亜麻近況
苗で購入した亜麻、届いたときから数十センチくらいの高さで、どのくらい育つのか興味深く見守っていたのだけれど、地植えしてからしばらく経っても、いまいち伸びが悪いというか、げんなりして生きが悪くて、やはり気候的に暖かすぎるのか等といろいろ心配していたが、よく見ると下の方から新しい枝がいっぱい出てきて、そっちは勢いよくぐんぐん伸びてくるんですな。
亜麻

というわけで、新しく出てきた方をメインにしちゃおうと思って、古い枝を切り取ることに。
亜麻
こうやってみると、なんとなく、亜麻を収穫したような気分にならないでもない。

亜麻ですからね。キャンバスとかリンシードオイルの元になる植物であるし、油彩画を描いてきた身としては頭の上がらない存在である。だけれども、絵画技法書、あるいは布について書かれて各種の記述を読むと、亜麻は「一年草」(アンニュアル)と書かれていて、しかし、私が買った種や苗(けっこういろいろ買った)は、みんなペレニアル(多年草、宿根草)なのである。ネット上の記述を見てまわったところでは、一年草(または二年草)が商業生産用、ペレニアルが観賞用という感じなのであるが、理由まではよくわからない。一年草版は、秋まきで夏に収穫するのがよいようなので、一年草亜麻の種子を近々手に入れたいところである。なお、食用のフラックスシードは、生の販売が規制されているようで、現在は炒ったものしか販売されていない模様である。

とりあえず、古い枝は切り落としたので、これで新しい方に栄養が回って、健やかに育ってくれるといいですなぁ。ちなみに、土づくりのときに腐葉土をたっぷり入れたので、放射性物質も多目に含まれているかも。考えてみれば、腐葉土っていうのは、作り方などから考えて、放射性物質が溜まりやすいっていうのは予想できた話で、少々迂闊であったか。ちなみに、種を取る頃まで育てると、繊維の方はいまいちになるようで、両方得るというわけにはいかないようであり、だから亜麻仁油も高いんですかね。

切り取った亜麻だけれども、このくらいの長さで切っても、たぶんあまり役に立たなそうな気はするけど、何かやってみたいような気もしてくる。カラムシに関しては、手作業で繊維を取り出す方法が、書籍、ネット上問わず、山ほど見つかるし、たくさんの人がチャレンジされているが、亜麻はそれと比べるとちょっと少ないような気がする。というか、面倒くさくて、まだあまり調べていない。

とりあえず、水に浸けてみた。
亜麻

何かと忙しなくて、そのまま放置してしまったところ、家の周囲が妙に臭いと思ったら、腐ってた。
亜麻

繊維以外を腐らせるという方法もあったような気がしたが、とりあえず、今はよくわからんので、あとで調べておこう。

| 家庭園芸 | 12:42 AM | comments (0) | trackback (0) |
カラムシを見付けたような気がするけど、どうだろう。
苧麻(カラムシ)を探しているのだけど、前回見付けたと思ったものは、メヤブマオというものだったようである。
前回:http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=970

それでも、その茎の繊維から、思い切り引っ張っても切れないくらいの丈夫な糸を作ることができたので、それはそれでいいのだけど、やはりカラムシというのを発見しておきたいなと。。。普段から多少気を付けて雑草を観察するようになったけれども、自宅に植えた観賞用カラムシを見ているとは言え、葉の形および付き方だけ見てると、似たような植物はけっこうたくさんあるもので、紫蘇とかブラックベリーの葉までカラムシに見えて困る。

というわけで、道ばたの雑草を眺めつつ歩いていたら、それっぽいものを発見。
ヤブマオ?

しかし、なんかデカいですな。それに、葉の形がちょっと違う。
ヤブマオ?

ギザギザなんで、ヤブマオというものかもしれない。詳しい人、判定お願いしたい。

個人的には下記を参考にさせて頂いております。
・ヤブマオ
http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result12790.htm
・カラムシ
http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result12825.htm

これはカラムシっぽくないでしょうか。
カラムシ?

葉はこんな感じ。
カラムシ?

少し歩くとまたカラムシっぽいものを発見。
カラムシ?

先ほどよりは繊細さに欠けるような雰囲気の葉である。
カラムシ?

判定お願いしたい。

ふと見上げたら、こんなに茂っていた。
カラムシ?

茎の皮を剥いでみたが、なかなかの繊維のような予感。
カラムシ?

| 家庭園芸 | 02:36 AM | comments (0) | trackback (0) |
ベニバナ、エゴマ近影
畑を借りて植えていたベニバナであるけども、久々に見たら↓こんな感じになっておりました。
ベニバナ
今年は雨がほとんど降らなくて、少々萎びた感じになっている模様。

エゴマは↓。
エゴマ
デカいような気がするんですけど、葉が。
紫蘇とほとんど同じようなものと読んでいたけど、えらくゴツい雰囲気。

| 家庭園芸 | 08:58 AM | comments (0) | trackback (0) |
カラムシ(苧麻)を見付けたと思ったけど、メヤブマオというものだった
かつて日本で、主要な麻として利用されていたというカラムシ(苧麻)、どんな草かと思って、自宅に植えて観察しつつ、そろそろ姿形も覚えてきたので、近所を散策して自生しているものを探さしてみようかと。

参考図書:『縄文の衣』『苧麻・絹・木綿の社会史』

↓自宅に植えているカラムシ。
カラムシ(観賞用)
観賞用なので、葉の色が綺麗。

カラムシはごくありふれた雑草ということで、近所の雑草密集地を探してみる。

ダムの近くのキャンプ場で、それっぽいものを発見。
メヤブマオ?

しかし、よく見ると、葉の形がちょっと違う。葉の先端が三つ股に割れている。
メヤブマオ?

その後、あちこち回ってみたが、けっこう生えている。
メヤブマオ?

どうも、メヤブマオというものらしい。
日本で古来より使用頻度の高かったカラムシとはちょっと違うが、同じイラクサ科で、これも麻の繊維が取れるそうな。名前の「マ」っていう文字もあるし。

長いのをひっこ抜いてもってきたが、どうだろう。繊維取れるだろうか。
メヤブマオ?

とりあえず、細かく割いた線を縒って、糸っぽくしてみた。
メヤブマオ?
なかなか丈夫であり、釣り糸ぐらいにはなりそうである。
布を作るまで繊維を用意するのは大変そうだが、作ってしまえば、かなり丈夫なものができるのかもしれない。

カラムシじゃなかったけど、これもまた勉強ということで、覚えておきましょう。

他にもいろいろ探したいものがあったので、久々に山に入ってみた。
達居森
目当てのものはさっぱり見つからなかったが。

ウルシ科のヌルデを植えたせいか、ウルシの葉っぱの付き方もなんとなくわかってきたような。
ウルシ
ウルシは触るとかぶれますからね。
ウルシ

| 登山・アウトドア | 12:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
Historyスレ保管庫を読む
Historyスレ保管庫
http://www.geocities.jp/history_hokanko/
≪原始人集団が文明するに至るまでの「物語」を描くスレッド≫だそうで、住居や衣類、石器、土器などが作られる様子が描かれており、膠づくりとか、革の鞣し、麻からの糸紡ぎ等の技術が出てくるので、ついつい読みふけってしまう。

目次
http://www.geocities.jp/history_hokanko/top.htm#archives

例えば、膠の煮込みはこちら↓
http://www.geocities.jp/history_hokanko/10-12.html

麻からの紡績、発酵、樹液、造酒など、いろいろ出てくるので、絵画材料というか、手工芸全般において、勉強になる。最初は拾い読みしていたけど、今は膨大なスレッドを最初から順に読み始めており、それがまた物語としてもなかなか面白い。これが無料で読めるのだから、出版不況にもなりますかな。ちなみにiPadではAA(アスキーアート)がズレて、ほとんど判読不能だったけど。
※2ちゃんねるのAA板(現在は外部掲示板利用の模様)が元なので、そのようなノリが苦手な人は見ない方がいいかもしれません。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::歴史 | 12:29 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: