

撫倉山の裏側へ出て、そっちから登る。
七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月

七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月

山頂付近はこんな感じで、なかなか鋭い岩。
七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月
地震で崩れたような形跡はないみたいっすね。

七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月

次に、松倉山へ向かう。
七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月

七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月

降り。
七ツ森(撫倉山、松倉山) 2011年5月

ちなみに、6月以降は密林ジャングル状態になるので、あまりお勧めじゃないです。

| 登山・アウトドア | 09:15 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: